開高健ルーム @ Hotel Magestic Saigon マジェスティックホテル サイゴン

「Hotel Magestic Saigon マジェスティックホテル サイゴン」にチェックインして部屋に荷物を置くと直ぐに、「開高健ルーム」が空いていれば見学させていただきたい旨をフロントでお願いしてみました。幸いにも宿泊客が無く、案内して下さりました。部屋の前のプレートには 本名の Takeshi ではなく Ken Kaiko と記されています。室内には開高健氏の写真が飾られています。もちろん、当時とベッドの種類や配置も異なり、最近また大きなリノベーションを済ませたばかりとのことです。

Ken (Takeshi) Kaiko’s Room
開高健ルーム
Hotel Majestic Saigon
マジェスティックホテルサイゴン

Rice Field – Homecooked Vietnamese Cuisine (Ho Chi Minh City)

ホーチミン2日目の夜は、マジェスティックホテルから遠くない、「Rice Field」さんを訪れました。少し判りにくい入り口ですので、お店の人が案内に立っていました。通路を奥に進み、階段で2階に上がります。ベトナム焼酎の類は置いていない様で、ベトナムビールをお願いしました。バナナの花のサラダ、チキン添え、Gỏi hoa chuối gà xé、揚げ春巻き Chả giò、ボーラロット Bò lá lốt、バインコット Bánh khọt を頂きました。デザートには、蓮の実 Chè hạt sen củ năng 、コーンのチェー Chè bắp nước cốt dừa を、コーヒー Cà phê sữa nóng と共にお願いしました。

Rice Field
Homecooked Vietnamese Cuisine

75 – 77 Hồ Tùng Mậu street, Bến Nghé Ward,
District 1, Ho Chi Minh City

https://www.facebook.com/ricefieldrestaurant/

Buu Dien Thanh Pho 中央郵便局 Central Post Office(Ho Chi Minh City)

Bưu Diện Thành Phố 中央郵便局 Central Post Office は1886年から1891年にかけて建てられ、内部のアーチ構造が美しい建物です。壁には1892年当時のサイゴンの地図と、ベトナムとカンボジアの通信網が描かれています。一番奥にはHo Chi Minh の肖像画が高く掲げられています。

Bưu Diện Thành Phố
中央郵便局
Central Post Office

サイゴン大教会 Saigon Notre Dame Cathedral (聖母マリア教会)Nha Tho Duc Ba Sai Gon

サイゴン大教会 Saigon Notre Dame Cathedral(聖母マリア教会)Nhà Thờ Đức Bà Sài Gòn は残念ながら改修中で中に入ることは出来ず、外観しか見ることができませんでした。1863年から1880年にかけて建てられたフレンチコロニアル様式の建物の中には、美しいステンドグラスがあるそうです。手前に立つのは、聖母像です。

サイゴン大教会
Saigon Notre Dame Cathedral
聖母マリア教会
Nhà Thờ Đức Bà Sài Gòn

Landmark 81 Skyview ランドマーク 81 展望台 (Ho Chi Minh City)

東南アジアで一番高い 461.3 メートルの建物、Landmark 81 ランドマーク 81 へ出かけました。下層階はショッピングモールになっており、アイススケート場もありました。79 階から81 階が展望台 Skyview になっており、チケットを購入してエレベーターでまず79 階へ上ります。入場料が高価なためか、観光客が殆どいません。遠くサイゴンスカイデッキやマジェスティックホテルが見え、周囲の結構高いはずのコンドミニアム群を見下ろします。新しい地下鉄が建設中で、橋の上は、車とバイクが分離されています。階段で80階、81階へと繋がり、ルーフトップバーとなっている、吹きさらしの風の中、飲食が楽しめる店舗もあります。

Landmark 81 Skyview

720A Điện Biên Phủ, Phường 22, Quận Bình Thạnh

https://www.landmark81skyview.com/homepage

 

Bun Dau Homemade (Ho Chi Minh City)

ホーチミンでもべトナム北部や中部の料理がしっかりいただけます。北部料理の一つ、ブンダウマムトム Bún Đậu Mắm Tôm を目当てに「Bún Đậu Homemade」さんへ伺いました。まずハノイビールの Bia Hà Nội をお願いします。メニューブックには、ベーシックなブンダウマムトムの他に、Bún Đậu Đầy Đủ がセットメニューとして載っていましたので頂く事にしました。追加となる Chả Cốm (Green rice sausage) が Đậu 揚げ豆腐と並び、 もう一つの追加 Thịt Chân Giò Hấp (Steamed pork) も添えられています。Mắm Tôm は、自身で味付けが出来る様に説明書きも用意されています。その為の、砂糖、唐辛子、Kumouat(金柑)がテーブルに置かれ、加えて、混ぜるとお馴染みの見た目と味になります。もう一品、Nem cua bể (Fried crab spring roll) も頂きました。デザートにお願いした、黒米とヨーグルトの Sữa Chua Nếp Cẩm は氷が別添えで登場し、ココナツプリン Pudding dừa は予想とは違う形での提供です。

Bún Đậu Homemade

6 Trương Định, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh

Cho Ben Thanh ベンタイン市場 (Ho Chi Minh City)

ベンタイン市場 Chợ Bến Thành も覘いてみました。中の小さなお店の間の通路は狭く、腕を引っ張ったり、前に立ちはだかったりと、結構強引な商売です。お土産に何か買おうかとも思っていましたが、結局早々に退散しました。

ベンタイン市場
Chợ Bến Thành

 

Bao tang Chung tich chien tranh 戦争証跡博物館 The War Remnants Museum (Ho Chi Minh City)

