BCGワクチンと新型コロナウイルス感染症 COVID-19

BCGワクチンの接種率と、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数、死亡者数の相関が話題にされています。アメリカ等では、乳児期に BCG ワクチンは接種しません。そのような国では、定期接種で BCG ワクチンを接種する日本人はツベルクリン反応で陽性に出てしまうことがあり、問題にされることがあります。結核感染国(日本も見做されています)からの長期滞在入国者には、活動性結核が無い事の証明書を求められことがあります。

日本ワクチン学会は 2020年 4月3日「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するBCGワクチンの効果に関する見解【2020.4.3 Ver.2】」と題する見解を表明しました。

●「新型コロナウイルスによる感染症に対して BCG ワクチンが有効ではないか」という仮説は、いまだその真偽が科学的に確認されたものではなく、現時点では否定も肯定も、もちろん推奨もされない。
● BCG ワクチン接種の効能・効果は「結核予防」であり、新型コロナウイルス感染症の発症および重症化の予防を目的とはしていない。また、主たる対象は乳幼児であり、高齢者への接種に関わる知見は十分とは言えない。
本来の適応と対象に合致しない接種が増大する結果、定期接種としての乳児への BCG ワクチンの安定供給が影響を受ける事態は避けなければならない。

成人のBCG 接種による、副反応の可能性、危険性もよく知られています。そのような副反応が生じた場合でも、「予防接種法に基づく予防接種」では無いので、予防接種健康被害救済制度による補償を受けることは出来ません。

 

 

ダルバートのテイクアウト @ ダルバート食堂 (大阪市中央区)

新型コロナウイルスの感染対策に、週末の不要不急の外出自粛要請が出されている大阪です。仕事を終えた後の遅い昼食に、「ダルバート食堂」さんのダルバートのテイクアウト、お持ち帰りを利用しました。お店近くの公園で一人花見です。諸外国での都市封鎖、ロックダウンの際に、飲食店はテイクアウトとデリバリーのみ許されている場合もあり、日本で緊急事態宣言が出された後も同様になるのでしょうか。

大阪メトロ谷町線谷町四丁目駅からも近い、お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ダルバート食堂(大阪市中央区)」

ダルバート食堂

大阪市中央区内久宝寺町3-3-16
http://dalbhat-shokudo.com/
https://twitter.com/dalbhat_nepal
https://www.instagram.com/dalbhat_shokudo/

ガパオキーマと辛口海老のバナナ包み弁当 @ ナッラマナム Nalla Manam (大阪市中央区)

新型コロナウイルス感染症の市中蔓延に伴い、3月9日から店内での食事の提供を中止され、テイクアウト及びネット販売のみの営業をされている「ナッラマナム Nalla Manam」さんです。前もって電話でバナナ包み弁当を注文しました。

お持ち帰りのバナナ包み弁当に関しましては熱々でお渡しするのに蒸し上げ時間がかかりますので 20〜30分前に取りにいくとお電話いただけましたらすぐ食べれる状態でご用意しておきます。
冷蔵、冷凍に関しましてはストックがある場合はすぐにお渡しする事も出来ます。
売り切れの場合も考えられますので確実にという場合は事前にメッセージやお電話いただけましたら幸いです。当日の場合はメッセージ気付けない恐れもあるのでお電話が確実です。

持って出て下さるとのことで、お店に近づいて再度電話し、ドライブスルー方式で受け取りました。

ナッラマナムではお車でのテイクアウトも歓迎しております。車でお越しのお客様には店先までお渡しに行きますのでご連絡よろしくお願いします

自宅に持ち帰り夕食で頂くので、冷蔵バージョンにしました。レンジで約 3分加熱です。この日はガパオキーマの用意があるとのことで、一つはガパオキーマと辛口海老、もう一つをガパオキーマと牡蛎でお願いしました。

ナッラマナムさんで頂ける美味しいお料理は
→「スパイス料理 ナッラマナム Nalla Manam(大阪市中央区)」

スパイス料理
ナッラマナム Nalla Manam

大阪市中央区瓦町1-4-6
https://ja-jp.facebook.com/SpiceNallaManam/
https://twitter.com/spicenallamanam
http://spicenallamanam.hatenablog.com/

日本医師会の要望に反して、政府はなぜ緊急事態宣言を出さないのでしょうか

4月1日午後 2時から「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」が開かれました。夕刻には、日本医師会が定例会見を行い、横倉義武会長は「医療危機的状況宣言」を行い、医療提供体制を維持するため、国民に適切な受診行動をとることなどを呼び掛けをしました。web site にて「新型コロナウイルス感染症に関する日医の対応について」と題して、その要旨が記されています。

