四角豆、十角糸瓜、蔓紫 @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)


スリランカの野菜をはじめとして、ニシャンティさんが畑で育てられた野菜が多く登場するライス&カリーのプレートを頂きに「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんに伺います。この日もチキンのCセットでお願いしました。四角豆(シカクマメ、Dambala、ダンバラ)が、スリランカの小魚 Haal Masso ハルマッソと一緒に登場です。十角糸瓜(トカドヘチマ、Watakolu、ワタコル)も畑で採れたものが使われています。パリップに加えられている蔓紫(ツルムラサキ、Nivithi、ニビティ)も畑からとの事です。海老はニラと一緒に調理され、小松菜も添えられています。デザートは、ワタラッパンとキリパニでした。セットには、マンゴジュースとチャイも付いています。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


ルヌデヒ Lunu Dehi @ シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


伺う毎に何か新しい事や食材を教えて下さる、阪急宝塚線山本駅前の「シャンティランカ Shanthi Lanka」 の店主ニシャンティさんです。色々お尋ね出来るようにニシャンティさんの手が空く遅めの時間帯に伺い、何時もの様にCセットのチキンカレーをお願いしました。

別盛りで供されるチキンカレーは毎度頂いても飽きがきません。秋らしく、サンマが登場です。右横は胡瓜です。傍らに、時間が経てば経つほど美味しくなると仰る、ライムの漬物、ルヌデヒ Lunu Dehi が添えられています。2年前に漬けたものだそうです。ライムの酸味が口に広がり、その塩梅が堪りません。

豆はカウピ― Cowpea と言われましたので、ささげでしょうか。

スリランカの小魚ハールマッソ(ハールメッソ) Haal Masso(Messo) はオクラと和えられています。

キャベツとじゃが芋や、小松菜、カトレット、ポルサンポーラも並びます。デザートには、ワタラッパン、キリパニの他に、スリランカでタラボーラも買ってきたからと添えて頂きました。チャイも頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


バナナのカレー Alu Kesel Curry @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)


店主ニシャンティさんがスリランカへの帰省から戻って来られた後は、しばらくスリランカの食材を使った料理が楽しめる、阪急宝塚線山本駅前のスリランカ料理店「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんです。いつもの様にCセットをチキンカレーでお願いしました。この日は、まずライスにはスリランカの赤米を使われており、敷物がニシャンティさんが隣の畑の方から頂いたという蓮の葉です。調理用バナナのアルケセル Alu Kesel を使った、食感と少し甘味を楽しめるカレーと、そのバナナの皮とスリランカの小魚ハルメッソ Haal Messo を使った他では頂くことの出来ないカレーも登場しました。海老とピーマンの一品もあり、小松菜の緑色も映えます。この日のデザートはキリパニと、甘いココナツの具を米粉のパンケーキで巻いたものでした。ニシャンティさんはフェーンケーキと仰っていたので、巻いたパンケーキという意味なのでしょうが、Wellawahum (Coconut Stuffed Pancakes) がよく似ています。違うのでしょうか、次回にでも尋ねてみましょう。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

 


蛇瓜のカレー @ シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


阪急宝塚線山本駅近くのスリランカ料理店「シャンティ ランカ Shanthi Lanka」さんでは店主がスリランカへの帰省から戻られた後は、仕入れてこられたスリランカの食材が楽しめます。この日はまずDivul kiri (Wood apple) のジュースをまず供して下さりました。臭いが嫌いな人も居られるかもと仰りましたが、とても飲み口も味も良い飲み物でした。Cセットをチキンカレーでお願いしました。蛇瓜 Pathola (Snake gourd) のカレーも有りました。蛇瓜は日本の畑でも栽培を始めておられるとの事です。スリランカの小魚 Haal messoも登場し、鮫 Mora はじゃが芋と一緒に調理されています。

デザートには四石稗 Kurakkan が使われていました。ココナッツミルクのスリランカのクッキーとワタラッパンと一緒です。キリティも付いています。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


ビーツのカレー @ シャンティランカ(宝塚市)


遅めのランチに阪急宝塚線山本駅近くのスリランカ料理店「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんに伺い、Cセットをチキンを選択しお願いしました。ニシャンティさんが畑で育てられたビーツが、ビーツの葉や、じゃが芋と一緒に一品に仕上げられています。スリランカの野菜も植えておられるそうで、近いうちにそれらもお目見えとのことです。また冬瓜ではなさそうな、キャキリ Kakiri に似た瓜を見つけたので、使ってみましたとのことでした。キャベツと小松菜も色鮮やかです。デザートはワタラッパンとキリパニでした。7月25日から8月9日までニシャンティさんが帰国されるので、その間お店はお休みだそうです。また今回も、スリランカの食材を沢山持って戻って来られる様、お願いしました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