統一会堂を後にして Bảo tàng Chứng tích chiến tranh 戦争証跡博物館 The War Remnants Museum へ向かいます。前庭にはベトナム戦争当時の戦闘機や戦車などが展示されています。

館内では、1973年にピューリッツァー賞を受賞した有名な写真などの戦争報道写真を集めた、Requiem レクイエムと題した展示が有名です。Christina Schwenkel 著 「The American war in contemporary Vietnam: Transnational Remembrance and Representation」に、1999年にケンタッキーで始まり、ベトナム戦争終結25年目の2000年にハノイ、次いでホーチミンで催される事になった、この展示の経緯が記されています。

On May 5, as part of the ongoing anniversary events, the War Remnants Museum in Ho Chi Minh City opened the exhibit “Requiem – the Vietnam Collection.” This exhibition was based on the 1997 book, Requiem: By the Photographers Who Died in Vietnam and Indochina, edited by Horst Faas and Tim Page, two photo-journalists who had covered the war in Vietnam and who had now returned for the twenty-fifth anniversary, “Requiem – the Vietnam Collection” had been organized and assembled by the Kentucky Requiem Project Steering Committee, chaired by Richard Lennon, a veteran Marin Corps officer who had served in the war in Vietnam in 1968, in collaboration with Horst Faas and the Indochina Photo Requiem Project, Ltd. The exhibit, containing 302 photographs, was first shown at the Kentucky History Center in Frankfort, Kentucky, from October 1 until November 14, 1999, after which it was packed into fourteen crates and flown to Vietnam. Working in conjunction with the Vietnam News Agency and the Vietnam Association of Photographic Artists, the fifteen-person Kentucky Requiem Project Steering Committee secured the necessary financial support to bring the exhibit to Hanoi, where it opened to large crowds on March 10, 2000.

日本人報道カメラマン、石川文洋氏の名前も見つけることができます。ゆかりの品も展示されています。1966年にピューリッツァー賞を受賞した沢田教一氏に関するものもあります。

Bảo tàng Chứng tích chiến tranh
戦争証跡博物館
The War Remnants Museum

 

The exhibit “From Norodom Palace to Independence Palace 1868 – 1966”

統一会堂への入場券を購入する際に、展示「ノロドン宮殿から独立宮殿 1868年から1966年」The exhibit “From Norodom Palace to Independence Palace 1868 – 1966” の入場券も併せて購入しましたので、その建物へ向かいます。この展示はガイドブックにもあまり載っていませんので、Viet Nam News の 2018年4月1日付け「Show tells Independence Palace’s full story」の記事を引用すると、展示内容は、

While the first floor has information on the birth of Norodom Palace, the second floor is dedicated to Sài Gòn life under French rule, the establishment and fall of the Ngô Đình Diệm administration, and the construction of the Independence Palace.

とのことで、年表で今一度頭を整理して、

1868: Norodom Palace was built by the French.

1887 – 1945: It was used as the Palace of the Governor General of French Indochina in Sài Gòn.

March – September 1945: Japanese Imperial troops usurped France, conquered Indochina, and took over Norodom Palace.

1954: France is defeated and then leaves Việt Nam.

1955: President of the Republic of Việt Nam Ngô Đình Diệm moved into Norodom Palace and renamed it Independence Palace.

February 27, 1962: Independence Palace was bombed and partly destroyed.

July 1, 1962: Construction of a new palace followed the design of Vietnamese architect Ngô Viết Thụ.

1963: Ngô Đình Diệm, along with his younger brother Ngô Đình Nhu, were killed in a coup d’état.

1966: Construction of the new palace was completed.

展示物を見て回ります。昔のサイゴン市内の様子を表す写真や、

主だった出来事に関する写真や新聞記事などが、掲げられています。
1955 年、バオダイ帝を廃し初代大統領となった Ngô Ðình Diệm ゴ・ディン・ジエムの実弟 Ngô Đình Nhu ゴ・ディン・ヌーの言葉は、Divide and Conquer とタイトルが付けられています。これだけではよく分からないかもしれませんが、EDWARD MILLER 著 「MISALLIANCE Ngo Dinh Diem, the United States, and the Fate of South Vietnam」の中に、この発言と、発言に至った時代背景が記されています。

Although Diem’s forces had not fired the first shots in the March 30
incident, it was clear that the Ngo brothers had deliberately provoked their opponents. By late March, the Ngos believed that the VNA was ready to take on the Binh Xuyen.  They were also convinced that several Front leaders remained secretly loyal to Diem. In a meeting with a Saigon intellectual who had offered to facilitate talks with the Front, Nhu rejected the idea of a negotiated solution. “I’ll start a little military action,” Nhu said.  “That will provide an opening to those people [in the Front] who are already bought, and they’ll destroy these sects from the inside.” Diem expressed similar views, insisting to U.S. and French offi cials that General Phuong and General Thé were merely pretending to cooperate with the Front in order to learn Bay Vien’s plans.

Dinh Thống Nhất 統一会堂
Dinh Độc Lập 独立宮殿

Dinh Thong Nhat 統一会堂 (Dinh Doc Lap 独立宮殿)その3(Ho Chi Minh City)

Dinh Thống Nhất 統一会堂 (Dinh Độc Lập 独立宮殿)の地上部分は大統領官邸ですが、地下は緊急時の作戦指令室の作りになっています。

Commander Room の壁には国内外の地図が貼られ、Communications 通信指令にはかつて使っていたであろう機器が並び、President’s Bedroomも用意されています。地下道は長く伸び、そのいずれかが通りを隔てたザーロン宮に繋がっています。地上に戻ると、厨房があります。軍用車や、大統領が使っていたメルセデスベンツ 200 W110 も展示されています。

Dinh Thống Nhất 統一会堂
Dinh Độc Lập 独立宮殿