大阪、兵庫で食べるブンダウマムトム Bun Dau Mam Tom

米粉麺 ブン、揚げ豆腐 ダウ、海老の発酵調味料、海老醤 マムトムのシンプルな組み合わせの、ブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm になぜ魅せられるのでしょうか。

Bun Dau Mam Tom: All About the Smelliest Food in Vietnam の記事を引用し、勝手に意訳しますと、

You can tell a good bun dau mam tom by the fried tofu and the shrimp paste they serve. The tofu should be deep fried until it turns yellow on the outside but still retains moisture, softness, and the original taste on the inside. The shrimp paste shouldn’t be too salty or too thick, but it definitely needs to have a specific sour taste from the lemon or kumquat served and the spice from the chili.

供される豆腐と海老醤で、良いブンダウマムトムを見極めることが出来ます。豆腐は、中がしっとり、柔らかく、本来の味が残されたまま、外がきつね色になるまでしっかりと揚げられてなくてはいけません。海老醤は、塩辛過ぎず、濃過ぎず、しかし、添えられる檸檬や金柑の独特な酸味と、唐辛子の刺激を持ち合わせねばなりません。

The restaurant/stall version of bun dau mam tom will have steamed pork, green rice pork nuggets, small pig intestine, large pig intestine that is stuffed with veggies and grilled, and fried spring rolls as extra options for you to choose from. Order as you wish.

レストランや屋台で出されるブンダウマムトムは、茹でた豚肉、緑米と豚肉の揚げ物、豚の小腸や、大腸に野菜を詰めたソーセージ、揚げ春巻きなどをオプションで選ぶことが出来ます。

大阪、兵庫で、ブンダウマムトムを頂けるベトナム料理店を Google My Map にまとめ、紹介いたします。

大阪、兵庫で頂ける美味しいベトナム料理の数々は
→「ベトナム料理(大阪、兵庫)」

 

 

Bo Bun ボブン @ ヴェトナム料理 RIVE GAUCHE リヴゴーシュ(大阪市中央区)

ベトナム料理探索の先達が SNS で「ヴェトナム料理 RIVE GAUCHE リヴゴーシュ」さんの Bò Bún ボブンを取り上げられておられたので、久しぶりに伺いました。

同店のメニューブックの説明には、ボブンは「パリ発祥のベトナム混ぜ麺」と記されています。ベトナム語表記であれば、Bún Bò の順のはずですが、パリでは Bò Bún が広く用いられている様です。Bò Bún の由来は、Today 24 News の記事「Bo buns Paris: the best addresses to make your taste buds travel」で、

This dish that we often think is from Vietnam, was popularized in the Paris region by refugees from the Han-Chinese diaspora. However, some restaurants in the city of Hanoi, serve bo buns. In Paris, this salad with vermicelli is part of the landscape and many restaurants offer it, for our greatest pleasure.

と記され、Wikipedia フランス語版での以下の説明

Le bò bún est un type de plat de vermicelles de riz servie à température ambiante et viande chaude, garni de salade et arrosée de sauce nước chấm. Le nom « bò bún » utilisé en France et autres pays francophones n’est cependant pas d’origine vietnamienne, mais a été popularisé en région parisienne par les réfugiés issus de la diaspora han-chinoise des dialectes teochew et cantonais nés au Cambodge1, mélangeant la recette khmère du « nom banhsong នំបាញ់ស៊ុង » appelé par les chinois-cambodgiens « banh sung បាញ់ស៊ុង » et la recette vietnamienne du « bún bò nam bộ ». 

を踏襲している様です。フランス語圏で広く使われているボブン Bò Bún は、ベトナム由来ではなく、カンボジア生まれの潮州語や広東語を使う漢族の中国人難民によってパリで広められたものとされる説が記されています。

この日は、海老と蓮の茎サラダ ゴイゴーセン、空心菜の大蒜炒め ザムオンサオトイ、蒸し春巻き バインクォン、ベトナム風豚の角煮 ティットコーチュンをお願いし、デザートにバナナの春巻きを、ベトナムコーヒーと頂きました。

大阪メトロ御堂筋線淀屋橋駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「リヴゴーシュ RIVE GAUCHE (大阪市中央区)」

ヴェトナム料理 RIVE GAUCHE
リヴゴーシュ

大阪市中央区伏見町 3-3-3 芝川ビル B1F

https://rivegauche-osaka.com/index.html

ブンダウマムトム BUN DAU MAM TOM @ ロンディン LONG DINH RESTAURANT 心斎橋店(大阪市中央区)

西心斎橋にある「ロンディン 」さんへ初めて訪れました。お客さんは殆どがベトナムのかたの様です。メニューの中から、ブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm をお願いしました。もつ(ホルモン)は残念ながら添えられていませんでした。

ロンディン
LONG DINH VIET NAM RESTAURANT

大阪市中央区西心斎橋 2-8-3

https://www.facebook.com/nhahangvietnamosaka/

https://namba-rongdinhvietnam.owst.jp/

豚もつ入り米粉麺 ブンロン BUN LONG @ ルオン ソン バック LUONG SON BAC (神戸市兵庫区)

