PCR 検査の本当 「本当のことを知ってください! ~新型コロナウイルス感染症について~」 神奈川県医師会

神奈川県医師会は web siteで、「本当のことを知ってください! ~新型コロナウイルス感染症について~ かながわコロナ通信」として、見解をお知らせされています。その中に「PCR 検査の本当」と題した項目もあります。

医療関係者は、もうすでに感染のストレスの中で連日戦っています。その中で、PCR 検査を何が何でも数多くするべきだという人がいます。しかしながら、新型コロナウイルスの PCR 検査の感度は高くて 70%程度です。つまり、30%以上の人は感染しているのに「陰性」と判定され、「偽陰性」となります。検査をすり抜けた感染者が必ずいることを、決して忘れないでください。インフルエンザに比べて 1/100 ~ 1/1000 といわれるウイルスの少なさは、検査結果の判定を難しくしています。とくに早い段階での PCR 検査や治癒過程(10日以降)でのは、決して万能ではないことを理解してください。治ったと思っても再び陽性となる人もいます。それは前にも述べましたが陰性と判断しても、ウイルスの量が少ないため誤って陰性という判断をしてしまう危険性があるのです。複数回検査しても、陰性になってしまう偽陰性の患者さんが出てきてしまうのです。そして、体調によって症状が再び出現して再燃、つまり症状が出てしまう可能性があるのです。さっさとドライブスルー方式の検査をすればよいという人がいます。その手技の途中で、手袋や PPE(防護服・予防衣)を一つひとつ交換しているのでしょうか。もし複数の患者さんへ対応すると、二次感染の可能性も考えなければなりません。正確で次の検査の人に二次感染の危険性が及ばないようにするには、一人の患者さんの検査が終わったら、すべてのマスク・ゴーグル・PPE(防護服・予防衣)などを、検査した本人も慎重に外側を触れないように脱いで、破棄処分しなければなりません。マスク・PPE(防護服・予防衣)など必須装備が絶対的に不足する中、どうすればよいのでしょうか。次の患者さんに感染させないようにするために、消毒や交換のため、30 分以上 1 時間近く必要となります。テレビなどのメディアに登場する人は、本当の PCR 検査の実情を知っているのでしょうか。そして、専門家という人は実際にやったことがあるのでしょうか。

大阪府の吉村知事が、無症状者や軽症者をホテルなどの施設や、自宅での経過観察の方向性をつけるためにフォローアップセンターを設置し、遅れて政府がその方針を認める方向に舵を切り、東京都が先行して、無症状者や軽症者をホテルを借り上げた施設に移動しました。この秋から冬にかけ必ず到来する第二波、第三波のことを考えると、どこかの時点で ドライブスルー式等の検査を充実させねばならない時は来るかもしれません。医療現場の実情を明らかにし、PCR 検査拡大前に克服すべき課題が沢山ある事を、この声明は示唆しています。

PCR 検査が陰性であっても、偽陰性(実際は感染しているにも拘らず検査が陰性と出ただけ)の可能性もあり、2週間の自己隔離が望ましいことを検査を受ける人に周知徹底しておく必要があります。PCR 検査が陰性でも、新型コロナウイルスに感染していないとの診断書は書いてもらえません。

陽性者数が増えすぎた場合、追加で確保した施設も溢れ、無症状者、軽症者に自宅での自己隔離を要請する必要が出てきます。確実に、 2週間の自己隔離が守られているか、韓国やシンガポールなどで導入されているような、リストバンドやスマホの位置情報、さらには監視カメラを用いた検証が出来るのか、疑問です。陽性者が市中を歩き回り、他社に感染を移すことを防ぐ手立てが日本にはありません。

PPE(防護服・予防衣)が、重症患者を扱う拠点病院でも不足している現状で、PCR 検査のためにそれらを更に準備できるのかという点です。某国での検査の映像を見ると、患者さん毎に PPE、さらには手袋さえもきちんと交換しているか疑わしいものです。

新型コロナウイルス関することを記したものを、綴っています。
→「新型コロナウイルス COVID-19」