じゃが芋と大根と豆のアチャール アルムラゲラグリコアチャール @ シムラン SIMRAN(箕面市)

「シムラン SIMRAN」さんへディナータイムに伺いダルバートをお願いしました。ダルはムスロとムング、マスは骨付き皮付き山羊肉のカシコマス Khasi ko masu、じゃが芋と大根、豆(マス、カロチャナ、ケラウ、ラジマ)のアチャール、アルムラゲラグリコアチャール Alu mula gedagudi ko achar、最近の定番となったブタン Khasi ko bhutan、筍のアチャール Tama ko achar も添えられています。食前にはスープも供され、砂肝炒めも追加で頂きました。食後はスパイスのよく効いたカロチヤ Kalo Chiyaを頂きました。定番のインドスタイルの豆カレーのために用意した豆を転用しアチャールに仕立てる調理法をガナシャムさんに教えて頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

 

ネパールのミルク無しの紅茶 Fikka (Phikka) chiya フィカチア Rato chiya ラトチア

ネパールではチア(チヤ)、インドではチャイ、スリランカではキリテーと、ミルク入りの紅茶は南アジアで定番の飲み物ですが、大阪のいくつかのネパール料理店では、スタッフのネパールの方が普段飲まれているような、ミルク無しのスパイス入り紅茶を楽しむことが出来ます。

メニューにも載っているのが、「インド・ネパール料理 Jun」さんです。お店のインスタグラムでもこのミルク無し紅茶「ラトチア」を紹介されています。

黒チャイ お砂糖、スパイス、素敵なものをいっぱい。
ピリッと刺激的な温かい飲み物になってます。
うちのネパール人は普段はミルクのチャイはほとんど飲みません。
コーヒーも苦手です。
普段の飲み物はだいたいこのチャイかレッドブル
ネパール語ではラトチアと言います。

店主ガナシャムさんも同じ味は出せないと言われる、元スタッフの奥様がお店に立ち寄り作られた時のみ頂けるのが「SIMRAN シムラン」さんです。

「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんでは、厨房の手が空いている時に、店主カドカさんの気分次第で登場することがあります。ヒマラヤ岩塩などを使ったものが頂けるときもあります。もちろん、ヴィーガンダルバート提供時にはミルク無し紅茶となります。

最近新たなコックさんが加わり飲食の営業を再開された「カトマンズスパイスマート & モモハウス Kathmandu Spice Mart & Mo:Mo House」さんでも、食後の紅茶をスパイスが沢山入ったミルク無しでお願いすることが出来ます。

その筋の先達が、ミルク無し紅茶のネパール語表現について問われていました。確かに web 検索しても上手くヒットしません。Off The Beaten Treks 「HIDDEN VILLAGE An off-the-beaten trek guide to Gurja Khani」 の記事で Black tea のネパール語として phika chiya /raato chiya/dudh na-bhaeko chiya が示されています。

Fikka (Phikka) chiya फिक्का चिया が相当しそうですが、Phika chiya फिका चिया (फीका चिया) でも変わりないと教えて下さるネパールの方もおられます。Rato chiya रातो चिया、Kalo chiya कालो चिया は赤い紅茶、黒い紅茶ですので間違いはなさそうです。Dudh na-bhaeko chiya दुध नभएको चिया は文字通りミルクの入っていない紅茶の意味の様です。

これまで、記事のなかでピカチア(ピカチヤ)と表記してきましたがフィカチア(フィカチヤ)の方が近いのかも知れません。

फिक्का は淡いという意味の様です。फिक्का चिया の定義もネパールの方でも人によって異なるようです。ミルクも砂糖も入っていないのが फिक्का चिया と言われる方もあれば、ミルクが入っていなければ砂糖が入っていても फिक्का चिया と言われる方もあり、また別の方はミルクが入っていないもので फिक्का चिया はスパイスがあまり加えられていないもの、スパイスが沢山加えられているのは रातो चिया の表現の方が良いと言われます。

もっとネパール語に詳しい方、ご助言下されば幸いです。

 

 

 

カシコマスとカシコブトンのダルバート @ シムラン SIMRAN(箕面市)

ディナータイムに「シムラン SIMRAN」さんへ伺い、この日も美味しいダルバートをお願いしました。ダルはムスロとムングのミックス、マスは骨付き皮付きカシコマス、アチャールは大根、じゃが芋、胡瓜のミックスアチャール、筍と青唐辛子のアチャール、セクワの代わりにこの日もカシコブトンを添えて下さいました。定番化しつつあるディナータイムのダルバートの組み合わせです。食前にはスープも供され、食後は体の温まる生姜とスパイスがよく効いたカロチヤを頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

 

スープモモ @ シムラン SIMRAN (箕面市)

