ランプライス @ スリランカダイニング アマヤ 阿波座店(大阪市西区)


開店1周年を迎えられた「スリランカダイニング アマヤ 阿波座店」さんで、ランプライス Lamprais が週末の特別メニューで登場しました。バナナの葉の包みを自分で広げます。左上メインのチキンのドライカレーから、反時計回りにじゃが芋のスパイス炒め、卵、シーニランボーラ(玉葱)、ビーツのカレーと並び、バスマティイエローライスの上にドライダルカレーが載っています。飲み物も付いていましたので、ラッシーをお願いしました。追加でワタラッパンとチャイも頂きました。

アマヤさんで頂ける美味しい料理は
→「Sri Lankan Dining A*maya スリランカダイニングアマヤ」

SRI LANKAN DINING A*MAYA
スリランカダイニング アマヤ
阿波座店

大阪市西区立売堀4-7-15 奥内立売堀ビル1F
https://www.facebook.com/sld.amaya.awaza/


四角豆、十角糸瓜、蔓紫 @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)


スリランカの野菜をはじめとして、ニシャンティさんが畑で育てられた野菜が多く登場するライス&カリーのプレートを頂きに「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんに伺います。この日もチキンのCセットでお願いしました。四角豆(シカクマメ、Dambala、ダンバラ)が、スリランカの小魚 Haal Masso ハルマッソと一緒に登場です。十角糸瓜(トカドヘチマ、Watakolu、ワタコル)も畑で採れたものが使われています。パリップに加えられている蔓紫(ツルムラサキ、Nivithi、ニビティ)も畑からとの事です。海老はニラと一緒に調理され、小松菜も添えられています。デザートは、ワタラッパンとキリパニでした。セットには、マンゴジュースとチャイも付いています。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


マグロのブラックカレー @ スリランカダイニング アマヤ 阿波座店(大阪市西区)


昼休み無しで通し営業されている「スリランカダイニングアマヤ Sri Lankan Dining Amaya 阿波座店」さんは、ふと立ち寄りたくなるお店です。曜日毎にライス&カレーのプレートの内容が変わり、月が替わると新たなメニュー構成となります。訪れた日は、魚のブラックカレーとポークレッドカレーがメインの選べるカレーでしたのであいがけでお願いしました。お米はレッドライスです。メインの魚のブラックカレー、魚はマグロでした。別皿でもう一つのメイン、ポークレッドカレーが添えられました。人参のカレー、茄子の甘辛炒め、ルヌミリスと並び、日替わりカレーは胡瓜でした。レンズ豆はほうれん草と一緒に登場です。全体的に結構辛めな仕上がりでした。甘味を求めて、ワタラッパンとチャイを頂きました。

アマヤさんで頂ける美味しい料理は
→「Sri Lankan Dining A*maya スリランカダイニングアマヤ」

SRI LANKAN DINING A*MAYA
スリランカダイニング アマヤ
阿波座店

大阪市西区立売堀4-7-15 奥内立売堀ビル1F
https://www.facebook.com/sld.amaya.awaza/


ルヌデヒ Lunu Dehi @ シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


伺う毎に何か新しい事や食材を教えて下さる、阪急宝塚線山本駅前の「シャンティランカ Shanthi Lanka」 の店主ニシャンティさんです。色々お尋ね出来るようにニシャンティさんの手が空く遅めの時間帯に伺い、何時もの様にCセットのチキンカレーをお願いしました。

別盛りで供されるチキンカレーは毎度頂いても飽きがきません。秋らしく、サンマが登場です。右横は胡瓜です。傍らに、時間が経てば経つほど美味しくなると仰る、ライムの漬物、ルヌデヒ Lunu Dehi が添えられています。2年前に漬けたものだそうです。ライムの酸味が口に広がり、その塩梅が堪りません。

豆はカウピ― Cowpea と言われましたので、ささげでしょうか。

スリランカの小魚ハールマッソ(ハールメッソ) Haal Masso(Messo) はオクラと和えられています。

キャベツとじゃが芋や、小松菜、カトレット、ポルサンポーラも並びます。デザートには、ワタラッパン、キリパニの他に、スリランカでタラボーラも買ってきたからと添えて頂きました。チャイも頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


ポルロティ Pol Rotty @ restaurant SRI LANKA スリランカ(大阪市中央区)


空堀商店街のスリランカ料理店「スリランカ」さんで、ライス&カレーの「ラサランカ」を、この日用意されていたマトンでお願いしました。マトン好きには堪らないマトンの味付けです。蓮根や水菜の味と食感も楽しめます。夜遅めで、他にお客さんが居られなかったこともあり、目玉焼きと、ゴーヤもおまけで付けて下さりました。チャイも頂いて、

店主の奥様とお話をしていると、ポルロティ(ココナツのロティ)も始めましたとのことでした。まだお腹に入りそうでしたのでお願いしました。ルヌミリス(唐辛子ペースト)は2種、辛バージョンと激辛バージョンが添えられています。丁度、後から来られたスリランカ人のお客さんも注文されたので、その食べ方を真似しました。結構な量のルヌミリスをつけながら食べておられました。ロティにも青唐辛子が少し練りこまれていますのでそれ自体甘味と辛味が混ざっていますが、一緒に頂く時のロティのココナツの甘味と2種のルヌミリスの辛味の混じり合いの魅力に嵌ってしまいそうです。グレービーも持って来て下さいましたので、そちらにも浸しながら食べてみました。口の中に広がる辛さを鎮めるために、ラッシーも追加でお願いしました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry


