Dum Ka Murgh @ KTM-BKK (Thai Airways)


2017年夏のネパール旅行の最後の記事になります。

カトマンズKTMからバンコクBKKへの帰路、往路と異なり、東へ針路がとられました。何とかヒマラヤ山脈の一部でも見えないか目を凝らしていたところ、わずかに垣間見ることができました。機内食の前菜です。メインはDum Ka Murge (Chicken Marinated with Yoghurt Cream)、Kesar Pulao (Basmati Rice with Saffran)、Aloo Beans Adraki (French Beans and Potatoes with Ginger)でお願いしました。デザートも頂きました。2018年夏のカトマンズ~バンコク線 KTM-BKKの機内食であることに気が付き、乗務員と話をしたのですが、比較のために2017年の同路線の機内食の登場です。


Toran トラン Dwarika’s Hotel ドゥワリカズホテル (Kathmandu)


午後にいったんホテルに戻ってゆっくりする毎日になりました。その頃には、夜中から降り続いた雨もいったん上がっています。Dwarika’s Hotel ドゥワリカズホテルAll day lounging & informal diningのToran トランの中庭に設えられた席で、ゆっくりとチヤを楽しみました。食事も頂けますが、残念ながら機会がありませんでした。最初にNepalese Teaかと尋ねられた後は、覚えてもらえた様です。以降はチヤと言えば、それだけでスパイスの効いたチヤが出てきました。

朝食にはbuffetも用意されていますが、コーヒーだけを飲みたいと2度伺いました。チェックをお願いするとcomlimentaryと言われ、ホテルのホスピタリティを垣間見ました。

Fusion Bar – Dwarika’s Hotel

http://www.dwarikas.com/


Fusion Bar フュージョンバー Dwarika’s Hotel ドゥワリカズホテル(Kathmandu)


雨季のためか、Dwarika’s Hotelドゥワリカホテル内にはお客さんも少なく、落ち着いた佇まいです。中庭に素敵なバーFusion Barフュージョンが有りました。店内も落ち着いた造りで、静かにカクテルを頂きました。まずはモヒート、ホテルの名を冠したDwarikas Himalayan Princessもお願いしました。建物はプールにも面しています。

Fusion Bar – Dwarika’s Hotel

http://www.dwarikas.com/


JIMBU Thakali ジンブー・タカリ Capital Grill Restaurant & Bar (Kathmandu)


お客さんが観光客ではなく、地元の人ばかりのはずのThamelタメル地区以外のお店のダルバートはどの様なものか興味があり、タクシーで移動してみました。道路沿いの小奇麗なレストラン、JIMBU Thakaliです。Capital Grill Restaurant & Barとも表記され、ネパール料理だけでなく、色々な種類の食事が頂けるお店でした。JIMBU Thakali Setをマトンでお願いしました。店主らしき人がきちんと目配りしてホール係の若者に指示しており、先ほどの某店とは違いました。

外はすっかり暗くなっていましたが、帰りはホテルまで道沿いのお店を覗きながら歩いてみることにしました。狭い間口の小さなお店が多く、雑貨や食料品を売っていたり、食事を供していたりと、地元の人の生活を少しだけ伺い知ることが出来ます。

JIMBU Thakali
Catital Grill Restaurant & Bar


Muktinath Thakali Kitchen ムクティナート・タカリ・キッチン (Kathmandu)


Kathmandu滞在4日目の夕食はまたまたダルバートを頂きに、Muktinath Thakali Kitchen ムクティナート・タカリ・キッチンに伺いました。移転したのか、ガイドブックに書かれている様な場所ではなく、道に面した建物の2階にお店はあり、店内は比較的新しい造りでした。一番副菜の多いSpecial Muktinath Thali Setをお願いしました。魚のカレーが供され、もう一つマトンかチキンの選択でした。まだ時間が早くお客さんも少なかったせいか、ホール係りの若者たちが厨房から死角の店の隅のテーブルに座り込み、スマホばかりいじっていたのは印象が良くありません。

Muktinath Thakali Kitchen
ムクティナート・タカリ・キッチン


Thakali Bhanchha Ghar タカリ・バンチャ・ガー (Kathmandu)


Kathmanduカトマンズ滞在4日目、午前中のKirtipurキルティプル観光からひとまずThamelタメル地区まで戻り、お昼ご飯です。ダルバートを頂くべくThakali Bhanchha Gharタカリ・バンチャ・ガーを訪れました。メニューの中からSpecial Set Thakali Thaliをお願いしました。魚の揚げ物も供されます。あまり街中では出会わなかった日本人も、このお店の中では他に3組見かけました。さすがに日本のガイドブックに必ず登場する有名店です。