ポロス Polos @ シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


阪急宝塚線山本駅前のスリランカ料理店「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんでは、店主のニシャンティさんがスリランカへの帰国から戻られた後、暫くは、スリランカの食材が楽しめました。スリランカのお正月に合わせたスペシャルメニューで、スリランカの野菜はほとんど使ってしまったとの事ですが、前もって伺う日を伝えておきましたので、この日はCセットの一品として、ポロス Polos、若いジャックフルーツ(Green Jackfruit)を準備して下さいました。他のお客様にも供された際に、何の魚ですかと尋ねられたとの事です。まさしく外見は魚料理の様でもあります。菜食のお坊さんが、魚の代わりに食べる位なのだと教えていただきました。

また、カシューナッツもスリランカ産との事でした。

EXPLORE SRI LANKAの「Jack: the Largest Fruit in the World」の中で

The Jackfruit grows out large, generally tipping the scales at over 10 pounds. It has a thick spiky green hide which turns a dark brownish yellow when ripe and about to fall. It has hundreds of seeds which are tightly packed together and the flesh encasing the seed is what is generally consumed, though even the seeds are used and eaten roasted or boiled. At every stage of its development, when it is young, mature and fully ripened, Sri Lankans have found ingenious ways to make the best of it.

と紹介されている様に、ジャックフルーツJackfruitは熟すに従い、呼び名がポロスPolosからコスKosそしてワラカーWarakaへと変わりますが、各段階にあわせた美味しい調理方法があるのだそうです。

CNN travelの「12 foods you should try in Sri Lanka — from sour fish curry to coconut relish」と題する記事の中でも、ポロスについて紹介されていました。

Polos (green jackfruit curry)

Jackfruit is consumed in a number of different stages of ripeness, from very ripe and sweet to green and starchy. Polos is a Sri Lankan curry prepared with young green jackfruit. The fruit is sliced into bite-sized chunks and boiled until soft. It’s then cooked with onions, garlic, ginger and spices like mustard seeds, turmeric, chili powder, roasted curry powder, pandan leaves and curry leaf sprigs. The final step is to add coconut milk and simmer to reduce most of the liquid, leaving all the beautiful flavors within the cubes of jackfruit.

Jackfruit has a starchy texture, somewhat similar to cassava or potato. Polos is a standard dish available at most Sri Lankan curry restaurants.

食後はワタラッパン、キリパニ、キリティを頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


ハルメッソ Halmesso @ シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


阪急宝塚線山本駅前のスリランカ料理「シャンティランカ」の店主ニシャンティさんが、スリランカへの一時帰国から戻られましたので、スリランカの食材が頂けることを期待して昼下がりに伺いました。いつもお願いするCセットをこの日はチキンの選択で頂きました。ハルメッソ Halmesso (Dried sprats) が、今回スリランカで調達した食材との事でした。「いりこ」と玉葱と説明して下さいましたので、普段は「いりこ、煮干し」で代用されることがあるのかもしれません。

デザートはワタラッパンとキリパニで、キリティと一緒に頂きました。お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


ランチCセット@シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


阪急宝塚線山本駅からすぐのスリランカ料理店シャンティランカShanthi Lankaさんに久しぶりに伺いました。ランチの1回転目が終わる頃を見計らって、1時30分位に伺いましたが、予想通り丁度席が空いたところでした。Cセットはまだ有りますかと確認し、お願いしました。ポークかチキンの選択になりますが、後者にしました。この日も美味しく頂きました。店内は4人掛けテーブルが2つと2人掛けテーブル3つで、ご近所の方のグループでの利用がメインとなっており、食後も話に花が咲いています。2回転目は今回のように遅い時間なら入れますが、その頃に来られるお客さんは、私の様な者以外は殆どおられないと思われます。Cセットには食前のジュースと、食後のデザート、飲み物まで付いており、長居し易く、客単価もセット価格そのものになってしまうので、ついつい心配してしまいます。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


Shanthi Lanka シャンティランカ(宝塚市)スリランカ料理


4月13日、14日はシンハラ・タミルの正月で、スリランカのお菓子を用意されているとのことでしたので、阪急宝塚線山本駅の北側にあるShanthi Lanka シャンティランカさんに伺いました。14席が先客と予約席で一杯でしたが、丁度1組が出ていかれるところで、何とか入店できました。この日は店主1人で切り盛りされており、大変そうでした。「時間が掛かりますが」と最初に言われましたが、後に用事がなかったのでのんびりと待ちました。いつもお願いするのはCセットです。チキンかポークの選択ですが、この日はチキンで頂きました。食事が終わるころには、他のお客も帰られ落ち着いてきたので、店主と少しお話をさせていただきました。姪っ子さんなどが手伝われる日もあれば、店主一人でされる日もあるとのことです。一人でも大丈夫な日が多いが、この日は忙しくてお客さんを待たせて申し訳ないと言われました。お正月用のスイーツも今年は忙しくしていて十分用意できなかったと仰られていましたが、美味しくいただきました。車でうかがいましたので、おつまみと一緒に飲もうとノンアルコールビールを頼もうとしたのですが、あまり注文がないので切らしていますとのことでした。そのお詫びにか、家に帰ってビールと一緒に食べてくださいと、おつまみをお土産にいただいて帰りました。他の知り合いのお客さんにスイーツを持って帰らせたりと、店主の商売気の無い、ほのぼのとした雰囲気もお店の魅力です。

大阪で食べるスリランカカレー

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka