ボンビリ Bombeli – Bombay Duck – Bombil @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ライス&カリーのラサランカを頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺いました。まずは Fish Fry を鯵で、ラサランカはメインを鮪でお願いしました。副菜は、隠元、さつま芋、小松菜、パリップは焦がし玉葱入り、ポルサンボーラと並びます。鮪は量も味も申し分ありません。メニューにはまだ登場していない、ご主人の大好物のボンビリも試食させていただきました。ボンビリは学名が Harpadon nehereus、和名はテナガミズテング、英語では Bombay duck あるいはbummalo、マラーティー語で Bombil、シンハラ語で Bombeli です。ヒメ目エソ科ですので、日本ならすり身にしてかまぼこ等の材料にするのでしょうが、スリランカでは干物にするのが一般的な様です。何故 Bombay “duck” と呼ばれるのかは、NDTV FOOD の「Bombay Duck (Bombil): Why is This Delicate Fish Called ‘Duck’」の記事で諸説が示されており、一つの説として、Bombay Duck と題する小説を書いた Farrukh Dhondy の説明が記されています。

“In fact, it should be spelt as Bombay Dak…when the British introduced the railway system to western India under their Raj, it (Bombil) started going in wagonloads to the interior from Bombay. The crates stank of dried fish…They were marked ‘Bombay Dak’, literally ‘Bombay Mail’. At the time, the railway was run by whites. The English may call a spade a spade, but they don’t call ‘stinking fish’ by that name. They referred to it euphemistically as ‘Bombay Dak’, the Bombay Mail.”

この Bombay Duck の干物はヨーロッパへも輸出されていましたが、1996年に製造過程の衛生面、サルモネラ菌が検出されたことが問題となり、EUは認証工場からの輸入しか認めなくなったと、BBC NEWS の「Bombay Duck bounces back」の記事に書かれています。

The problem first arose in 1996 when a batch of seafood imported from India was found to be infected with salmonella.  The EU subsequently ruled fish imports from India had to be prepared in approved freezing and canning factories.

気候変動や乱獲によって、この Bombay Duck も近年漁獲高が減ってきていることも問題となっています。The Guardian の「Bombay duck: iconic fish fast disappearing from city’s coastal waters」の記事では、

Now the fish is rapidly disappearing from the city’s coastal waters, driven away by a lethal combination of overfishing and climate change, says a study by the Central Marine Fisheries Research Institute (CMFRI). Bombay duck and pomfret – another local fish – have declined by 25% each, sharks and rays by 28%, and prawns by 35% in the past decade.

この10年間で25%減ったと書かれています。

ボンビリが海辺で干されている風景を想像しながら、セイロンティーをジャガリを齧りながら頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

青パパイヤのマッルン @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

美味しい副菜が楽しみな「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんのライス&カリー、「ラサランカ」を頂きに伺い、メインはマトンでお願いしました。この日の副菜は、青パパイヤのマッルン Papol Mallum、サラダ水菜、カダラパリップ、ハールマッソ入りのポルサンボーラ、じゃが芋 Ala Hodi と並びます。 パイナップルのチャトニ Ananas Chutney も用意されていました。ししゃものフライも頂き、デザートロティが新メニューで登場していましたのでお願いすると、タンカンも添えられていました。セイロンシナモン入りのセイロンティーと一緒に頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

サゴシのキリマール @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

美味しいキリマール Kiri Maalu を頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺いました。年末のこの日は、サゴシがキリマールで、マグロがミリスマールで用意との事でした。ライス&カリーのラサランカをキリマール付きでお願いしました。ココナツミルクの味わいが、やみつきになります。副菜は、オクラ、パリップ、小松菜、青梗菜、キャベツのマッルン、ポルサンボーラ、カリフラワーが並びました。この日は2人でしたので、烏賊のデビルと、ポルロティ(ココナツロティ)も追加で頂きました。お腹の調子を整えてくれるというスープ、タンブンホディ Thambun Hodi も頂くことが出来ました。締めはセイロンシナモンを使ったセイロンティーです。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

烏賊のテルダーラ @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

週末に烏賊のテルダーラの用意が有りますと、お店のインスタグラムでお知らせがあり、頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺いました。ライス&カリーのラサランカをバスマティライスで、メインを鮪のキリマールでお願いしました。副菜は桜海老を使ったポルサンボーラから時計回りに、万願寺唐辛子とハールマッソ、茄子、パリップ、スリランカのバナナに見立てた小芋、大根と大和まな、変化に富んだ品々が並びます。メインの鮪のキリマールは別皿で添えられました。烏賊のテルダーラ Dallo Thel Dala は単品で、追加注文です。ビッタラホディ Bittarai Kirihodi も有りますと言われたら、頂くしかありません。インディアーッパにとても合いそうですので、次回は一緒に頂いてみましょう。最後に、セイロンシナモンを使ったセイロンティーで口の中を静めました。デーツがおまけです。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

アーッパ Appa @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

先週も「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ、ライス&カリーのラサランカを頂きに伺いました。メインはマトンでお願いしました。マトンはしっかりと食べ応えがあり、副菜は、上の写真12時の位置のポルサンボーラから時計回りに、大根、舞茸とあわび茸、高菜のマッルン、パリップと並びます。ラトゥルーヌ(赤玉葱)と青パパイヤのアチャールと目玉焼きを添えて頂きました。桜海老と唐辛子のチリペーストと、ルヌミリスがいつも添えられます。この日はアーッパ Appa も用意があった様です。ルヌミリスをつけて頂きました。最後にチャイもお願いしました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

