マッチプレー

久しぶりに倶楽部 4大競技の予選を通過し、勇んで出かけたマッチプレーでした。勝ったと思った時が負けた時です。精神面の鍛錬がまだまだ必要です。

3 up で迎えた左ドッグレグの Par 5 の 2打目、フェアウェイ左側からそれまで好調の 3w を気持ちよく振りぬいたはずが 少し引っ掛かり、左からフェアウェイの上まで伸びた枝に触れてトラブルです。7I か 8I でフェアウェイ右側に向けて刻むという冷静さを失っていました。

Jason Pierre-Paul ジェイソン ピエール ポール の2つめの Super Bowl Ring スーパーボウルリング

2月7日に行われた NFL Super Bowl LV 第55回 スーパーボウルで、Tampa Bay Buccaneers タンパベイバッカニアーズが2度目の優勝を果たしました。QB の Tom Brady トム ブレイディが移籍 1年目で、通算 7回目の優勝を飾ったことばかりが注目されますが、その昔息子が夢中だった DE、LB の Jason Pierre-Paul ジェイソン・ピエール・ポールにとっても 9年ぶり 2度目の優勝です。

彼に注目した 2月3日付けの REUTERS の記事「Bucs’ Jason Pierre-Paul overcame a double dose of adversity」

Either of those injuries could have been career-ending, but the 32-year-old Pierre-Paul made it through both doses of adversity and is one of the top defensive players on a Tampa Bay squad that will battle the powerful Kansas City Chiefs in Sunday’s Super Bowl.

と記されているように、ピエール・ポールは 2015年7月4日に独立記念日を祝う花火で右人差し指を切断し他の2本の指も一部を失い、2019年5月には車の単独事故で頸椎骨折を負うという、選手生命の危機に 2度も遭遇しました。

2010年 1巡目で New York Giants ニューヨークジャイアンツに指名され、2011年シーズンのスーパーボウル制覇に貢献し、Eli Manning イーライ マニングと共にチームの顔であった彼が Tampa Bay Buccaneers にトレードされたのが 2018年でした。

今回のスーパーボウル直前の Injury Reports でも、膝の故障で水曜日と金曜日には練習に参加せず心配されていましたが、無事先発出場を果たしました。結果、2つ目のスーパーボウルリングを手にすることになりました。

ソロタックルが 3つと パスディフェンス が 1つのみに終わり、QB サックを 2つ決めた Greenbay Packers グリーンベイ パッカーズ戦ほどの活躍は、数字の上では見ることができませんでしたが、専門家はしっかり見ています。2月8日付けの USA Today の「Shaquil Barrett, Jason Pierre-Paul, two steps and the play that turned Super Bowl LV」の記事で、

Both Barrett and Pierre-Paul beat their blockers, forcing Mahomes outside the pocket and out of the camera view for a moment. Forced to yet again run for his life, the quarterback eventually runs out of time and options, lofting a throw towards the sideline and away from any available receiver.

と、バレット と ピエールポール のパスラッシャーの 2人の、第2クオーター終盤のプレーを動画付きで褒め称え、

But what is so beautiful about this play from the two Buccaneers defenders is how they implement the same pass-rushing move in concert. The dance of the pass rusher can be a wonderful, artistic thing when executed at a high level, and that is what Barrett and Pierre-Paul do on this snap. Each releases off the line and threatens the right shoulder of the nearest blocker. Then, simultaneously, each explodes off his left foot and onto his right, meaning Barrett now angles to the inside of the right tackle while Pierre-Paul cuts to the outside of the left guard. Both tackle and guard are left grasping at air, while the two defenders continue unabated toward the QB:

と、この 2人の動きを詳細に解説しています。

 

 

開幕後1勝7敗からまさかのプレーオフ出場の可能性 New York Giants NFL

今年の NFL、NFC-East の New York Giants は開幕から連敗を重ね、シーズンの半分が終了した時点で、★★★★★☆★★、1勝7敗とここ数年の様に低迷していました。来年のドラフトの選択順位が早くなることだけが楽しみになっていました。

しかし、その後 Week 12 の Cincinnati Bengals 戦まで 3連勝、Week 13 は NFC-West で首位の Seattle Seahawks 戦でした。エース QB Daniel Jones を負傷で欠き、バックアップ QB のベテラン Colt McCoy に託しましたが、まさかの 17-12 で勝利。★★★★★☆★★☆☆☆☆、ついに5勝7敗で Division の首位に躍り出てしまいました。地区優勝、プレーオフ進出の望みも出てきました。