国が国民生活及び国民経済への影響を踏まえて検討している緊急事態宣言の発令については、「現在行っている対策は2週間後に結果が表れることから、感染爆発が起こってからでは遅く、今のうちに対策を講じなくてはならない」と強調。2018年にノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑氏からの助言も受け、医療現場から「医療危機的状況宣言」を行うとし、医療提供体制を維持するために、国民に対して自身の健康管理、感染を広げない対策、適切な受診行動を要請した。

日本医師会は、政府に対し緊急事態宣言を出すように強く要請していますが、政府が宣言を出さないので、「医療危機的状況宣言」を出したと読めます。新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーでもある釜萢敏常任理事は、質疑応答の際に、政府に緊急事態宣言を出すよう訴えていることに言及しました。

いろいろな、国がとることのできる手段を早く準備しておくということは是非必要だろうと思います。(中略)国がこの非常事態宣言(原文のまま)を出すにあたっては、医療の状況、あるいは感染の拡大の様子ももちろん大事ですけれども、やはり国民の生活あるいは経済に与える影響というような事も踏まえて判断をするということになっていますから、私どもの立場としては、早く国にそういう宣言を出して欲しいという思いを伝えているところであります。

すでに 3月30日の日本医師会の会見で釜萢敏氏は、

その他、記者との質疑応答の中で、特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を政府が発令すべき時期について質問された同常任理事は、多くの専門家会議の委員は、「爆発的な感染が起きてから宣言を出しても遅い」という認識をもっていることを紹介。あくまでも個人的な意見とした上で、「現状は、宣言を出しても良い状況にあるのではないか」とした。

と、緊急事態宣言について言及しましたが、加藤勝信厚生労働相は、東京新聞の『「緊急事態宣言」は個人的見解 日医幹部発言巡り厚労相』の記事によると、「個人的な見解」として切り捨てました。

加藤勝信厚生労働相は31日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議メンバーの日本医師会幹部が緊急事態宣言を出す時期だと発言したことを巡り「個人的な見解だと認識している」と強調した。同時に、緊急事態宣言を4月1日に発令するとのうわさを否定した。「菅義偉官房長官が明確に否定している。『ぎりぎり持ちこたえている状況』だ」と語った。 
日本医師会の30日の記者会見で、釜萢敏常任理事が緊急事態宣言について「個人的にはもう発出し、それに基づき対応する時期ではないかと思う」と述べていた。

この経緯も踏まえ、1日の会見では、個人の見解かと問われ、日本医師会としての意見であるとして、

日本医師会としてです。

と言明しました。日本医師会としての考えを問われ、あらためて、

日本医師会としての現状認識からすると、(中略)日本医師会の立場としては、国がそういうふうな緊急事態宣言を発出いただく時期であろうというふうに見解を述べたという事であります。

と答えています。もはや釜萢敏氏の個人的な意見ではありません。

緊急事態宣言は補償と一体化せねばならないと声高に主張される方もおられますが、補償も税金からです。この現況からすると、今年度はどの個人経営のお店も、企業も赤字決算は避けられず、所得税、法人税収入は激減し、その財源の手当ても十分できるはずがない事は誰にでも容易に想像できます。諸外国でも、必ずしも補償と一体化せずに緊急事態宣言を行っています。

法律的な要件についても云々されます。橋下徹氏の Twitter では

特措法が大欠陥。全国的な蔓延を防ぐための行動が必要なのに今の特措法は、全国的な蔓延になってから。それでは遅い! 本来は全国的な蔓延を防ぐ前の、予防宣言が必要。緊急事態というフレーズが仰々しいのでなかなか出せない。予防宣言で十分。国会議員がきちんと法律を作らなかった

まず救えるはずの命を救うべきです。

 

 

 

チリコンカンライス @ ラ コスタ La Costa Mexican Cafe & Bar (箕面市)

4月を迎え、このご時世、未投稿だった以前の訪問の記事が多くなります。

「ラ コスタ La Costa Mexican Cafe & Bar 」さんへ伺い、マルガリータ、ワカモレ Guacamole、チョリソタコス Chorizo Tacos、メキシコ料理というより TEX-MEX のチリコンカンライス Chile con carne、チミチャンガー Chimichaga、コーヒーを頂きました。

阪急箕面線箕面駅近くのラ・コスタさんで頂ける美味しい料理の数々は
→「ラ コスタ La Costa Mexican Cafe&Bar」

Mexican Cafe & Bar La Costa
メキシカンカフェ&バル ラ・コスタ

箕面市箕面6-9-14 ロジュマン箕面104
https://pancho22dc.wixsite.com/minoh-lacosta
https://ja-jp.facebook.com/mexicancafeandbarLaCosta/