烏賊カリー @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

「スリランカ restaurant SRI LANKA 」さんのお店のインスタグラムでのお知らせで、前日に烏賊のテルダーラ Thel Dalaが登場した様ですので、淡い期待を抱いて伺いました。さすがに残っておらず、代わりに、ライス&カリーの「ラサランカ」を烏賊カリーの選択でお願いしました。ケールのマッルン Mallum (Mallung)、パリップ、4種のキノコ Bimmal のカリー、インゲン Bonchi ポーンチ、ポルサンボーラと並びます。スリランカでキャベツ Kola Gowa と言えば、ケールと同じ様な野菜を指すのだそうで、よくマッルンに使われるそうです。

烏賊カリー Dhallo Curry は、見た目以上にパンチの効いた辛さが楽しめます。この日もご主人がゴーヤ Karawila Sambol を添えて下さいました。最後に、セイロンのシナモンを使ったセイロンティを頂きました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

紅白のビーツ @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ライス&カリーの「ラサランカ」に紅白のビーツを使いますとお店のインスタグラムでお知らせされており、白ビーツに興味津々で、「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺いました。ライスはバスマティに変更で、この日の魚カレーがツバスとの事でしたのでお願いしました。

上の写真12時の位置の白ビーツから時計回りに、

頂く機会の多い通常の赤いビーツ、パリップ、料理用バナナによく似ているのでご主人が好んでバナナと同じ方法で調理される小芋、サラダ用水菜と並びます。白いビーツ、大根ではなく紛れもなくビーツでした。口にすると、まずビーツの甘味を感じ、遅れてスパイスの辛味が広がってくる絶妙な味付けでした。赤いビーツとも微妙に味わいが異なり、楽しい食べ比べでした。

別添えで、ツバスのカレー、

おまけにラトゥルーヌ(赤玉葱)と青パパイヤのアチャール、ルヌデヒも添えて頂きました。この日のこの2品はご主人のお母様が現地の食材で作られたとのことです。前回頂いたものとは、また異なった味を堪能しました。

最後に、セイロンティーにセイロン産のシナモンを加えた、シナモンティーも頂きました。地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

小鯛のフライ @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

空堀商店街の「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺うと、壁にフィッシュフライが出来ますとの貼り紙がありました。この日は、鯵と小鯛の用意が有るとのことでしたので、小鯛をお願いしました。香ばしく揚がっており、塩焼きで頂くより美味しいかもしれません。ライス&カレーのラサランカはメインをビーフのホルモンで、バスマティライスに変更でお願いしました。ビーフのホルモンは初めてお願いしてみました。椎茸も並んでいましたので、スリランカのキノコ事情について、他のお客さんが帰られた後に尋ねてみました。ご主人がスリランカの実家まで連絡をとって、いろいろ教えて下さりました。オクラや水菜なども並びます。パリップは焦がし無しバージョンです。おまけにラトゥルーヌ(小さな赤玉葱)のアチャールとルヌデヒ Lunu Dehi (ライムのピックル)も添えて頂きました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

ポルロティ Pol Rotty @ restaurant SRI LANKA スリランカ(大阪市中央区)

空堀商店街のスリランカ料理店「スリランカ」さんで、ライス&カレーの「ラサランカ」を、この日用意されていたマトンでお願いしました。マトン好きには堪らないマトンの味付けです。蓮根や水菜の味と食感も楽しめます。夜遅めで、他にお客さんが居られなかったこともあり、目玉焼きと、ゴーヤもおまけで付けて下さりました。チャイも頂いて、

店主の奥様とお話をしていると、ポルロティ(ココナツのロティ)も始めましたとのことでした。まだお腹に入りそうでしたのでお願いしました。ルヌミリス(唐辛子ペースト)は2種、辛バージョンと激辛バージョンが添えられています。丁度、後から来られたスリランカ人のお客さんも注文されたので、その食べ方を真似しました。結構な量のルヌミリスをつけながら食べておられました。ロティにも青唐辛子が少し練りこまれていますのでそれ自体甘味と辛味が混ざっていますが、一緒に頂く時のロティのココナツの甘味と2種のルヌミリスの辛味の混じり合いの魅力に嵌ってしまいそうです。グレービーも持って来て下さいましたので、そちらにも浸しながら食べてみました。口の中に広がる辛さを鎮めるために、ラッシーも追加でお願いしました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

海老のホワイトカレー、烏賊のブラックカレー @ スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)

お店のInstagramで、メインのカレーに海老のホワイトカレーと烏賊のブラックカレーを用意しましたとお知らせされていましたので、空堀商店街の「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんに伺いました。折角ですので、ライス&カレーの「ラサランカ」を、海老と烏賊の2つとも付けて、バスマティライスでお願いしました。

烏賊のブラックカレーはスリランカのブラックペッパーが良く効いており、別添えの海老のホワイトカレーは、ココナツミルクの優しい味です。里芋は、スリランカ人のシェフが食べた際に青バナナとそっくりと感じたとのことで、バナナに用いる味付けがされています。パリップは仕上げの時に焦がし玉葱が加えられています。ゴーヤもトマトや玉葱と一緒に良い味を醸し出しています。

この日はデーツと、ワデ Wade も試しに作ってみましたとの事で頂きました。Kadala parippu (Channa dhal) の揚げ物で、スリランカのstreet foodを代表する一つの様です。ビールなどにもよく合いそうです。熱い紅茶と一緒に頂きましたが、この組み合わせもいけます。スリランカをよくご存じの姪御さんも手伝いで居られましたので、ワデの詳しい話などもしっかり伺うことができました。

地下鉄谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理は
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry