Mahabuddha (Mahabouddha) Temple マハブッダ(マハボーダ)寺院 (Patan)

ネパール滞在3日目の午後は、少し暑いくらいのパタン Patan の街中の散策です。まずは通りから路地を入った所にある Mahabuddha (Mahabouddha) Temple マハブッダ(マハボーダ)寺院を訪れます。その通りからの入り口です。入場料を支払います。震災の影響でまだ修復中でした。ご本尊は金色です。あまり記憶にないのですが、撮った写真を見ると31年前にも訪れていました。ECS NEPAL の Alleys Full of Art の記事で、この寺院についての説明を読むことが出来ます。

A five-minute walk north of Rudravarna Mahavihar is the Mahaboudha Temple. It is probably the only Buddhist temple in Nepal to be built in the shikhara style. The temple’s outer walls, which are made from terracotta, are covered in images of the Buddha. It is because of this feature that the temple is also referred to as ‘the temple of 9000 Buddhas’. The temple’s unique style was inspired by the temples of Bodh Gaya in India. It is said that Abhayaraj, the builder of the temple, conceived the idea of Mahadboudha Temple while on pilgrimage in India.

シカラ様式で建てられたネパールで唯一の仏教寺院で、テラコッタの外壁には仏像が彫られ、その数が「the temple of 9000 Buddhas」とも言われる所以です。Abhayarajさんが、インドへの巡礼の際に Bodh Gaya ボードガヤ(ブッダガヤ)の Mahabodhi Temple マハボーディ寺院に触発されて、建立したそうです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換