バナナのカレー Alu Kesel Curry @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)


店主ニシャンティさんがスリランカへの帰省から戻って来られた後は、しばらくスリランカの食材を使った料理が楽しめる、阪急宝塚線山本駅前のスリランカ料理店「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんです。いつもの様にCセットをチキンカレーでお願いしました。この日は、まずライスにはスリランカの赤米を使われており、敷物がニシャンティさんが隣の畑の方から頂いたという蓮の葉です。調理用バナナのアルケセル Alu Kesel を使った、食感と少し甘味を楽しめるカレーと、そのバナナの皮とスリランカの小魚ハルメッソ Haal Messo を使った他では頂くことの出来ないカレーも登場しました。海老とピーマンの一品もあり、小松菜の緑色も映えます。この日のデザートはキリパニと、甘いココナツの具を米粉のパンケーキで巻いたものでした。ニシャンティさんはフェーンケーキと仰っていたので、巻いたパンケーキという意味なのでしょうが、Wellawahum (Coconut Stuffed Pancakes) がよく似ています。違うのでしょうか、次回にでも尋ねてみましょう。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

 


蛇瓜のカレー @ シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)


阪急宝塚線山本駅近くのスリランカ料理店「シャンティ ランカ Shanthi Lanka」さんでは店主がスリランカへの帰省から戻られた後は、仕入れてこられたスリランカの食材が楽しめます。この日はまずDivul kiri (Wood apple) のジュースをまず供して下さりました。臭いが嫌いな人も居られるかもと仰りましたが、とても飲み口も味も良い飲み物でした。Cセットをチキンカレーでお願いしました。蛇瓜 Pathola (Snake gourd) のカレーも有りました。蛇瓜は日本の畑でも栽培を始めておられるとの事です。スリランカの小魚 Haal messoも登場し、鮫 Mora はじゃが芋と一緒に調理されています。

デザートには四石稗 Kurakkan が使われていました。ココナッツミルクのスリランカのクッキーとワタラッパンと一緒です。キリティも付いています。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka


サイバル キャーマ Saivar cahma @ ヌワラカデ NUWARA KADE (大阪市西区)


とあるお店にダルバートを頂きに伺うと、カウンター席で、しっかりと混ぜて食べておられる方の隣が一つだけ空いていました。これもご縁、前回訪問から少し間があいていたこともあり、その週のうちに「ヌワラカデ NUWARA KADE」さんへ向かいました。以前から気になっていた、「手食の方限定」のサイバル キャーマ Saivar cahma を、ベジでお願いしました。周りが気になり「手食」で頂くのをまだ躊躇してしまう小心者ですが、「手食の方限定」とメニューにも書かれているのが助かります。丁度他のお客様も注文されていました。ライスが炊き立てなのか結構熱く、広げて冷ましながら頂きました。まだまだ「手食」の未熟者です。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ヌワラカデ NUWARA KADE(大阪市西区)」

ヌワラカデ
NUWARA KADE

大阪市西区江之子島1-6-8
https://ja-jp.facebook.com/roddagroup/


海老のホワイトカレー、烏賊のブラックカレー @ スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)


お店のInstagramで、メインのカレーに海老のホワイトカレーと烏賊のブラックカレーを用意しましたとお知らせされていましたので、空堀商店街の「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺いました。折角ですので、ライス&カレーの「ラサランカ」を、海老と烏賊の2つとも付けて、バスマティライスでお願いしました。

烏賊のブラックカレーはスリランカのブラックペッパーが良く効いており、別添えの海老のホワイトカレーは、ココナツミルクの優しい味です。里芋は、スリランカ人のシェフが食べた際に青バナナとそっくりと感じたとのことで、バナナに用いる味付けがされています。パリップは仕上げの時に焦がし玉葱が加えられています。ゴーヤもトマトや玉葱と一緒に良い味を醸し出しています。

この日はデーツと、ワデ Wade も試しに作ってみましたとの事で頂きました。Kadala parippu (Channa dhal) の揚げ物で、スリランカのstreet foodを代表する一つの様です。ビールなどにもよく合いそうです。熱い紅茶と一緒に頂きましたが、この組み合わせもいけます。スリランカをよくご存じの姪御さんも手伝いで居られましたので、ワデの詳しい話などもしっかり伺うことができました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry


チキンビリヤニ @ スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)


大阪地下鉄谷町六丁目駅近くの空堀商店街にある「スリランカ」さんに前回訪問した時に、チキンビリヤニも始められたことを知りました。時を置かず、再訪です。注文が入ってから作るとのことで、20分くらい時間がかかりますとメニューにも書かれています。デーツをまず持って来てくださりました。ビリヤニは、グレービーと共に登場です。上にはパリッと揚げられたチキンが載っています。グレービーを少しずつ混ぜながらいただきましたが、さっぱりとしたライタもあれば申し分ないところです。この時はお店に居られなかった奥様に後日お伺いしたところ、スリランカではライタは付けないとスリランカ人のシェフが言われるのだそうです。何事にも前向きなシェフですので、ライタも付けるようにするかもしれませんとの事でした。

お店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry