フィッシュカナ @ ターメリック Turmeric (西宮市甲子園口)

久しぶりのフィッシュカナが、週末のランチタイムのみ営業の「ターメリック Turmeric」さんで登場しました。しかも、スープタイプのジョルではなく、セミドライタイプでの仕上げです。諸事情でメカジキを使われています。ダルは、チャナとラハルのミックスで、ギーとジラ(クミン)での仕立てです。グンドゥルック、じゃが芋、トマトなどが入った、グンドゥルック コ ジョルも添えられ、副菜は、青菜(小松菜)炒めのサグ、茄子、じゃが芋、人参、葱のタルカリ、オクラとじゃが芋、チキンサデコ、干し大根とえんどう豆(ケラウ)のアチャール、グンドゥルックとトマトのアチャールと並びます。チヤとハルワも追加で頂きました。

JR甲子園口駅南側のほんわか商店街にある、ターメリックさんで頂ける美味しいネパール料理の数々は
→「ターメリック Turmeric(西宮市甲子園口)」

ターメリック Turmeric

西宮市甲子園口2-24-28
https://twitter.com/turmericrest1
http://www.turmeric-kiran.co.jp/

鯖のセクワ @ “few” インド&ネパール料理レストラン (川西市平野)

シェフのディップさんがネパールへの帰国から戻られ、3月1日から営業再開の「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ、ダルバートを頂きに伺いました。間を置かずに、「ご近所さんで出来た春野菜いっぱいご用意しています。」とのお店の Facebook でのお知らせに惹かれ訪れました。この日のサグには、それらの野菜、蕾菜、菊菜、からし菜、小松菜が使われていました。ダルはマス、ムスロ、チャナ、ムングのミックスダルです。当初のダルからは大分変ってきています。マスはマトン、 チキンセクワの代わりに鯖のセクワも選択可能でしたので、お願いしてみました。ネパールでは食べることの無い鯖も、上手く仕上げられています。マッシュルーム、煮干しとトマト、大根と並びます。チヤも追加で頂きました。能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

牛肉4種類盛りフォー @ フォーベト Pho Viet (大阪市都島区)

ランチタイムに「フォーベト Pho Viet」 さんへ伺い、「フォーランチ」を頂きました。まずは前菜3種盛りを別に注文です。フォーは選択肢の中から、牛肉4種類盛りフォーをお願いしました。レア牛肉、牛すね肉、牛すじ肉、牛肉団子の4種類が入っています。サラダも選べますが、「付け合わせは甘辛い煮豚と高菜ごはん」にしました。追加でチェーとコーヒーも頂きました。大阪メトロ谷町線都島駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「フォーベト Pho Viet (大阪市都島区)」

ベトナム料理
Pho Viet フォー ベト

大阪市都島区都島本通3-28-13

https://phoviet.owst.jp/

ベトナム料理 ふぉーの店 本町店

せんば心斎橋筋商店街を歩いていると「ベトナム料理 ふぉーの店」さんが目に留まり、ランチを頂きに寄ってみました。メニューを拝見すると、フォーとバインミーが中心で、客層を考慮され、現地色を薄めた料理、構成になっている様です。「おすすめランチセット」を牛肉のフォーで頂きました。ラーメンライス唐揚げセットを思い浮かべてしまいますが、ジャスミンライスにフォーの汁をかけて頂くのも結構いけます。フォーはパクチー追加可能の様です。

ベトナム料理 ふぉーの店 本町店

大阪市中央区南本町3-5-5 プラスビル

https://www.pho-nomise.com/index.html

手打十段 うどんバカ一代 (高松市多賀町)

釜バターうどんで検索すると必ず出てくる「手打十段 うどんバカ一代」さんを訪れました。頂いたのはもちろん釜バターうどん小です。番号札を渡され少し待ちます。卵を割って、出汁を少しかけ、よく混ぜて頂きました。