「ルオン ソン バック 」さんへ再訪し、豚もつ入りお粥  Cháo Lòng チャオロンを頂こうと思いましたが、金曜日限定メニューの様です。メニューブックを眺めていると、豚もつ入りブン(米粉麺) Bún Lòng ブンロンは出来るようですのでお願いしました。コブクロ(子宮) Dồi trường、ソーセージ Dồi tiết / Dồi huyết、ガツ(胃) Dạ dày、レバー(肝臓) Gan などが入っていました。

ルオン ソン バック LƯƠNG SƠN BẠC

 神戸市兵庫区西多聞通 2-1-15

https://www.facebook.com/luongsonbac1712021/ 

ブンダウマムトム BUN DAU MAM TOM @ 幸せの店 QUAN AN HANH PHUC (神戸市中央区)

神戸高速鉄道の高速神戸駅付近に新しくオープンしたベトナム料理店の、更にもう一軒「幸せの店 QUÁN ĂN HẠNH PHÚC」さんへも訪れました。ベトナム人向けのお店の様です。メニューブックにブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm が載っていましたのでお願いしました。ホルモンは茹でたガツ(胃)とヒモ(小腸)が添えられています。

幸せの店
QUÁN ĂN HẠNH PHÚC

神戸市中央区橘通 3-3-12

https://www.facebook.com/Quán-Ăn-Hạnh-Phúc/

 

 

 

豚もつ入りお粥 チャオロン Chao Long @ チューコオイ CHU CUOI (神戸市兵庫区)

「CHÚ CUỘI チューコオイ」さんへ早速、再訪です。ランチタイムのお得なセットメニューではなく、豚もつ入りお粥 Cháo Lòng チャオロンが目当てです。開店直後、他にまだお客さんがいない時間でしたので、作って頂けました。ホルモン(もつ)は、ノドブエ(喉軟骨) Cuống họng、コブクロ(子宮) Dồi trường、ソーセージ Dồi tiết / Dồi huyết、ガツ(胃) Dạ dày、レバー(肝臓) Gan などが入っていました。家族は Bún thịt nướng ブンティットヌンをお願いして供された、Bún chả ブンチャーの様な一皿を頂きました。

高速神戸駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「チューコオイ CHU CUOI (神戸市兵庫区)」

CHÚ CUỘI チューコオイ 

神戸市兵庫区西橘通 2-1-18

https://www.facebook.com/CHÚ CUỘI/

ブンダウマムトム BUN DAU MAM TOM @ ベトナム料理 ココロ KOKORO (堺市堺区)

南海高野線三国ヶ丘駅近くの「ベトナム料理 ココロ KOKORO」さんへ伺いました。メニュー構成は、ベトナム人向けというより麺類中心の日本人向け仕様なのかもしれません。ブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm はメニューに載っていますので、お願いしました。お決まりの、マムトムが大丈夫かの確認もありました。期待していた内臓系はタンのみで、ベトナムのハムが添えられています。

ベトナム料理 ココロ KOKORO

堺市堺区向陵中町 2-5-8

ブンボーフエ @ ゴンカフェ ngon ca phe (大阪市淀川区)

JR 新大阪駅の新幹線中央口近くにオープンされた「ゴンカフェ  ngon cà phê」さんへ伺いました。昼下がりの時間帯でしたが、バインミーは出来ないことことで、ブンボーフエをお願いしました。

ゴンカフェ ngon cà phê

大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1
新大阪阪急ビル 3F

https://ngoncaphe.jp/ 

ブンダウマムトム BUN DAU MAM TOM @ ルオン ソン バック LUONG SON BAC (神戸市兵庫区)

神戸高速鉄道の高速神戸駅付近に新しくオープンしたベトナム料理店のもう一軒「ルオン ソン バック LƯƠNG SƠN BẠC」さんへも訪れました。 ベトナム人向けのメニュー構成です。生春巻き Gỏi cuốn と、ブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm を頂きました。期待していたホルモン系は入っていません。ベトナム人に供されるのも同じなのか気になります。

ルオン ソン バック LƯƠNG SƠN BẠC

 神戸市兵庫区西多聞通 2-1-15

https://www.facebook.com/luongsonbac1712021/ 

ブンダウマムトム BUN DAU MAM TOM @ チューコオイ CHU CUOI (神戸市兵庫区)

神戸高速鉄道の高速神戸駅付近に新しくベトナム料理店がオープンしたと、先達が SNS にアップされていましたので、その中の 1軒「チューコオイ CHÚ CUỘI」さんへ伺いました。メニューはしっかりベトナム人向けの様です。初訪ですので、ブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm をまずお願いしました。肝、コブクロ、胃などのホルモンと脛肉らしき豚肉、豆腐、香草が盛られています。ベトナムの高菜の漬物の味も確かめてみたく、コムザンズアボー Cơm rang dưa bò もハーフサイズでお願いしてみると作って頂けました。

CHÚ CUỘI チューコオイ 

神戸市兵庫区西橘通 2-1-18

https://www.facebook.com/CHÚ CUỘI/