マトンホルモン @ ターメリック Turmeric (西宮市甲子園口)

週末のランチタイムのみのダルバート Dal bhat を頂きに「ターメリック Turmeric」さんを訪れました。マスはマトンが好評で土曜日で売り切れてしまったとのことで、マトンホルモンでお願いしました。トマトと玉葱と一緒の Fry です。ポークも少し味見させていただきました。共にご飯(バート)によく合います。キランさんお薦めの Puskar Sekuwa Corner の Tauko Fry が、昔はトマトや玉葱と一緒に調理されて美味しかったという話をされていたのを思い出しました。ダルは、マスとチャナのミックス、タルカリは、蕪、じゃが芋、豆、サグは小松菜とほうれん草、オクラ、じゃが芋、えんどう豆のアチャール、トマトとグンドゥルックのアチャールと並びます。この日はグンドゥルックコジョルが添えられました。

ハルワバルフィとチヤも追加で頂きました。ターメリックさんで頂ける美味しいネパール料理の数々は
→「ターメリック Turmeric(西宮市甲子園口)」

ターメリック Turmeric

西宮市甲子園口2-24-28
https://twitter.com/turmericrest1

ヌードルス Noodles @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ヌードルス Noodles の用意が有りますとお店のインスタグラムでお知らせされていましたので、頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺いました。

いくらでも頂くことが出来そうな味付けの麺に、卵とじゃが芋のカリー、ビッタラホディと、ポルサンボーラ、チキンカリーが添えられます。少しずつ混ぜながら味の変化が楽しめます。

この日は2人で訪れましたので、とり軟骨のフライと、ライス&カリーのラサランカもお願いしました。この日の副菜は、水菜のマッルン、ハールメッソと葱とじゃが芋、オクラ、パリップ、ポルサンボーラ、カリフラワーと並び、メインのチキンも盛られています。スリランカの鰹節ウンバラカダ Umbarakada を、ランペ Rampe、カラピンチャ Karapincha とさっと炒めたもの バドウマ Baduma を添えて頂きました。酒のおつまみにも良さそうですし、ライスにもよくあいます。

最後にキリティも頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

マトンニハリ Mutton Nihari @ MOMO’s Cafe & Restaurant (大阪市天王寺区)

大阪上本町駅近くの「MOMO’s Cafe & Restaurant」さんでは、インド料理の他にパキスタン、バングラデシュの料理も頂けるらしいとの話を、とある方の SNS で知りました。早速、伺ってみました。メニューの中から、マトンニハリ Mutton Nihari をお願いしてみました。パロタも頂きます。メニューには魚料理 Fish Dopyyaza や、要予約のマトンカブサ Mutton Kabsa などが載っていますが、それ以外でも、前もってお願いしておけば、各種料理の用意が出来るとのお話でした。最後にサービスでチャイも頂きました。

MOMO’s Cafe & Restaurant

大阪市天王寺区小橋町12-15 1F

 

バトマスサデコ Bhatmas Sadeko @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ネパールと日本のお祭りや行事に因んだ、季節の食材が楽しめる「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんのスペシャルダルバートです。ダルはマスとムスロの定番ですが、隠し味によって毎回異なる味が楽しめます。マスはチキン、ククラコマスです。肉の甘味を感じることが出来る味付けです。タルカリは意外にも初登場の組み合わせ、茄子と大根です。マスと対比して、いつも辛めに仕上げられています。アチャールは3種類で、果物シリーズは蜜柑と自家製のクリームチーズの組み合わせです。野菜本来の味を、複数の胡麻によって引き立たせている、牛蒡のアチャールと、葱のアチャールです。シンプルが故に味の決め所が難しそうですが、ご飯によく合います。バートの左右にはプラウンチップスとサグが添えられ、上にはバトマスサデコ Bhatmas Sadeko (Sandeko) が載っています。もうすぐ節分、節分と言えば大豆、大豆と言えばバトマスサデコということで、普段はカザ Khaja セットに盛られる一品が、ダルバートに登場です。菜の花が美しく咲いている季節ですので、トリコグンドゥルック Tori ko Gundruk(菜の花の乾燥発酵野菜)も用いられ、タンドールで燻られた大豆はサクサク感が楽しめます。ハリヨラスン Hariyo Lasun(大蒜の茎葉)や玉葱も用いられています。デザートはズーズーダゥ、チヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/

ササゲ Kaupi @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)