当面のライバルとなる Washington Football Team が、こちらもバックアップ QB のベテラン Alex Smith の活躍で、開幕 11連勝の Pittsburgh Steelers を破る大番狂わせを演じ、5勝7敗となったのは計算外でした。

このコロナ禍の状況下、接触の激しいスポーツの興行を続けるのもアメリカならです。新型コロナ感染症プロトコル NFL-NFLPA COVID-19 protocols を定め、チーム、選手に遵守を求めています。

During this unprecedented year, the NFL distributed a consolidated set of the NFL-NFLPA COVID-19 protocols for the 2020 regular season that prioritize mitigating risk for players, staff, media, and everyone involved with the game.

Week 12 の Denver Broncos の様に、このプロトコルに従い、ロースターの QB 全員が出場できないという事態も生じています。チームは急遽 practice squad から WR の Kendall Hinton を昇格させ、QB としての十分な練習もままならないまま NFL デビューさせる大胆な対応をとり話題になりました。New Orleans Saints  に3 対 31 で惨敗でしたが、Denver Broncos の公式 Twitter は彼を讃えています。

There was a game today.   The final score is what it is.   Undrafted rookie WIDE RECEIVER @Kendall_Hinton2 came off the practice squad, had zero practice reps and competed in his first NFL game as the Broncos’ QUARTERBACK—an unprecedented situation.   He deserves all the respect.

 

日本選手の大リーグでの初ホームラン

2020年8月10日、大谷翔平選手が今季第 4号のホームランを放ち、日本選手通算ホームランは 600本となったそうです。

よく知られたクイズに、「メジャーリーグで初めてホームランを打った日本選手は誰でしょう。」というのがあります。イチロー選手や松井秀喜選手では無く、野茂英雄投手です。そのホームランを運よくドジャーズスタジアムで見ることができました。時は 1998年4月28日、対戦相手は Milwaukee Brewers です。

Dodgers の先発メンバーは、打撃順に Young 2B、Hollandsworth CF、Piazza C、Zeile 3B、Mondesi RF、Karros 1B、Luke LF、Vizcaino SS、Nomo P でした。

B 0 1 0 0 0 0 0 0 2 3
D 0 0 0 0 0 0 6 0 X 6

7回裏 1アウトランナー無し、初球を打ったそのボールは我々の目の前を通って、レフトスタンドと 3塁側スタンドの間に吸い込まれていきました。投げてはヒット 3本、失点 3、自責点 3、奪三振 11で 9回を完投し、シーズン 2勝目をあげました。

写真は 1996年9月12日、この年の 15勝目をあげた試合前に投球練習する様子です。丁度この場所にホームランボールが飛んでいったのでした。

NFL ドラフト 2018 ニューヨークジャイアンツ

2012年のNFLドラフト1巡目全体32位でNY Giants ニューヨークジャイアンツの指名を受けたのがDavid Wilson、ポジションはRBランニングバックでした。開幕戦で痛恨のファンブルを犯し、翌2013年には首に故障を抱え、2014年に手術、そのまま引退しました。以降、RB陣は精彩を欠き、レッドゾーンオフェンスに問題を抱えたままチームは低迷期に入ってしまいました。昨シーズンはついにEli Manningの連続先発出場も途切れ、チームも3勝13敗、今ドラフト全体指名順位2位ということもあり、当初はQBクォーターバック指名も当然かと思われていました。しかしGM Gettlemanの意向は、来年もQBはEli Manning、ドラフトはそれを支える素材の補強ということが分かると、mock draftでもRBランニングバックSaquon Barkleyの指名の予想が増えました。残された興味は、trade downして他の指名権を得る策に出るか位でした。蓋を開けると、trade downはせずに全体2位でSaquon Barkleyを指名するという、順当な指名に終わりました。この辺りの事情は、ESPNの「New York Giants’ 2018 draft: Analysis for every pick」がよく解説しています。

No trade:
The Giants knew they wanted Barkley. They weren’t even going to contemplate risking the chance to land what they considered “the unanimous best player in the draft.” When they knew he was there at No. 2, the room exploded and they all slapped hands. There was no serious talk of a trade. The Giants had such a strong conviction on Barkley that Gettleman told them not to even field calls for the pick. “They took Mayfield, we were taking Barkley. End of decision,” he said.

