ダルバートのお持ち帰り @ few インド&ネパール料理レストラン (川西市)

先週末に「few インド&ネパール料理レストラン」さんが、「ダルバートのお持ち帰りを始めました。」とお店の Facebook で告知されました。早速、電話で注文をお願いし、公共交通機関を使わず、お店にピックアップに伺いました。ダルバートは、ダルとチキンカリーが別容器です。この日の青菜炒めは、蕾菜、春菊、わさび菜のミックスでした。アラカルトの中から、家族の好物、カシミールナンとバターチキンも追加で持ち帰りました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F

https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

ヴィーガンスープカリー その2 @ few インド&ネパール料理レストラン (川西市)

シェフのディップさんがネパールから戻ってこられた「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ伺いました。通常メニューに格上げとなったヴィーガンスープカリーをお願いしました。前回頂いたネパールバージョンとは、具材が大きく入れ替わり、茄子、しめじ、わさび菜、小松菜、青梗菜、トマト、グリーンピース等が入っていました。ライスは小でお願いしましたが、コリアンダーソースのじゃが芋のアチャールが添えられていました。ムング豆のパパドゥは、今回ネパールから持って帰られたものです。ダルバートも頂きました。地元の畑で収穫されたコリアンダーで作られたチャトニも一緒に頂きました。食後にチヤも追加でお願いしました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

チキンスープカリー @ few インド&ネパール料理レストラン (川西市)

シェフのディップさんが恒例の里帰り帰国される前に「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ伺い、チキンスープカリーを頂きました。

ひよこ豆(チャナ)、ささげ(ボリ)、じゃが芋(アル)、隼人瓜(イスクス)あたりがネパール仕様です。この他にトマト、ブロッコリー、からし菜、小松菜、ほうれん草などが使われています。ライスの傍らには小魚のアチャールが添えられています。追加でチヤを頂きました。1月14日から2月いっぱい、お店はお休みになります。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

ヴィーガンスープカリー @ few インド&ネパール料理レストラン(川西市)

冬場になると「few インド&ネパール料理レストラン」さんで、スープカリーが登場します。今年は「ヴィーガンスープカリー」として、Vegan ヴィーガン対応の素材で作られています。ノンべジとしてチキン入りバージョンも用意されています。この日はヴィーガン仕様を頂きました。ディップさんのこだわりで、あくまでもネパールのスープカリーとして、具材には、チャナ Chana、ボリ Bodi、ハヤトウリ Iskush、南瓜 Farsi、大根 Mula、じゃが芋 Alu、茄子 Bhanta、からし菜 Rayo、ほうれん草 Palungo、小松菜などが使われ、ライスの傍らには大根のアチャールが添えられています。他では頂けない何とも言えない酸味のもとは、このお店ではよく登場する乾燥させたオムリ Amli です。折角ヴィーガン料理を頂いたのですが、食後にクルフィーとチヤも頂きました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

オムリのグンドゥルック Amli ko Gundruk @ “few” インド&ネパール料理レストラン (川西市)

9月の連休に、オムリ Amli のグンドゥルック Gundruk が登場するとの事で「”few” インド&ネパール料理レストラン」さんへ伺ってみましたが、諸般の事情より供されることなく、ダルバート、モモ等を頂いて帰りました。翌週には、再度の準備が整うとのことで、また伺いました。この日はベジダルバートで頂きました。オムリは蕾もつけており、茎は硬そうですので、葉の部分だけをグンドゥルックに使われたそうです。花を乾燥させたものは、既に、魚のスープカリー Macha ko Jhol マチャコジョルで登場したり、アチャールに使われたことがありました。今回は葉のグンドゥルックを、じゃが芋やチャナと一緒にジョル Gundruk ko Jholで供されました。ダルは何時もの様に4種類の豆のミックスですが、当初より豆の粒の食感が楽しめる(私好みの)ダルに変化しつつあります。マス(肉)の代わりはパニール(チーズ)です。サグは、この日は蔓紫と空心菜でした。小魚とトマトのアチャールが加わっていますので、厳密には「ベジ」ではないのですが、この一品は欠かせません。大根と林檎のアチャールは、シェフの好みが反映されています。追加でチヤもお願いしました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

ゴーヤのタルカリ @ “few” インド&ネパール料理レストラン (川西市平野)

「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ伺い、ベジダルバートをお願いしました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナの組み合わせで、ディップさんがダルバートを始めた時から変わりません。マスが少なめになり、豆の粒が残る仕上がりは、当初からは明らかに変わってきています。今の方が私の好みです。ベジはパニールとグリーンピースがメインになり、この日のサグは蔓紫と空心菜のミックス、胡瓜のアチャール、ベジではなくなってしまうのですが煮干しのアチャール、ヨーグルトが並びます。チヤも追加で頂きました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