「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんのライス&カリーを頂きに、今週も伺いました。メインは毎回頂いても飽きの来ないチキンです。この日は豆がササゲ Black-eyed pea で、ニシャンティさんがカウピと言われたので、てっきりCowpea のことかと思いきや、シンハラ語のローマ字表記でも Kaupi の様です。小松菜のマッルン、カトゥレット、長芋、マンゴーのチャトニ、ポルサンボーラ、マッシュルーム、ビーツと並びます。デザートはワタラッパンとキリパニです。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

烏賊カリー @ カラピンチャ Karapincha (神戸市灘区)

珍しく平日の昼に神戸方面に出かける機会があり「カラピンチャ Karapincha」さんに伺い、ライス&カリーを頂きました。烏賊カリーに、海老カリー(小)と、 シンハラアチャールを追加でお願いしました。赤米を副菜が取り囲みます。クレソンと水菜、さつま芋、追加のルヌミリス、レンズ豆、白葱と並びます。キリパニも付いていますが、ワタラッパンとキリティも追加で頂きました。

阪急神戸線王子公園駅近くのお店で頂ける美味しい料理は
→「カラピンチャ Karapincha(神戸市)」

カラピンチャ Karapincha

神戸市灘区王寺町1-2-13
http://karapincha.jp/blog/
https://twitter.com/karapinchajp
https://ja-jp.facebook.com/karapincha.jp/

トマトとグンドゥルックのアチャール @ ターメリック Turmeric (西宮市甲子園口)

週末のダルバートが復活した「ターメリック Turmeric」さんへ、また、マトンカナを頂きに伺いました。ダルはマスとチャナのミックスダルで、副菜とご飯がすすむように少し控えめな味付けです。マスは引き続きブトゥワで、骨付き肉です。タルカリは筍とじゃが芋、寒い日でしたので、アルタマ(じゃが芋と発酵筍のスープ)が添えられています。通常はササゲ(ボリ Bodi)のところ、チャナが加わっていました。サグと、アチャールは2種類、まずはオクラとじゃが芋の組み合わせ。トマトはグンドゥルックと一緒に、ティンムルを効かせて仕上げられています。チヤと、前週より少し甘めの味付けのハルワバルフィ―も頂きました。

ターメリックさんで頂ける美味しいネパール料理の数々は
→「ターメリック Turmeric(西宮市甲子園口)」

ターメリック Turmeric

西宮市甲子園口2-24-28
https://twitter.com/turmericrest1

サゴシのミリスマール @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ライス&カリーの「ラサランカ」を、「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんで頂きました。この日は魚が2種類、ハマチとサゴシの用意があるとのことで、後者でお願いしました。大きな切り身のサゴシのミリスマール、2階で宴があったようで、おこぼれでビッタラホディも添えて下さりました。副菜は水菜のマッルン、ソイミート、パリップ、ポルサンボーラ、ビーツと並びます。セイロンシナモンティーも頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

人参のキラタ @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)

さり気ない副菜一つ一つが美味しい「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんのライス&カリーです。メインはチキンカリーでお願いしました。この日の副菜は、鰹、南瓜、ハールマッソとセロリ、パリップ、蕪、カトゥレット、人参のキラタ、水菜のマッルンと並んでいます。デザートはワタラッパンとキリパニでした。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

骨付き皮付き山羊肉のブトゥワ Khasi ko Bhutuwa @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ(池田市)

「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダウ」さんを訪れると、美味しそうな骨付き皮付き山羊肉が手に入ったのでブトゥワ Khasi ko Bhutuwa も出来ますと勧められ、スペシャルダルバートと一緒に頂く事にしました。ダルは珍しくマスとチャナのミックスですが、工夫を凝らして濃厚な口あたりに仕上げてあります。マスは初登場のミートボールです。チキンとポークにクリームチーズなどが加わり肉の甘さが口に広がります。タルカリはじゃが芋と白いんげん豆と書かれていますが、ささげ Bodi なども使われている様でした。マスと対比するように、こちらは結構辛めの味付けです。アチャールは3種類です。キウイのアチャール、前面に出てくるクリームチーズとの組み合わせは初めてです。小魚のアチャールも、以前とは異なる仕様です。檸檬のアチャールも、毎回、同じ味では登場しません。バートの左右にはプラウンチップスとサグが控え、上には蓮根と隠元のスパイス炒めが載っています。別皿で添えられた、骨付き皮付き山羊肉のブトゥワは、ダルバートのマスとしてもよく合います。この日のデザートは珍しくズーズーダゥではなく、タルトでした。チヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/