寒い日でしたのでトゥクパが食べたくなり「シムラン SIMRAN」さんへ伺いましたが、麺の用意が無いので出来ないとのことでしたので、スープモモをお願いしました。確かにメニューにトゥクパは載っていません。無理なお願いをしてはいけません。砂肝のタンドール焼きもお願いすると、よく発酵したムラコアチャールを添えて頂きました。ガナシャムさん、スープモモには、マトンを入れて下さいました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

カシコブトン Khasi ko Bhutan 付きのダルバート その2 @ シムラン SIMRAN (箕面市)

「シムラン SIMRAN」さんへ伺いダルバートをお願いしました。前回と同じく、ムスロ、ムングにケラウが加わったダル、マスは骨付き皮付き山羊肉のカシコマス、じゃが芋と胡瓜などのアチャール、筍と青唐辛子のアチャールが並びます。もう一品は、前回も頂いて美味しかった山羊肉のレバー、ミノ、マメ、ハツなどのスパイス炒め Khasi ko Bhutan カシコブトンですが、この日は骨付き皮付きの肉も加えて作られていました。家族はムグライチキン、キーマ海老カレー、茄子チキンカレー、サラダ付きの「ゴールデンタリ」を、チーズナンでお願いしました。食前のスープ、食後のチヤも頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

カシコブトン Khasi ko Bhutan 付きのダルバート @ シムラン SIMRAN (箕面市)

「シムラン SIMRAN」さんへ伺い、ダルバートをお願いしました。ディナータイムの他のお客さんが帰られた後で、ガナシャムさんの手が空いていたということもあってか、セクワに代わりブトン खसीको भुटन Khasi ko Bhutan が登場しました。以前から賄いでよく作っていると言われており、機会があれば頂きたいとお願いしていました。肝 कलेजो カレジョ、ハツ मुटु ムトゥ、マメ मृगौला ミリゴウラ、ミノ खागो カゴなどを味わえます。ダルはいつものムスロ、ムングのミックスに、皮付きの小粒なケラウが加わっています。マスは骨付き皮付きの山羊肉、カシコマス、じゃが芋などのアチャール、筍のアチャール、青唐辛子のアチャール、スライス胡瓜が添えられています。食前にスープ、食後はチヤを頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

ククラコマスのダルバート その2 @ シムラン SIMRAN(箕面市)

「シムラン SIMRAN」さんでダルバートをお願いしました。この日のダルは、ムスロ、ムングのミックスですが皮付き豆(Whole)も混ぜて使われています。マスはネパーリスタイルのククラコマス、じゃが芋のアチャール、骨付き皮付き山羊肉、玉葱と胡瓜のスライスが並びました。食後にチヤも頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

筍のアチャール @ シムラン SIMRAN (箕面市)

「シムラン SIMRAN」さんへ伺い、ダルバートをお願いしました。ダルはいつものムスロとムング、マスは骨付き皮付き山羊肉、じゃが芋などのミックスアチャール、筍のアチャール、山羊肉のスパイス炒めが並びます。食前のスープ、食後のチヤも頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

ダルバートスペシャル @ シムラン SIMRAN (箕面市)

「シムラン SIMRAN」さんでもダルバートを注文されるお客さんが増えたとのことで、ランチメニューに加え、ディナーメニューにダルバートスペシャルとして載るようになりました。まずはスープが供され、ダルバートの登場です。この日のダルは、ムスロとムングのミックス、マスは骨付き山羊肉、カシコマス、じゃが芋のアチャール、アルコアチャールには胡瓜、トマト、玉葱なども入っています。発酵筍のアチャール、タマコアチャール、パパドゥも添えらえ、青菜炒め、サグブテコも初めて加わりました。家族はチーズナンとバターチキンカレーのセットを頂きました。食後はスパイス入りミルクなし紅茶、ピカチヤをお願いしました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/
https://www.instagram.com/simran_restaurant/?hl=ja

ククラコマスのダルバート @ シムラン SIMRAN (箕面市)

ランチタイムが終わるころでも、週末は通し営業されている「シムラン SIMRAN」さんで、美味しいダルバートが頂けます。逆に忙しい時間帯を外れ、ガナシャムさんの手が空くので、しっかりとネパール仕様に仕上げて頂けます。この日のチキンカリーはネパールのククラコマス仕様で、ダルはムスロとムングのミックス、アチャールはじゃが芋、胡瓜、トマト、玉葱のミックス、マトンセクワと、よく漬かった大根のアチャールも添えられます。ここ3回ほど、内容が微妙に違いますが、スタイルとしては一旦定着した模様です。食前のスープと、食後のピカチヤも頂きました。

国道171号線牧落交差点近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シムラン SIMRAN (箕面市)」

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/