ムスロとムングダルのダルバート @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さんへ、告知されていたマサラフライフィッシュを楽しみに伺いましたが既に売り切れていました。ダルバートをお願いしました。この日のダルは、ムスロとムングのシンプルな仕様、じゃが芋、胡瓜、辛さ増しのチャツネが添えられています。チヤも頂きました。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

ポークコラプリ Pork Kolhapuri @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さんで、この日の日替わりカリーの中からポークコラプリ Pork Kolhapuri をチャパティ付きでお願いしました。ダルバートと共通の、トマトと胡瓜のサラダ、アルジラ、辛さ増しのチャツネ、パパドゥが添えられています。チヤも頂きました。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

山羊肉のごちそうプレート @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さん、沖縄から仕入れた山羊肉で「山羊肉のごちそうプレート」を用意されるとのことで伺いました。バスマティライスでお願いし、ダルも追加注文しダルバート仕様で頂きました。骨付き山羊肉のスープカリー Nepali local style bakra (bakhra) ko jhol は店主の畑で採れたモロッコインゲン入り、皮付き山羊肉のスパイス炒め Bhuteko bakra ko masu、胡瓜とトマトの和え物、じゃが芋のクミン炒め、チャツネ、店主ラワットさんが酸味が強くならない様に漬けた自家製の अमलाको अचार アマラコアチャール Amala ko Achar (アムラコアチャール Amla ko Achar)が並びます。ダルはマス、ムスロ、ムング、チャナ、ラジマが使われていそうです。チヤも頂きました。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

マトンのブタン Bhutan @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さん、北海道からの羊を仕入れ各種メニューを提供されましたが、今回初めてブタン Bhutan も用意されました。ダルバートもお願いしました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナ、シミ、ラジマ、粒は残っていませんがボリのミックスの様です。胡瓜と玉葱のアチャール、サグブテコが添えらえています。チヤも追加で頂きました。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

パニールコラプリ Paneer Kolhapuri @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さん、三田村邦彦さんと小塚舞子さん効果もあり大盛況です。当初はダルバート目当てでしたが、『ネパール食堂で頂くインドカリー』最近はインド各地のカリーが楽しみです。この日は 4種類の日替わりカリーの中から、「インドのカッテージチーズ:パニールの辛口カレーです。グリーンピース、そら豆入り。」と注釈付きの、マハラシュトラ州コラプールの名前を冠したパニールコラプリपनीर कोल्हापुरी Paneer Kolhapuri をチャパティ付きでお願いしました。ダルバートと共通のカリフラワーとキャベツのタルカリ、ジラアル、辛さ増しのチャツネも添えられています。ランチタイムにはチヤも付きます。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

ポークミントマサラとタンドールロティ @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さん、ダルバートと共に 3~4種類くらいの日替わりカリーがメニューです。今までにありがちなインネパ店の日替わりカリーとは趣が異なります。この日は、ポークミントマサラを選び、タンドールロティを焼いてもらいました。ナンやチャパティも選択可能です。ダルバートと共通のピーナッツサデコとアルジラ、辛さ増し用のチャツネが添えられています。

2022年5月14日午後6時30分から放映の、TVO テレビ大阪『おとな旅あるき旅』でお店が紹介される様です。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

Happy Nepali New Year 2079 @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

ビクラム暦 2079年のネパールの新年にあたる 4月14日に「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さんでも、『1日だけの特別メニュー』いつもより少し豪華なダルバートを用意され、お祝いをされました。ダルはメニューには 5種類の豆と記されていますが、マス、ムスロ、ムング、チャナ、ケラウ、ワッタナ(Vatana、白えんどう豆)、ラジマ、セトシミなどもっと多くの種類が使われていそうです。チキンカリーはジョルタイプのククラコマス仕様と、ドライタイプのブテコマス仕様が並びました。小魚と店主の畑で採れた大根のアチャール、シドラマチャラムラコアチャール、じゃが芋のクミン炒めジラアル、セルロティも添えられています。この日はラッシー付きでした。また鴨肉のチョイラを辛いバージョンと辛くないバージョンの 2種類作ったとのことで、辛くないバージョンを追加でお願いしました。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

 

鴨肉のチョイラ @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さんへ伺うと、鴨肉のチョイラの用意があるとのことで頂くことにし、ダルバートと日替わりカレーの中からアルタマチャウラを追加でお願いしました。ダルに使われる豆の種類が増え続けています。この日は恐らく、マス、ムスロ、ムング、チャナ、ケラウ、ラジマ、セトシミの 7種類と思われます。アルタマチャウラ(アルタマボリ)は大きなブロックの筍が使われ、ラジマも加わるのが店主ラワットさんの定番の様です。アルジラとサグブテコ、辛さ増し用のアチャールが添えられています。ランチタイムにはチヤも添えられます。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

 

 

ポークサーグワラ Pork Saagwala @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さんのダルバートと日替わりカレーの 2本立てメニューのうち、3種類の日替わりカレーの一つ、ポークサーグワラ Pork Saagwala を頂きました。ライス、ナン、チャパティ、タンドールロティからチャパティを選びました。副菜はダルバートと共通で、この日はチキンチョイラと、柔らかい大根の葉炒めムラコサグブテコです。辛さ増しのアチャールも添えられます。チキンカバブ 2P付きのカバブセットでお願いしました。ランチタイムはチヤが付きます。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja

赤インゲン豆と長芋のカリーとダルバート @ ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL(茨木市)

「ネパール食堂 バルピパル BARPIPAL」さんでは、ダルバートに日替わりカレーを追加することが出来ます。ある日の 3種類の日替わりカレーの一つがラジマ(赤インゲン豆)と長芋 Rajma ra Tarul ko Tarkari でしたのでお願いしました。開店当初は単一の豆のダルでしたが、最近はもっぱらミックスダルです。この日は、マス、ムスロ、ムング、チャナ、ボリ、ラジマが使われていた様です。2種類の発芽ケラウと大根のアチャールには小魚が添えられ、アルジラも並び、ゴルベラコアチャールも供されますが、本日のカレーセットと共通ですので、辛口ソースの位置づけになってきた様です。結構辛く仕上げてあります。『本日のカレー』の説明に、「カレーは辛くありません。チャツネ(辛口ソース)を別添えしています。」と記されています。ランチタイムにはチヤも付きます。

他のお客さんも帰られた後でしたので少し店主ラワットさんとお話ししました。日替わりカレーは、「カレー」を求めて来られるお客さんのニーズに合わせた、満足して頂ける味付けの方向性の様です。「カレーは辛くありません。」と記されているものの、ラジマタルールは刺激的な味わいでした。ダルの味付けも同じ方向性の様に感じます。

阪急京都線茨木市駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バルピパル BARPIPAL ネパール食堂(茨木市)」

ネパール食堂 バルピパル
BARPIPAL

茨木市元町 8-17

https://www.instagram.com/_barpipal_/?hl=ja