シャムさんのダルバート @ サンチャイ Sanchai (宝塚市逆瀬川)


久しぶりに「サンチャイ Sanchai」さんに伺うと、店の外観が変わり、内装も変わっており、プーさんの姿は無く、新しいシェフが一人で切り盛りされていました。ダルバートをマトン付きでお願いしました。新しいシェフのシャムさんと少しお話をして、チヤを頂いて、この日は帰りました。旬日を経ずして、再訪してみました。この日は店主もおられ、お話が出来ました。プーさんが辞め、「カトマンドゥ」で長年働いておられたシャムさんへのシェフの交代だった様です。この日もマトン付きのダルバートをお願いしました。ダルは、マス、ムスロ、ムングのミックスの様です。マトンはナンに合いそうな濃いめのグレービーで、チキン、野菜、キノコはスープタイプです。じゃが芋や蓮根も並びます。まだプーさんの形式を踏襲したダルバートの様です。シャムさん仕様のダルバートに、どのように変化するか楽しみです。

チキンチョイラも新メニューにありましたので頂いてみました。

阪急今津線逆瀬川駅前のお店で頂ける美味しい料理の数々は
→サンチャイ Sanchai (宝塚市逆瀬川)

サンチャイ Sanchai

宝塚市逆瀬川1-11-1 アピア2 1F


烏賊のテルダーラ @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)


週末に烏賊のテルダーラの用意が有りますと、お店のインスタグラムでお知らせがあり、頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺いました。ライス&カリーのラサランカをバスマティライスで、メインを鮪のキリマールでお願いしました。副菜は桜海老を使ったポルサンボーラから時計回りに、万願寺唐辛子とハールマッソ、茄子、パリップ、スリランカのバナナに見立てた小芋、大根と大和まな、変化に富んだ品々が並びます。メインの鮪のキリマールは別皿で添えられました。烏賊のテルダーラ Dallo Thel Dala は単品で、追加注文です。ビッタラホディ Bittarai Kirihodi も有りますと言われたら、頂くしかありません。インディアーッパにとても合いそうですので、次回は一緒に頂いてみましょう。最後に、セイロンシナモンを使ったセイロンティーで口の中を静めました。デーツがおまけです。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry


インディアーッパ @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)


ライス&カリーを頂きにと言うより、ニシャンティさんが畑で採ってこられた野菜を頂きに「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんに伺いました。手前の緑色のマッルンは、ケール、ブロッコリー、大根の葉が使われ、そこから反時計回りに、ハールマッソがカリフラワーやブロッコリーの茎の部分と和えられ、人参はサンボーラに仕上げられています。ソイミート、カシューナッツ、ビーツと並び、カトゥレット、ほうれん草入りのパリップと続きます。どうやらこの日の野菜の殆どが、ニシャンティさんが畑で育てられたものだった様です。丁度スリランカ人のお客さんが来られており、インディアーッパ (イディアーッパ)Idiyappam を作ったとのことで、ご相伴にあずかりました。赤米で作られたものを、最初は添えて頂いたパリップで頂き、追加で持って来ていただいた分は、残っていたチキンカレーのグレービーで頂きました。デザートは、キリパニとワタラッパン、キリテーと一緒に頂きました。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


じゃが芋とカリフラワーのタルカリ @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)


カドカさんとジットさんの好物でもある、タルカリの定番中の定番、じゃが芋とカリフラワーのタルカリが登場した「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」のスペシャルダルバートです。ダルは、いつものマスとムスロの組み合わせで、マスはチキンカリー、ククラ コ マスですが、下拵えから味付けまで調理方法を変えられた様で、モモ肉のプリプリ感と柔らかさを併せ持った食感を楽しめます。タルカリはじゃが芋とカリフラワー、アル カウリ コ タルカリです。カドカさんとジットさんだけでメニューを決めてしまうと、毎回このアルカウリになりかねないと言われるだけあって、納得の美味しさです。アチャールは3種類。果物シリーズとして、能勢産の蜜柑がタンドールで炙られアチャールとして仕上げられています。金時人参は胡瓜と和えられ、タマリンドが荏胡麻と共にアチャールとして初登場で、酸味が楽しめます。バートの左右の定位置にはパパドゥとサグ、上には今回は牛蒡、パンプキンシードのスパイス炒めが載ります。デザートはズーズーダゥ、チヤも最後に頂きます。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/

 


サスラリガラ SASURALI GHAR (福岡市東区)ネパールレストラン&バー


博多での仕事を午前中に終わらせ、JR鹿児島本線福工大前駅に降り立ち、ネパールレストラン&バー「サスラリガラ SASURALI GHAR」さんに伺いました。メニューには、ネパール料理が並んでいます。その中から Nepali Thakali Set タカリセットをお願いしました。ダルは、緑に近い色合いです。