パセリのサンボーラ @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)

ある日の「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんのライス&カリーです。メインはこの日もチキンでお願いし、副菜は、ポルサンボーラ、パセリのサンボーラ、じゃが芋と玉葱、カトゥレット、隠元、カダラパリップ、茄子と並びました。デザートはスリランカのパンケーキ、ヨーグルトのマンゴーソース添えでした。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

ランチベジミールス @ ナヤ インディア ヌール NAYA INDIA NOOR (京都市北区)

毎週末、大阪府では不要不急の外出自粛要請が出されています。この時期、食べ歩きの投稿はいかがなものかとも存じますが、以前に訪れ未投稿であったお店の紹介です。

2月のある日、「ナヤ インディア ヌール NAYA INDIA NOOR」さんへ初めて伺いました。土・祝日限定のランチベジミールスをお願いしました。野菜カリー、ラッサム、サンバル、ポリヤル、ウールガイ、野菜サラダ、パチャディーと並びます。もう一皿、NOOR 特選マトンラーンのターリーも頂きました。タワパロタにマトンラーン、チキンシシカバブ、日替わりカリーのチキンと大根、サグパニールほうれん草とチーズが並びます。マンゴーラッシーが付いています。

ナヤ インディア ヌール
NAYA INDIA NOOR

京都市北区小山西花池町1-3

 

藤浪晋太郎選手感染の新型コロナウイルスによる嗅覚、味覚障害 COVID-19

3月27日、大阪府による匿名での発表に続き、阪神タイガースは、選手 3名の新型コロナウイルス感染を球団の web site でも実名で発表しました。

藤浪晋太郎選手、伊藤隼太選手、長坂拳弥選手の 3名が昨日 PCR検査を受け、昨夜、新型コロナウイルスの陽性判定が確定しましたことをお知らせいたします。

3月28日、大阪府はこの 3名の濃厚接触者の中から 3名の感染者が新たに見つかったことを発表し、報道機関による報道もされました。危惧していたクラスターの発生が確認され、うち 2名は 20歳代の女性とのことですので、さらなる拡大が予想されます。

他の症状が無いのにも関わらず、診断のきっかけとなったのが、においが分からない、味が分からないといった嗅覚、味覚障害です。ENT UK (The professional membership body representing Ear, Nose and Throat surgery、英国耳鼻咽喉科学会)が既に「Loss of sense of smell as marker of COVID-19 infection」として啓蒙の文章を発表しています。

Post-viral anosmia is one of the leading causes of loss of sense of smell in adults, accounting for up to 40% cases of anosmia. Viruses that give rise to the common cold are well known to cause post-infectious loss, and over 200 different viruses are known to cause upper respiratory tract infections. Previously described coronaviruses are thought to account for 10-15% cases. It is therefore perhaps no surprise that the novel COVID-19 virus would also cause anosmia in infected patients.

勝手に訳すと、

ウイルス感染後の無嗅覚症は、大人の嗅覚消失の大きな原因の一つで、無嗅覚症の 40%を占めます。普通感冒を引き起こすウイルスは、感染後の嗅覚消失の原因となることがよく知られており、200以上の異なるウイルスが上気道感染症の原因となることが知られています。既知のコロナウイルスはその 10~15%と考えられます。それ故、新型コロナウイルス COVID-19 が、感染者に無嗅覚症を引き起こしてもおそらく驚くことではありません。

無嗅覚症はウイルス感染後、特にインフルエンザ感染症後によく起こることが知られています。またどのようなウイルス感染後に起こってもおかしくはありません。感冒症状による鼻漏や鼻閉、さらに細菌感染が二次的に生じ副鼻腔炎に進展すると嗅覚減退が生じます。

There is potential that if any adult with anosmia but no other symptoms was asked to selfisolate for seven days, in addition to the current symptom criteria used to trigger quarantine, we might be able to reduce the number of otherwise asymptomatic individuals who continue to act as vectors, not realising the need to self-isolate.

