Fatal error に遭遇 WordPress Twenty Sixteen Child と Gutenberg

このブログは WordPress の Twenty Sixteen Child というひと昔前の 2カラム(本文が 2カラムで表示されるので計 3カラム)のテーマを使っています。プラグインの更新を行っている最中に、Fatal Error の表示が出て、ログインも出来なければ、ブログの閲覧も出来ない状況に陥りました。

ずっと以前、一旦 Gutenberg を使ってみたものの使い勝手に慣れず、 Classic Editor と TinyMCE Advanced のプラグインを入れて元の入力方式に戻しました。その際、Gutenberg を無効化するか削除しておくべきでした。Gutenberg との相性が悪いのか、時々エラーメッセージは出るものの、操作しなおすことで解消したので放置していたのが第 2の失敗です。Gutenberg の更新のところで止まったのは明らかでした。管理者用のメールアドレスが別の場所にある PC のアドレスでしたので、知識もないのに困ったことになったと思いつつ、その夜は何も出来ずに放置しました。WordPress の web site のサポートフォーラムで Fatal error を検索して読んでみても途方に暮れるだけでした。

翌朝、管理者宛の WordPress からの「サイトで技術的な問題が発生しています」と題するメールを読むと、

もしサイトが壊れていてダッシュボードに正常に接続できない場合、WordPress には特別な「リカバリーモード」があります。これによりダッシュボードに安全にログインし、さらに調査をすることができます。

と記され、クリックするとリカバリーモードで容易にログインすることができました。Gutenberg を無効にして、通常モードに戻ると、問題なく動くようになりました。WordPress 5.2 からの新機能とのことですが、助けられました。

WordPress 不具合 フリーズ Ver.5.3.1-ja 20191216

これまで幸運にも大きな不具合なく WordPress を利用してきましたが、バージョン 5.3.1–ja をインストールした際に、新規の投稿のタイトルを入力するとフリーズしてしまい、以降の操作が一切不可能になる不具合に見舞われました。一旦ログアウトしても、再起動をかけても、この現象はしっかりと再現されてしまいます。同時にいくつかのプラグインの更新をしましたので、そちらにも原因の可能性は残ります。バージョンのダウングレードやプラグインを外して確かめることも考えましたが、取り敢えずブラウザーを IE から Chrome に切り替えてみました。そうすると見事にこの現象は起きなくなりました。