マスはチキンかマトンの選択でしたので、マトンでお願いしました。じゃが芋とカリフラワーのタルカリ、青菜炒め、トマトのアチャール、ミックスアチャール、胡瓜と人参、ヨーグルトと並びます。

ネパール人の先客が手で食べておられたので、遠慮することなく手食で頂きました。おかわりも勧めて下さいましたので、ご飯がすすむ塩加減のアル カウリ コ タルカリを追加して頂きました。場所柄、どれだけの需要があるのか事情を存じ上げませんが、食べ続けても飽きの来なさそうなダルバートでした。グンドゥルックは残念ながらありませんでした。サービスですと言ってラッシーも持って来て下さいました。

ネパールレストラン&バー
サスラリガラ
SASURALI GHAR

福岡市東区和白丘1-23-27


サグベジ @ ケララ食堂 (広島県安芸郡府中町)


広島に行くと「ケララ食堂」さんに立ち寄りたくなります。この日も3種セットで、チャパティ付き、ダヒ追加でお願いしました。3種のカレーは、チキン、サンバルにはブロッコリーやカブが使われており、サグベジも地元の農家で栽培された野菜を使われているとのことでした。チキンを頼まなければ、立派なベジのミールスになっています。副菜も新鮮な野菜がたっぷりと並んでいます。ランチタイムにはチャイも付いており、 追加でクルフィーもお願いしました。ともに素敵な器です。

JR芸備線矢賀駅から少し歩く距離にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ケララ食堂(広島県安芸郡府中町)」

ケララ食堂
Spice Curry KERALA SHOKUDOW

広島県安芸郡府中町鶴江1-24-5
オープン 金土日月(11時~18時)

http://www.kerara-shokudou.jp/

https://www.facebook.com/%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%A9%E9%A3%9F%E5%A0%82-140703122645944/?nr


ショルシェマーチ Shorshe Mach @ ラベア RABEA Bangladeshi Restaurant (奈良市)


前の週末に「ラベア RABEA」さんに、ショルシェマーチ Shorshe Mach (Fish in Mustard-Chili Sauce) が登場していた様ですの、期待を抱いて週末に伺いました。運良く、この日も用意がありました。魚の種類はマナガツオに近い何かということですが、ウオゼではなさそうです。チキンブナと、キャベツ Bandhakopir の炒め物 bhaji も添えられています。ダルは何時もの Masoor ではなく、チャナ Chana でした。最後にチャイも頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1


アーッパ Appa @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)


先週も「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ、ライス&カリーのラサランカを頂きに伺いました。メインはマトンでお願いしました。マトンはしっかりと食べ応えがあり、副菜は、上の写真12時の位置のポルサンボーラから時計回りに、大根、舞茸とあわび茸、高菜のマッルン、パリップと並びます。ラトゥルーヌ(赤玉葱)と青パパイヤのアチャールと目玉焼きを添えて頂きました。桜海老と唐辛子のチリペーストと、ルヌミリスがいつも添えられます。この日はアーッパ Appa も用意があった様です。ルヌミリスをつけて頂きました。最後にチャイもお願いしました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry


ベジダルバート @ ダルバート食堂 (大阪市中央区)


「ダルバート食堂」さんのダルバート、特にベジのダルバートは、現地のローカルな食堂で頂くものに近いので、これにアチャールを追加するのがマイブームです。デフォルトでも十分美味しいのですが、この日は、人参のアチャールと檸檬のアチャールを追加し、ラビンさんのお薦めでズーズーダゥも頂きました。ダルは、ムスロ Musuro(マスール Masoor)、ムング Moong、ラハル Rahal(トゥール Toor)のミックスで、粒が分からないまで潰したタイプです。じゃが芋のタルカリは優しい味付けで、トマト、大根のアチャール、追加の人参、檸檬のアチャールとサグです。ズーズーダゥも頂き、チヤも追加でお願いしました。

大阪メトロ谷町線谷町四丁目駅からも近い、お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ダルバート食堂(大阪市中央区)」

ダルバート食堂

大阪市中央区内久宝寺町3-3-16
http://dalbhat-shokudo.com/
https://twitter.com/dalbhat_nepal


シュトレン @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)


「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんの、クリスマスシーズン恒例となったシュトレン Stollen です。何故、ヒンドゥ教のネパール料理店で、ドイツやオランダの伝統クリスマス菓子のシュトレンかは公然の秘密です。予約の数にあわせて何回か作られるようです。今年は包装も豪華版になっています。

たっぷりのドライフルーツを漬け込むのにネパールのククリラムが使われています。一切れずつ頂いていき、味の変化を楽しむことが出来ます。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/