厚生労働省コロナ対策本部クラスター班「大阪府・兵庫県における緊急対策の提案(案)」

3月19日の吉村大阪府知事の囲み取材、3月20日 11時から行われた第9回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議と、その後のマスコミの報道姿勢に疑問を持ち、「3月20日の吉村大阪府知事からのメッセージ 府民の皆さんへ」について記しました。

その後、的外れな批判は相次ぎましたが、吉村大阪府知事の Twitter でも情報を発信し続けておられます。その中で、某 TV番組でも公表されたという 2020年3月16日付けの、厚生労働省コロナ対策本部クラスター班の専門家作成の資料「大阪府・兵庫県における緊急対策の提案(案)」もアップされています。

その中で必要な対策の方向性(案)として
段階1 警戒段階
大阪府・兵庫県全域で、今後3週間
- 大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける。
段階2 積極的介入段階
― 全域の不要不急の外出自粛の要請(緊急事態宣言も考慮)

と記されています。大阪府ホームページの 知事からのメッセージ、府民の皆さんへ【(9)令和2年3月20日】の文言は、

大阪府、兵庫県の往来並び府県内の外出について、この三連休中、不要不急の場合は、控えていただくようお願いいたします。

ですので、見直してみると段階1と段階2の折衷の様な「お願い、呼びかけ」にきちんとなっており、政治的判断の意味合いを、もっとマスコミは斟酌すべきと考えます。

大阪府ではライブハウスのクラスターを上手く抑え込めたかのように思えましたが、昨今の報道にあるような、海外渡航から帰国した人からの感染や、感染源が分からない感染者、兵庫県でみられる病院、介護施設、保育所などの感染が増え始めると、爆発的患者急増を招きかねません、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年 3 月 19 日)にもオーバーシュートについての注意喚起が記されています。

どこかで感染に気付かない人たちによるクラスター(患者集団)が断続的に発生し、その大規模化や連鎖が生じ、オーバーシュート(爆発的患者急増)が始まっていたとしても、事前にはその兆候を察知できず、気付いたときには制御できなくなってしまうというのが、この感染症対策の難しさです。

大阪府内の医療現場の状況を踏まえると、段階2の積極的介入として緊急事態宣言を行い、不要不急の外出自粛の要請を行わねばならない日は遠くないかもしれません。緊急事態宣言を出さずに、最大のお願いを、祝日を含む週末の3日間に絞って府民に対して行ったと理解するのがよさそうです。イタリアやスペイン等に次いで、アメリカもカリフォルニア州では外出禁止令が出されました。

発熱や咳、倦怠感が続く場合、新型コロナ受診相談センターにまず電話連絡し、指定された医療機関等へ受診、必要であれば PCR 検査を受け、陽性であれば措置入院、ベッドが無ければ自宅待機となります。大阪府がフォローアップセンターを設置し入退院調整に乗り出したのは、現状では軽症であっても法的に退院させることが出来ず、新たに陽性になった人を入院させるためのベッドが足りない状況が生じ始めているためです。

前述の「大阪府・兵庫県における緊急対策の提案(案)」においても、

大阪府、兵庫県の全域において、感染源不明(リンクなし)症例が感染世代(5日程度)毎に増加。1人が生み出す2次感染者数の平均値が兵庫県で1を超えている。見えないクラスター連鎖が増加しつつあり、感染の急激な増加が既に始まっていると考えられる。

と警告が記され、3月20日から27日までの7日間に患者 586人、3月28日から4月3日 患者 3374人との試算まで示され、感染者報告数がこれから急速に増加し、来週には重症者への医療提供が難しくなる可能性ありと現状分析を結んでいます。

試算の数までいかずとも、試算の5分の1(1週間に100人)でも実際に陽性患者が増えれば、大阪府、兵庫県の新型コロナウイルスに対する医療体制は崩壊してしまいます。

松井大阪市長の Twitter での発信は、

2週間後に大阪は大げさだったと笑われたい。 

危機管理には必要な事です。