ミーンポリチャットゥのスペシャルミールス @ エリックサウス ERICK SOUTH 西天満店(大阪市北区)

「エリックサウス ERICK SOUTH 西天満店」さんの 、1月下旬からのスペシャルメニューは、『ミーンポリチャットゥ Meen Polichatthu のスペシャルミールス』です。魚のバナナリーフ包み焼きには鯖が使われ、ミールスは、サンバル、ラッサム、ダヒと、もう 1種類選択可能でしたのでゴビマサラをお願いしました。3種類の菜食も添えられていました。食後にマドラスコーヒーも頂きました。

エリックサウス ERICK SOUTH 西天満店

大阪市北区西天満 4-1-9 ニュー若松ビル 1F

https://enso.ne.jp/erick-south/nishitenma/
https://twitter.com/ericksouthntm

ポンガル スペシャル サディヤ 2023 @ インダスレイ Indus Ray(神戸市中央区)

Happy Pongal  ! 「インダスレイ Indus Ray」さん、今年もポンガルのお祝い料理を完全予約制で用意されるとのことで伺いました。昨年と同じようなスタイルかと思いきや、バナナリーフの上に順次サーブされるスタイル Sadya でした。1 キャベツチャツネ、2 タマリンドと玉葱のチャツネ、3 4 お祝い仕様のパパド、5 蓮根のパコラ、6 青バナナのバジ、7 ダヒワダ、8 豆とジャガリーを練った餡を衣に包んで揚げたプールナム、9 ポンガル、10 バナナ、11 豆、トマト、ほうれん草カリー、12 茄子カリー、13 タマリンドライス、14 ベジプラオ、15 プーリーが並び、手食で頂きました。食後にはカーピも供されました。

阪急電鉄神戸線花隈駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「インダスレイ Indus Ray(神戸市中央区)」

Indus Ray インダスレイ

神戸市中央区元町通 4丁目 1-4

https://www.indus-ray.net/
https://www.instagram.com/indusray_kobe/
https://ja-jp.facebook.com/Indus-Ray

 

ベジミールス その11 by ハルヒナ スパイス&フード @ サニープレイス 京都 ヴィーガンランチ (京都市左京区)

新年早々、サニープレイス 京都 ヴィーガンランチさんで「ハルヒナ スパイス&フード」さんのベジミールスを頂くことが出来ました。サンバル、人参とキャベツのクートゥ、カーラコランブ、ラッサム、橙のピックル、ビーツのポリヤルが並びました。カーピも頂きました。

Kyoto Art Hostel Kumagusuku さん(2022年まで)や、サニープレイス 京都 ヴィーガンランチさんで頂ける美味しいベジミールスの数々は
→「ハルヒナ スパイス&フード(京都市)」

ハルヒナ スパイス&フード

サニープレイス 京都 ヴィーガンランチ
SUNNY PLACE Kyoto’s Vegan Lunch Restaurant

京都市左京区田中大堰町 168-2

https://www.facebook.com/haruhinaspiceandfood/
https://www.instagram.com/haruhina_spiceandfood/

ティファン by ハルヒナ スパイス&フード @ サニープレイス 京都(京都市左京区)

「ハルヒナ スパイス&フード Haruhina Spice & Food」さんが、サニープレイス京都さんで、インドの軽食と飲み物を用意して今年の営業を始められましたので伺いました。ティファンのセットは、ワダ、イドゥリ、ココナッツチャトニ、ギーポディ、サンバルの組み合わせでした。南インドのコーヒー、カーピも頂きました。

サニープレイス 京都 ヴィーガンランチさんで頂ける美味しいベジミールスの数々は
→「ハルヒナ スパイス&フード(京都市)」

ハルヒナ スパイス&フード

サニープレイス 京都 ヴィーガンランチ
SUNNY PLACE Kyoto’s Vegan Lunch Restaurant

京都市左京区田中大堰町 168-2

https://www.facebook.com/haruhinaspiceandfood/
https://www.instagram.com/haruhina_spiceandfood/

シュトレン Stollen @ インド家庭料理 vanam(奈良市) @ ネパールのごちそう jujudhau(池田市)

毎年恒例のクリスマス前のお楽しみ、シュトレン Stollen です。今年も「インド家庭料理 vanam ヴァナム」さんと、「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダウ」さんで買い求めました。