Thakali Bhanchha Ghar
タカリ・バンチャ・ガー


Newa Lahana ネワラハナ (Kirtipur)


Kirtipurでのもう一つのお目当ては、ネワール料理Newari Cuisineで有名なNewa Lahanaネワラハナです。地域のコミニュティーによって運営されている料理店とのことです。10時開店とありましたので丁度の時間にお店に入りました。先客の若者2人が既に寝そべって寛いでいました。自分でゴザを広げ座る場所を作りました。待てども暮らせども注文さえとってくれません。お店の男性に声を掛けても、メニューは渡してくれますが、担当ではないからと無視されます。30分位経ってようやく担当らしき女性が登場し、オーダーが通りました。その際、その女性が言うには「このお店は10時開店。」そのころにようやく数人でゴザを改めてセッティングし始めました。そこからまた延々と時間が経過します。さらに40分余り経って、ようやくお目当てのサマエバジBuff Samayabajeの登場です。ドライバーさんとの約束の時間が既に過ぎています。少し口にしてお店を出ました。Kirtipurに一泊して、時間を気にせずに訪れるべきお店です。


Kirtipur キルティプル 世界遺産 Kathmandu Valley


Bagmati Riverの側のJal Binayak Templeを後にして、Kathmandu 方面に少し戻り、左に折れて山の上にある街Kirtipurを目指しました。Tourist Informationで、入場料を支払います。

小さな街の中心にはBagh Bhairav Mandirバグバイラヴ寺院があり

西の端にはUma Maheshwar Mandirウママヘシュワール寺院があります。

寺院から見下ろすと小さな山の上に広がる街というのが分かります。

少し広場の様なスペースがあったり、Kirtipur素敵な路地があったりします。観光客には殆どすれ違うこともなく、静かな時間が流れている街でした。


Bagmati River バグマティ川とJal Binayak Temple ジャルビナヤク寺院


ネパール4日目はKirtipurキルティプルへ出かけることにしました。前日のうちにAmritさんと話をして、ドライバーさんだけで連れて行ってもらうことになり、8時にホテルでピックアップです。往路、ある寺院に寄って行こうと提案されました。Bagmati River バグマティ川の川岸にあるJal Binayak Temple ジャルビナヤク寺院です。吊り橋から川の流れを見下ろすことが出来ます。雨季の川の流量は多く、岩にぶつかり飛沫をあげています。川のすぐ横、写真のほぼ中央やや右に祠の様なものがあり、傍まで降りて行けます。ひっそりとJal Binayak Temple ジャルビナヤク寺院が佇んでいます。ここも地震の影響で補修中でした。この寺院の建物の柱は、Khajurahoカジュラホの寺院でみられる様な彫刻で飾られています。Lonely Planetでの説明では

Built in 1602, Jal Binayak Temple is one of the valley’s most important Ganesh shrines. The temple’s three-tiered roof struts depict eight Bhairabs and the eight Ashta Matrikas (Mother Goddesses) with whom Ganesh often appears.

全く記憶がなかったのですが、30年前にも自転車で訪れ写真を撮っていました。その時は乾季で川の流量も少なく、川岸の大きな岩も露出しています。


Harati Newari Restaurant ハラティネワリレストラン (Naya Bazaar) Kathmandu


ネパール3日目の夕食は、美味しいネワール料理Newari Cuisineが頂けると聞いていた、Naya BazaarにあるHarati Newari Restaurant ハラティネワリレストランを訪れました。テーブルに着こうと店員さんに尋ねましたが、英語も通じなさそうでした。近くのテーブルのお客さんが構わないから座れと合図して下さいました。観光客らしき人はおらず、ほぼ地元の人の様でした。メニューを見ても、英語表記もありません。地元のレストランという感じで期待も高まります。さて何からどう注文したものかと考えていると、お店のオーナー、ラムさんがテーブルに来られ話しかけてこられました。日本に滞在されていたこともあるようで、日本語が堪能です。マラソンで諸外国の大会に参加されているようで、名刺もマラソン仕様です。まずはビールとカジャセットをお願いしました。カジャセットの中で、このお店ならではの一品が、スプーンの先、茶色に見える生肉、Kachilaカチラです。日本におられるネパールの方々も、他のお店のカチラは安心できないと仰ります。

店主お薦めのJibhroも頂きました。舌タンです。

Chatamariチャタマリも是非食べるようにとのことでしたので、これも頂きました。

ロキシーと一緒に頂きたいと思いましたが、ロキシーやチャンはこの様なお店では供することが出来ないとの話もお聞きしました。帰りはタメルまで散策しました。

Harati Newari Restaurant

Naya bazaar Marg, Kathmandu

https://www.facebook.com/Harati-Newari-Restaurant-156728627840315/