ズッキーニと大角豆のタルカリ @ “few” インド&ネパール料理レストラン (川西市平野)

ダルバートに畑で採れた夏野菜が多く使われる旨を、お店のFacebookでお知らせをされていた「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ伺いました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナのミックス、マスは骨付きチキン、タルカリはズッキーニ Hariyo Farsi が、ささげ(大角豆) Bodi、じゃが芋と一緒に登場です。アチャールは煮干しとトマト、大根と胡瓜が並びます。サグ(青菜炒め)は、金時草、蔓紫、空心菜のミックスでした。採れたてのミントで作ったチャトニを添えて下さいましたので、チキンセクワと一緒に頂きました。インスタグラムで「#まかないめし」として登場していた、アルタマボリ(じゃが芋、発酵筍、ささげ)のマトン入りも頂きました。他のお客さんが帰られた後でしたので、久しぶりにディップさんと色々話をすることが出来ました。どうやら、ネワール語で、パンチャクワ Pancha Kwa、このアルタマボリにマトンと青菜(サグ)を入れるのが定番の様です。ディップさんの奥様が筍を大事に発酵させた写真もお店の Facebook に少し前に登場していました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

https://www.instagram.com/fewkawanishi2772/?max_id=1589648992928302308

つぼみ菜のグンドゥルックとおからのスープカレー @ “few” インド&ネパール料理レストラン (川西市平野)

「few インド&ネパール料理レストラン」さんで週末頂けるダルバートに、シェフのディップさんの奥様ベルさんが作ったつぼみ菜のグンドゥルックとおからのスープカレーが添えられるとのお知らせが、お店のFacebookでありました。楽しみにしていたつぼみ菜のグンドゥルックとおからの入ったスープカレーは、酸味がよく効いています。青菜炒め(サグ)にも、つぼみ菜がほうれん草や小松菜と一緒に使われています。何故つぼみ菜をと思い調べてみると、「旬の食材百科」に、

つぼみな(蕾菜)は、アブラナの一種で、からし菜の変種とされています。一般的なからし菜が葉を食用とするのに対し、このツボミナ(蕾菜)は、一株で4キロから5キロの大きな株から出てくるわき芽(蕾)の部分を収穫し食用としています。福岡県で品種開発され、平成19年から市場での販売が始まった新しい野菜です。「蕾菜」は福岡県JAから商標登録の申請が出されています。

と、記されています。Rayoの味に近いのも、使われた大きな理由かもしれません。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

 

鯖のセクワ @ “few” インド&ネパール料理レストラン (川西市平野)

シェフのディップさんがネパールへの帰国から戻られ、3月1日から営業再開の「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ、ダルバートを頂きに伺いました。間を置かずに、「ご近所さんで出来た春野菜いっぱいご用意しています。」とのお店の Facebook でのお知らせに惹かれ訪れました。この日のサグには、それらの野菜、蕾菜、菊菜、からし菜、小松菜が使われていました。ダルはマス、ムスロ、チャナ、ムングのミックスダルです。当初のダルからは大分変ってきています。マスはマトン、 チキンセクワの代わりに鯖のセクワも選択可能でしたので、お願いしてみました。ネパールでは食べることの無い鯖も、上手く仕上げられています。マッシュルーム、煮干しとトマト、大根と並びます。チヤも追加で頂きました。能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/

おからカリー @ few インド&ネパール料理レストラン (川西市)

1月15日からシェフのディップさん帰国のためしばらくお休みになってしまう「few インド&ネパール料理レストラン」さんへ伺いました。前回頂いたパニールカリーが気に入り、この日もベジバージョンのダルバートでお願いしました。チキンティッカとチキン or マトンカリーが外れ、パニールカリーとヨーグルトが加わります。そのパニールカリーから、時計回りに、大根のアチャール、小魚のアチャール(ベジではなくなるのですが、美味しいので入れてもらいます)、イスクス、ヨーグルト、ダル、サグ(わさび菜、春菊、青梗菜の炒め物)と並びます。某豆腐店のおからを使ったカリーが、ターリー外のカトリに盛られています。豆を使うおからですのでダルを予想していましたが、ターメリックやクミンなどのシンプルなスパイス使いと檸檬の酸味が効いた仕上がりで、ダルとは違った意味でバート(ご飯)によく合います。チヤも頂きました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野3-3-24ルームス1F
https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/