Giants’ future at QB:
The Giants are all-in on Eli Manning. That much is clear. Gettleman said the long-term plan is that “[Manning’s] gonna play.” The GM told everyone to stop worrying about age, before comparing Manning to players such as Tom Brady and Julius Peppers. Gettleman said, “Some guys are just freaks.” Clearly, the Giants aren’t as concerned about their long-term future at the game’s most important position as most outside their building. They also liked what they saw from last year’s third-round pick, Davis Webb, although it remains unclear where he stands in the future plans other than as a contingency plan for Manning.

2巡目全体34位で、ランニングゲームの手助けとすべく、左右どちらかのGuardを任せることの出来るWill Hernandezを指名し、3巡目全体66位でOutside LinebackerのLorenza Carter、3巡目全体69位でDefensive End かNose Tackleに起用できるB. J. Hillも指名しています。

3月下旬から4月上旬に流れたOdell Beckham Jr. のトレードの噂話もいつの間にか消えていきました。今度は、Erek Flowersのトレードが下位の指名権との交換で行われるかがday 3 の注目です。

大谷翔平選手入団のエンゼルスでの長谷川滋利投手初先発試合 1997年4月5日

大谷翔平選手の入団先がロサンゼルス・エンゼルスに決まったとの報道がMLBの公式siteでもありました。

Ohtani’s agent, Nez Balelo of CAA Baseball, released a statement on Friday revealing that the Japanese two-way phenom has chosen to join the Angels following a wild courtship from all 30 Major League teams. The club will introduce Ohtani during a news conference on Saturday at 3 p.m. PT at Angel Stadium.

私達の世代にとって、アナハイム・エンゼルスの日本人選手と言えば、やはり長谷川滋利投手です。入団会見の様子をLos Angels Timesが伝えています。

The questions continued in typical fashion–some in English, some in Japanese–until someone asked if Hasegawa was familiar with the Angel roster.

“The pitcher is Mickey Mouse,” he said. “And the catcher is Minnie Mouse.”

この一言でエンゼルスファンの心を掴んでしまいました。

1997年4月5日、初先発となる試合の日、仕事を終えて球場アナハイムスタジアムに参じました。

Anaheim Angelsの先発メンバーはErstad 1B, Alicea 2B, Edmonds CF, Salmon RF, Holllins 3B, Anderson LF, Howell DH, Fabregas C, DiSarcina SSで、一方のCleaveland Indiansの先発メンバーはGrissom CF, Vizquel SS, Thome 1B, Williams 3B, Justice LF, Ramirez RF, Franco 2B, Mitchell DH, Alomar Cでした。

AngelsのHowellは1992年~1994年にヤクルト、1995年は巨人に在籍し、1992年にはホームランと打率の2冠となったJack Howellです。Indiansには1995年に千葉ロッテに在籍したJulio Francoがおり、彼は1998年もロッテでプレーしました。また1995年福岡ダイエーにいたKevin Mitchellも先発に名を連ねていました。

試合の方は

C 000 141 010 / 7
A 200 201 000 / 5

長谷川は4回まではまずまずの投球で1失点に抑えていましたが、5回Mitchellにヒット、Alomarにホームランを打たれ、その後も3連打で交代となりました。結局、4回1/3を投げ、ヒット7本、失点5、自責点5、四死球2、三振2で敗戦投手となりました。

西川龍馬選手大活躍で対中日ドラゴンズ戦勝利 広島東洋カープ 2017年5月4日

広島大瀬良投手、中日又吉投手の先発で始まった試合は、3回まで毎回併殺打の拙攻を繰り返し嫌な雰囲気で進みました。4回表にビシエドの犠牲フライ、ゲレーロの本塁打で中日に4点を奪われるも、その裏の攻撃で広島は丸の本塁打、西川、会沢のタイムリーで同点に追いつきます。そこからは、シーソーゲームとなり、8回に西川の同点本塁打、新井の勝ち越しタイムリーで勝利を引き寄せました。投手陣はぱっとしませんでしたが、大瀬良→中田→薮田→ブレイシア→今村と繋いで何とか凌ぎました。