最後に記されている、この部分が重要です。現在用いられている症状の基準に加えて、無嗅覚症以外に症状が無い人にも 7日間の自己隔離を要請すれば、自己隔離の必要性を悟らず、感染の運び屋として振る舞う人々の数を減らすことが出来る可能性があると訴えています。

残念ながら、テレビ番組などマスコミの報道では、この発表を引用しているにも関わらず、この一番大切な内容を正しく伝えていません。

藤浪選手の感染症に関する報道で、意見を尋ねられた専門家の中には、
「無嗅覚症を生じ他の症状がない人でも、すぐに新型コロナウイルス感染症を意味するものではないが、新型コロナウイルス感染症の可能性は否定できない。感染予防のため、すぐに医療機関を受診するのではなく、自宅でまず 7日間安静にして他人との接触を避ける。」ことが大事であることをきちんと指摘されて下さった方もおられます。しかし、その真意を深く掘り下げて報道されてはいません。

藤浪選手をはじめ 3名は他の症状が無いにも関わらず、現状の法律では入院措置が必要で、その措置がとられたとの報道です。呼吸器症状が重篤でない感染者が入院し、ベッド不足になり重症者への治療が滞る可能性が従来より問題と指摘されています。さらに呼吸器症状が無い、無嗅覚だけでの入院が加わると、ベッド不足は加速します。

3月28日に政府は「新型コロナウイルス感染症対策本部」を開催し、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(3月28日)が決定され、厚生労働省の web site にアップされました。この中で、今回の様な他に症状の無い軽症者が入院ベッドを埋めてしまうことが考慮されたのか、単に患者数が急増していることを反映してか、

患者が増加し重症者等に対する入院医療の提供に支障をきたすおそれが
あると判断する都道府県では、厚生労働省に相談の上、重症者等に対する医
療提供に重点を移す観点から、入院治療が必要ない軽症者等は自宅療養とし、
電話等情報通信機器を用いて遠隔で健康状態を把握していくとともに、医師
が必要とした場合には電話等情報通信機器を用いて診療を行う体制を整備
すること。

との、新たな方針を追加しました。大阪府吉村知事が、フォローアップセンターを設置し、ベッド不足を避けるために入退院のコントロールを都道府県単位で行いたく、法律の改正を国に望んでいた通りになりつつあります。更に重要な文言も添えられています。

こうした状況では、感染への不安から安易に医療機関を受診することでか
えって感染するリスクを高める可能性があることも踏まえ、症状が軽度であ
る場合は、自宅での安静・療養を原則とし、状態が変化した場合に、かかり
つけ医等に相談した上で、受診するよう周知すること。

3月30日追記

その後、3月30日に一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会が、「嗅覚・味覚障害と新型コロナウイルス感染について―耳鼻咽喉科からのお知らせとお願い―」と題する声明を発表しました。

1. 37.5度以上の発熱が 4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、だるさがあれば、お住まいの区市町村の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。厚生労働省のホームページからも確認することができます。(中略)
2. 「におい」や「あじ」の異常を感じても、発熱や咳、息苦しさ、だるさがなければ 2週間不要不急の外出を控えてください。医療機関への受診も控え、体温を毎日測定し、手洗いもこまめにしてください。人と接する際にはマスクを着けて対話をして下さい。
3. 嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください。特効薬はありませんが、2週間経っても他の症状なく嗅覚や味覚が改善しない場合は耳鼻咽喉科外来を受診してください。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症はいつまで続くのか COVID-19

新型コロナウイルス COVID-19 感染症について、日本では感染爆発、オーバーシュートを出来るだけ遅らせようと関係者の努力は続きます。一方で他人事の様な言動を繰り返す人が多いのも事実です。都市封鎖、ロックダウンが既に行われている諸外国の様な状況はすぐそこに来ています。「いつまで続くのか分からないので自粛要請を週末毎に出されても商売上困る」といった発言をニュース番組でも喜んで取り上げたりします。

2009年の新型インフルエンザの流行を例に挙げるまでもなく、多くの人は、今年の冬、そして来年まで続く可能性に気が付いています。

米国の感染症対策の総本山である CDC (Centers for Disease Control and Prevention) の中の National Center for Immunization and Respiratory Diseases の責任者である Nancy Messonnier 女史が行った 3月9日の会見の記事「Coronavirus spread could last into next year, but impact could be blunted, CDC official says」では、

Messonnier’s suggestion that the virus could last into next year fits with the predictions of some experts that the virus will circulate for a long time, given how difficult contagious respiratory illnesses are to halt. 

と記され、このウイルスが来年まで続く可能性を指摘しています。

epidemic エピデミック(一定地域での予測不可能な流行)から、outbreak アウトブレイク (エピデミックの拡大、感染爆発)を経て、pandemic パンデミック(世界流行)へと現在既に広がってしまいましたが、

Some experts have said they see the virus becoming endemic, that is, spreading permanently in the human population like some viruses that cause colds and the flu.