手打十段 うどんバカ一代

高松市多賀町1-6-7

干し芋茎とキノコのタルカリ @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

タリの上で、甘味や辛味、酸味などが絶妙のバランスの「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんのスペシャルダルバート、今週は甘味が魅力的です。ダルは珍しく、チャナとラハルのミックスで、濃厚な口当たりの仕上がりです。マスは骨付きチキンですが、下拵えでフルーツが使われ、肉の甘味を楽しめます。タルカリは、干し芋茎(ズイキ)Karkalo ra Gaaba とキノコ、じゃが芋の組み合わせです。マスが辛さ控えめの時は、タルカリが辛めの事が多いのですが、キノコが入ることによって、じゃが芋と相まって甘味をまず感じます。何時もの様に後からスパイスが口に広がり、一口食べると止まりません。バートと少し混ぜながら、他の副菜よりも先に平らげてしまいます。アチャールは3種類、ミックスフルーツのアチャールは、葡萄、蜜柑、キウイなどが入っています。カリフラワーのアチャールは、人参と共に発酵は控えめで、代わりに檸檬が酸味を引き立たせています。マショウラとトマトのアチャールは、今回はトマトの甘味より酸味を活かしてあります。バートの左右には、いつものパパドゥとサグが添えられていますが、上にも菊菜(春菊)炒めが載っています。ネパールにも菊菜があるのかお伺いしたところ、ヨモギ Tite pati (तिते पाती) は使うことがあるとの事です。デザートはズーズーダゥ、チヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/

蓮根カリー @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)

「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんのライス&カリーを今週も頂きました。何時もの様にメインはチキンでお願いしました。副菜は、蓮根、南瓜、カトゥレット、ビーツ、小松菜、パリップ、ポルサンボーラと並びます。デザートはワタラッパンとキリパニです。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

第9回 藤井路夫 油絵展 @ 阪急うめだ本店 7階 美術画廊

2019年3月13日から19日まで、阪急うめだ本店 7階 美術画廊にて開催されている、「第9回 藤井路夫 油絵展」を訪ねました。パンフレットから藤井さんの挨拶文を引用します。

 私事、十三才から油絵を描きはじめました。登下校の途にある琵琶湖へ続く水路を、慣れぬ油絵の具で無心に描いておりました。その頃に、想い体感した事が、私の絵造りの根底に生き続け。今の絵の礎となっています。今尚、同じ風景を、回帰するかの心境で描いております。
 近年のスケッチ取材では、南九州の神々しき自然の表情に心響き、渡欧先では、大陸の文化や風上に感銘を受け、それぞれに、心に刻まれた感動を絵画として具現化すべく、畏敬の想いを込めて描いてまいりました。
 今展では、旧車画や木造駅舎画から、高千穂の山間風景、スペイン西部・イタリア中部の心象風景など、新作三十点を出展いたします。
 作品より現地の風を感じ、共感いただければ、幸いです。
                           画 藤井路夫

繊細で、心温まる風景画(今回は猫の画や静物画もありました)に惹かれ、二年に一度のこの油絵展を心待ちにしていました。

藤井路夫さんの web site でも、画を見ることが出来ます。http://www.eonet.ne.jp/~kazenokioku/

サダカナ @ ターメリック Turmeric (西宮市甲子園口)

週末ランチタイムのみの「ターメリック Turmeric」さんのダルバートですが、現地の家庭で食べるようなダルバートに向けて、更に変化し続けています。タルカリやアチャールが充実し、マス(肉)抜きのサダカナ Sadharan Khana での注文が再度可能になりました。早速、お願いして頂きました。ダルはマス、ラハル、ボリ(ロビア)のミックス、干し大根、じゃが芋、トマト、チャナなどのジョルも添えられ、副菜はサグに始まり、タルカリ、アチャールは、筍とじゃが芋、オクラとじゃが芋、

鶏の砂肝と肝、干し大根とダニヤ、グンドゥルックとトマトと並びます。チヤとハルワも追加で頂きました。

JR甲子園口駅南側のほんわか商店街にある、ターメリックさんで頂ける美味しいネパール料理の数々は
→「ターメリック Turmeric(西宮市甲子園口)」

ターメリック Turmeric

西宮市甲子園口2-24-28
https://twitter.com/turmericrest1
http://www.turmeric-kiran.co.jp/

フェジョアーダ Feijoada @ バルバッコア BARBACOA 梅田店

家族で連れ立って Shurrasco シュラスコを頂きに「バルバッコア BARBACOA 梅田店」さんを訪れた際にも、ただ一人、肉よりもフェジョアーダ Feijoada の方が気になります豆とご飯は何故こんなにもよく合うのでしょうか。

バルバッコア 梅田店

大阪市北区梅田2-2-22
ハービス PLAZA ENT 5階