愛知県の大村秀章知事は東京都と大阪府では医療崩壊が起きていることにしたいそうです

5月27日付け朝日新聞の記事『「東京と大阪は医療崩壊」大村知事、情報公開求める』には、

新型コロナウイルスの行政対応で、愛知県の大村秀章知事は26日、病院で受け入れ困難だった感染者数や救急件数などの情報公開、検証が全国で必要との考えを示した。特に首都圏や大阪圏に対して、「大きな課題だ」と強調。「ひと山越えてめでたしではない。検証しないとまた同じことになる」と述べた。大村氏はこれまで東京と大阪で医療崩壊が起きていると繰り返し指摘。11日の記者会見では「病院に入れない、救急を断るのは医療崩壊で東京と大阪で起きた。医療崩壊を起こしたら行政としては負け。何を言いつくろっても結果だ」としていた。

と、記されています。東京や大阪で、そして愛知県も含めた全国で、救急医療を含め新型コロナウイルス感染症の診断治療にあたる医療関係者の苦悩をどれほど逆撫でしているかお気づきにならない様です。

通常時でも、救急患者さんが重なると、救急の受け入れを一時的に断らざるを得ない状況は生じえます。愛知県では、発熱や咳等の症状があり新型コロナウイルス感染症の可能性もある患者さんでも診療を断られたことが無く、これからも無い様な発言です。また、この冬どれだけ感染が拡大しても、愛知県では決して医療崩壊は生じないかの様な口ぶりです。新型コロナウイルス感染症対応の鑑、愛知県を羨ましく思います。

4月2日付け日本経済新聞の記事『医療逼迫の指摘に「大変迷惑」愛知知事、専門家会議を批判』では、

愛知県の大村秀章知事は2日の記者会見で、政府の専門家会議が新型コロナウイルスの医療提供態勢が逼迫している都府県の一つに愛知県を挙げたことに、「名古屋市内(の病床)がいっぱいになりつつあるのは事実だが、県全体では十分に対応できる。事実を踏まえない発言は大変迷惑で遺憾だ」と批判した。

と、愛知県内の医療現場が逼迫しても、知事にとっては「事実」ではないそうです。

大阪府の吉村洋文知事は、自身のTwitter

大阪で医療崩壊は起きていません。何を根拠に言っているのか全く不明です。一生懸命、患者を治療する為、受け入れてくれた大阪の医療関係者に対しても失礼な話です。東京もそうですが。根拠のない意見を披露する前に、県は名古屋市ともう少しうまく連携したら?と思います。

と記されています。