かぜ症候群の原因となるウイルスやインフルエンザウイルスの様に、人間に永遠に広がり続ける『endemic エンデミック(流行という意味が薄れ、長期的あるいは永久的であるという意味の)』ウイルスになる可能性も指摘されています。

上記の記事で引用されている 2月4日付けの記事「Experts envision two scenarios if the new coronavirus isn’t contained」において、既知のコロナウイルスやインフルエンザとの比較で、この点を論じられいます。

冬から春にかけて鼻漏、鼻閉、咳などの症状を引き起こす「かぜ症候群」の代表、おそよ 4分の1を占めるコロナウイルスは、1960年代に発見された OC43と229E、2003-2004年に SARS がアウトブレイクした後に見つかった HKU1 と NL63 の 4種類が endemic viruses として知られています。子供や高齢者は他の 2つのより、OC43と229Eにより罹患します。229E の 35%、OC43 の18%は呼吸器症状を伴わない Asymptomatic infection 無症候性感染です。しかし、時に軽視できない症状を引き起こします。入院を必要としたコロナウイルス感染症のうち、OC43 が 229E より重篤になりやすく、15%程度は集中治療を要したとの報告があります。

他の 2つのコロナウイルス、SARS の致死率が約 10%、MERS の致死率が 約 37% です。他のウイルスによる致死率は、季節性のインフルエンザが 0.1%、1917年のスペイン風邪が 2.5%(10%を超えるとする報告もあります)です。新型コロナウイルスによる致死率は SARS や MERS より低く、医療崩壊さえ引き起こさねば約2%前後と予測されています。

新型コロナウイルスも一本鎖 RNA ウイルスです。この種の微生物は「notoriously quickly 悪名高いほどに素早く」遺伝子変異を起こします。SARS は変異率を減らすメカニズムを有しており、新型コロナウイルスも遺伝子構造で SARS との相似性を有し、スクリプス研究所の Michael Farzan 氏は、

“That makes the mutation rate much, much lower than for flu or HIV” 

インフルエンザウイルスやエイズウイルスより変異率が低いであろうことを指摘しています。変異を起こしにくいという事は、新型コロナウイルスが、もっと有意に致死的なウイルスへと進化する機会を減らすという意味と理解されます。

ウイルス感染の場合、いったん感染し免疫ができれば、そのウイルスへ再度感染しないはずです。インフルエンザウイルスの場合は、種類の多さ、変異による多様性のために何度も罹患します。ではコロナウイルスの場合はどうでしょうか。大人になるまでに、ほぼ全員がいくつかのコロナウイルスに対する免疫を獲得します。しかし、それは長くは続かないため、高齢者は再感染します。ミネソタ大学の Susan Kline 博士が、この従来の 4種類のコロナウイルスに関する指摘をしています。

There is some evidence that people can be reinfected with the four coronaviruses and that there is no long-lasting immunity

「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」の web site で、山中伸弥教授は以下の様に述べられています。

新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。1年は続く可能性のある長いマラソンです。日本は2月末の安倍首相の号令により多くの国に先駆けてスタートダッシュを切りました。しかし最近、急速にペースダウンしています。このままでは、感染が一気に広がり、医療崩壊や社会混乱が生じる恐れがあります。一人一人が、それぞれの家庭や仕事の状況に応じた最速ペースで走り続ける必要があります。国民の賢い判断と行動が求められています。 

分かっていても誰もが口にしない、「新型コロナウイルス感染症はこの冬を超えるまで収束はしない」ことをしっかりと発信して下さったと受け止めました。

3月28日午後6時から安倍首相が会見を行い、

この闘いは、長期戦を覚悟していただく必要がある

としっかり表明されました。「収束の見通しを示すべきだ」などと意を汲まない質問をする不勉強な記者がいたことが残念です。

大根のアチャール @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ(池田市)

この週末 28日と29日の不要不急の外出を控える呼びかけが、吉村大阪府知事から出されました。週末毎にスペシャルダルバートを供される「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダウ」さんにも大きな痛手です。27日の夜、他のお客さんが帰られた頃に伺いました。ダルは、ジンブーとギーが多めに入った、マス、ムスロ、ラハルの組み合わせです。マスはチキン、葱入りです。タルカリは牛蒡とじゃが芋、アチャールは 3種類、果物シリーズは、林檎、オレンジ、レーズンのアチャール、大根のアチャールは、しっかりと 3週間くらい漬かっており、酸味を楽しめる仕上がりです。トマトのアチャールには、様々なものが入っています。ご飯の傍らには、パパドゥと青菜炒め、上にはタンドールで炙り、燻された蕪のスパイス炒めが添えられています。単品で、肝と砂肝を使ったブトン、チキンチョウメンを追加で頂きました。デザートはズーズーダウ、チヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/