まずは「インド家庭料理 vanam ヴァナム」さんの、お洒落な布地に包まれたシュトレン。Spice Stollen と記されている通りの味わいです。「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダウ」さんのシュトレンは贈り物に求められ人も多く、立派な箱入りです。ククリラムとドライフルーツたっぷりが特徴です。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ヴァナム vanam (奈良市矢田原町)」

インド家庭料理 vanam ヴァナム

奈良市矢田原町 743

https://vanam.therestaurant.jp/
https://www.facebook.com/vanamspice/
https://www.instagram.com/vanam_nara/

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町 1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=j

ベジターリーとチャンクラ Chanchra @ インド家庭料理 vanam ヴァナム(奈良市矢田原)

「インド家庭料理 vanam ヴァナム」さんへ伺い、ベジターリー Veg Thali をお願いしました。ターリー皿が新調されています。ベジタブルコフタクリーミーカレー Veg Kofta Butter Masala、旬野菜のベンガル風ダールカレー Vegetable Katti Dal、野菜のかき揚げ Veg Pakoda、大根のサブジ Mooli Sabzi、隼人瓜のディップ Chow Chow Thogayal、マスタードサラダ、パパド、マンゴーピックル、緑豆のココナッツぜんざい Moong Payasam が並びました。ノンベジアラカルトから、店主一押しのチャンクラ Chanchra を鯛の骨があるので手食で、食後にアップルクランブルケーキとチャイも頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ヴァナム vanam (奈良市矢田原町)」

インド家庭料理 vanam ヴァナム

奈良市矢田原町 743

https://vanam.therestaurant.jp/
https://www.facebook.com/vanamspice/
https://www.instagram.com/vanam_nara/

牡蛎ビリヤニ Oyster Biryani @ エリックサウス ERICK SOUTH 西天満店(大阪市北区)

「エリックサウス ERICK SOUTH 西天満店」さんへ伺い、冬季のスペシャルメニュー牡蛎ビリヤニを前菜 3種とラッサム付きセットでお願いしました。前菜 3種はポテトマサラ、スンダル、チキンピックルが並びました。ラッサムも供され、20分ほど炊き上がりに要する牡蛎ビリヤニが登場です、チキングレイビーとライタと一緒に頂きます。食後にマンゴークルフィー、クラブジャムン、マサラチャイもお願いしました。

エリックサウス ERICK SOUTH 西天満店

大阪市北区西天満 4-1-9 ニュー若松ビル 1F

https://enso.ne.jp/erick-south/nishitenma/
https://twitter.com/ericksouthntm

ネパール、インドのお米の閑話 Taichung 65 – Mahsuri – Ponni

事の始まりは Asha さん @ashachankaeru が投稿された Japonica Rice(Tai chin Rice)の写真です。Tai chin Rice とは何ぞやと、その筋の方で話が盛り上がり、ネパールで古くからある一般的なお米の銘柄 マスリ Masuli (or Mahsuri) が、タミルのミールス米として食べられているポンニ Ponni と同じ交配種ではないかというところまで話が続きました。

1929年ジャポニカ米同士を掛け合わせ台湾の気候に合うように作られた「台中65号」、インドに渡り日印型品種交配計画で交配により新たな品種を目指すも芽が出ず、コロンボ計画のもとマレーシアへ渡った日本人研究者によって改良が加えられ「Mahsuri(Masuli)」が1965年に誕生。Mahsuri は 1970年代初めにはネパールやインドでも栽培されるようになりました。当時からインドでは Ponni とも呼ばれていた様です。南インド料理で頂く機会もあるポンニ米、起源の一部はジャポニカ米です。

マスリとポンニは同じものか、 web を彷徨ってみました。

「さかのぼるとMasuli米はインドで交配された」とアジアハンター小林さんがお示し頂いた、山川寛他「マレイシアにおける二期作用水稲品種、マリンジヤ、マスリ、バハギヤの育成に関する研究」熱帯農業 21 (1) : 40-42, 1977 には

マリンジヤ、マスリの育種材料は、FAO の日印型品種交配計画 (Indica-Japonica Hybridization Programme) によりインドで交配された組み合わせで、(中略)マスリは育成当初いもち病抵抗性に弱点がみとめられたことから、抵抗性遺伝因子の導入を戻交雑によって試み、いわゆる”改良マスリ”を得た。

と記され、組み合わせは (Mayang Ebos 80 × Taichumg 65 (台中65号)) × Mayang Ebos 80 と表記されています。Mayang Ebos 80 と Taichumg 65 を交配させたものに、さらに Mayang Ebos 80 を戻し交配させることにより、日本人の研究者が中心となってマレーシアで開発し、1965年1月に発表したものです。