中日 000 402 100 7
広島 000 411 02X 8

この試合6番サードで先発の西川龍馬が最も輝いていました。第1打席こそエンドランはセカンドライナーに終わりましたが、第2打席は2点タイムリー2塁打、第3打席も糸を引くようなファーストライナー、第4打席は散々ファールで粘った挙句の同点ホームラン。一番タイミングのあった打撃をしていたのがはっきりと分かりました。心配なのは、野間が4回に犠牲フライを許した時の捕球から送球までの動作と、5回、7回の内野の連携です。5回に亀沢に投手内野安打を許した時のファーストベースカバーを菊池が担うのか、やはり安部が担うべきだったのか。7回に大島が2塁打を放った後、本塁送球の間に2~3塁間で挟殺出来そうで出来なかった時の2塁ベースカバーを誰が担うのかなど気になってしまいます。

これで一昨年からの球場で観戦時は広島東洋カープの11勝1敗となりました。

NFL ドラフト 2017

少し前に2014年の映画Draft DayをレンタルDVDで見る機会がありました。NFLファンには堪らない魅力のストーリーでしたが、そのドラフトのシステム自体が良く知られていない日本では当時あまり話題にもならず、上映する映画館も限られていました。今年のNFLのドラフトが始まりましたが、映画のような大きなドラマは起こりませんでした。指名順1位のBrownsは予想通りのDE Myles Garrettの指名で波乱はありませんでした。ただ指名順3位のBearsが指名順2位の49ersと取引を行い、全体2位でQB Mitchell Trubisky を指名しました。

New York Giantsは予想では1巡目にTEかOTを指名する可能性が示唆されていましたが、結局はTEの選択でした。ただMock DraftではDavid Njoku(Miami)が挙げられ、Giantsの順になった時にはまだ残っていたにも拘らず、Evan Engram(Mississippi)をチームは選びました。McAdooの戦略によりフィットすると考えてのドラフトということなのでしょう。2巡目ではDT Dalvin Tomlinson、3巡目ではEli Manning後を見据えてのQB Davis Webb指名となっています。

NFL観戦記 ニューヨークジャイアンツvsワシントンレッドスキンズ 2013

山路哲生審判員の2度の誤審騒動

4月19日の広島東洋カープ対横浜DeNAベイスターズの試合で、山路哲生審判員が行った、内野への打球が1塁へ送球された際の判定が、2度も明らかに誤っていました。不幸なことに、同一チームが不利益となる判定で、抗議した監督の退場と相まって試合を白けさせてしまいました。

日本のプロ野球人気が凋落の一途を辿っている理由の一つが垣間見えました。アメリカの大リーグMLBではReplay Reviewの規則を定め、日本とは違いホームベース上での判定やホームラン性の飛球以外でもビデオによるリプレイ検証を求める権利を与えて運用しています。絶大な人気を誇るアメフトNFLではもっと以前からこのReplay Reviwの制度が確立し、競技の公正性を担保しており、ESPNの解説によると2017年シーズンからはさらに進歩させています。錦織選手の活躍で日本でもよく放映されるようになったテニスツアーATPでも、チャレンジシステムは設備の進歩とともにしっかりと機能しています。このご時世、twitterなどで瞬時に誤審映像が拡散されてしまっています。ファンの誰もが「事実」を見ています。経費が掛かるからと何時までも対応しない日本野球機構NPBは、無策のそしりを免れません。審判員もミスは犯します。ミスを犯すことを前提の対策をとるのが危機管理の基本です。危機管理の概念の欠片も持ち合わせていない日本野球機構NPBが興行主では、審判員、選手、ファンが気の毒です。

試合後に山路審判員が取材に応じたと報道にあります。報道陣も同審判員がどのように判定を下しているのかを技術論に踏み込んで詳しく聞いて欲しいものです。野球少年だった小学生か中学生の頃に読んだ本では、「1塁での判定はボールの捕球とベース上を同時に見ようとすると誤りが生じ易い。眼はしっかりとベース上に注ぎ、打者走者と1塁手の蝕塁を見ておき、耳でボールが1塁手のミットに収まる音を聴いて、打者の蝕塁と捕球音のどちらが早いかで判定するのが基本」との主旨が書かれていました。すごく合理的なことが書かれていると感じ、自身もその方法を実践していました。山路審判員がどのような方法でジャッジを下せば、あれほどミスを繰り返せるのかとても興味がありますが、一切報道されることがありません。

広島東洋カープ対東京ヤクルトスワローズ@マツダスタジアム