Wikipedia などでは、Ponni rice は、1986年に Tamil Nadu Agricultural University で開発されたというのが定説の様に記されています。ポンニがマスリと別の交配方法を経て同大学で完成されたものであれば、両者は別物という事になります。

White ponni の Parentage については EXPERT SYSTEM FOR PADD の Paddy Varieties of Tamil Nadu に、Taichung 65/2/Mayang Ebos-80 と記されています。他には Taichung 65/Mayang Ebos-80/2 と表記されているものもあり、どのようにこの2種が実際に Tamil Nadu Agricultural University で交配、開発されたかを調べようとしましたが、辿り着くことが出来ません。

The International Rice Research Institute 1972 による『rice bleeding』には

The Japanese during the war introduced Bir-me-fen from Taiwan (called Pebifun in Malaya) in Province Wellesley. After the war the japonica x indica selection work in the FAO project, intensively carried out with the help of Japanese breeders, resulted in the release of Malinja and Mashuri for the second crop area. Mashuri is now being grown in Andhra Pradesh in India.  

と記され、Mashuri は 1972年には既にインド(少なくともアンドラプラデシュ州)で栽培されていた事になります。

RICE BREEDER の MILESTONE OF RICE VARIETIES IN TAMIL NADU の項目にも、

POPULAR INTRODUCTIONS IN TAMIL NADU
Ponni – Mahsuri (1972) Fine grain

と、1972年には Ponni – Mahsuri が既にタミルナドゥ州に導入されていたことを示しています。この表記を見ると、Ponni イコール Mahsuri と捉えることもできます。

International Rice Research Institute (IRRI) が刊行するニュースレターの、1978年の”Development and Evaluation of Derivatives of Mahsuri (Ponni) ” には、

Mahsuri is grown on 50 to 60% of the paddy land during the monsoon season (Aug.-Sept. to Feb.) in Pondicherry state and in South Arcot, North Arcot, Chinglepet, and Tanjor districts of Tamil Nadu.  Mahsuri (renamed as Ponni in this region) is popular with farmers because of its fine grain and its medium growth duration that facilitates culture in the late monsoon season.
と、タミルナドゥのこの地域で Mahsuri が Ponni に名前が変わったと記されています。
アジアハンター小林さんに着目していただいた、Mahsuri の Parentage  Mayang Ebos 80*2/Taichung 65 であることも記していた記事は

→「ダルバートのバートはバスマティ米という意味ではありません」

おまけの写真は西日本の田んぼで作付けされている、高温登熱性に優れ、良食味・多収、縞葉枯病に抵抗性で穂いもちにも強い「恋の予感」です。

 

 

 

ウップマドーサ Upma Dosa @ インダスレイ Indus Ray(神戸市中央区)

「インダスレイ Indus Ray」さんへ伺い、メニューブックに「セモリナとナッツとギーがたっぷりの南インドの定番朝食ウップマをドーサで包んだ南インドのおかん飯です!」と紹介されているウップマドーサ Upma Dosa をお願いしました。ドラムスティック入りのサンバル、ココナッツチャトニ、生姜のチャトニ、トマトのチャトニが添えられています。メニューには載っていませんがこの日もマドラスコーヒーも頂きました。

阪急電鉄神戸線花隈駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「インダスレイ Indus Ray(神戸市中央区)」

Indus Ray インダスレイ

神戸市中央区元町通 4丁目 1-4

https://www.indus-ray.net/
https://www.instagram.com/indusray_kobe/
https://ja-jp.facebook.com/Indus-Ray

ベジミールス その10 by ハルヒナ スパイス&フード @ クマグスク kumagusuku(京都市中京区)

水曜日に kumagusuku さんで頂ける「ハルヒナ スパイス&フード」さんのベジミールスです。南瓜、大根入りのサンバル、コランブ、モールコランブ、アッパラム、冬瓜、黄人参、コリンキー、青バナナ、ココナッツのアビヤル、ビーツのポリヤル、青マンゴーのピックルが並びました。追加でカーピも頂きました。

クマグスク kumagusuku さんや、サニープレイス 京都 ヴィーガンランチさんで頂ける美味しいベジミールスの数々は
→「ハルヒナ スパイス&フード(京都市)」

ハルヒナ スパイス&フード

kumagusuku
京都市中京区壬生馬場町 37-3

https://www.facebook.com/haruhinaspiceandfood/
https://www.instagram.com/haruhina_spiceandfood/