ハールメッソと空心菜 @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺うと、お店の入り口付近にライス&カリー「ラサランカ」の内容が分かる様に掲げられていました。この日のフィッシュカリーは鰹でした。副菜は、ハールメッソとカンクン(空心菜)、ワッタッカ(南瓜)、パリップ、ポルサンボーラ、サラダでした。ルヌデヒと、シンハラアチャールも追加でお願いしました。この日はアンナーシ(パイナップル)のチャツネも用意されていました。食後にセイロンシナモンティーも頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

帆立のキリホディ @ restaurant SRI LANKA スリランカ (大阪市中央区)

「restaurant SRI LANKA スリランカ」さんへ伺うと、たまごのキリホディ Kiri Hodi と帆立のキリホディの用意があると貼り出されていました。インディアーッパにしようかとご主人に相談すると、ご飯の方が合うとの返事でした。ライス&カリーの「ラサランカ Rasa Lanka」をメインをマトンで、一緒に帆立のキリホディもお願いしました。シンハラアチャールとルヌデヒも追加注文です。メインのマトンと、副菜は隠元、茄子はモージュではなくキラタで、パリップ、ポルサンボーラ、胡瓜などのサラダが並びました。帆立のキリホディは、優しい味わいです。最後にセイロンシナモンティーを頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

ボンビリ Bombeli – Bombay Duck – Bombil @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ライス&カリーのラサランカを頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺いました。まずは Fish Fry を鯵で、ラサランカはメインを鮪でお願いしました。副菜は、隠元、さつま芋、小松菜、パリップは焦がし玉葱入り、ポルサンボーラと並びます。鮪は量も味も申し分ありません。メニューにはまだ登場していない、ご主人の大好物のボンビリも試食させていただきました。ボンビリは学名が Harpadon nehereus、和名はテナガミズテング、英語では Bombay duck あるいはbummalo、マラーティー語で Bombil、シンハラ語で Bombeli です。ヒメ目エソ科ですので、日本ならすり身にしてかまぼこ等の材料にするのでしょうが、スリランカでは干物にするのが一般的な様です。何故 Bombay “duck” と呼ばれるのかは、NDTV FOOD の「Bombay Duck (Bombil): Why is This Delicate Fish Called ‘Duck’」の記事で諸説が示されており、一つの説として、Bombay Duck と題する小説を書いた Farrukh Dhondy の説明が記されています。

“In fact, it should be spelt as Bombay Dak…when the British introduced the railway system to western India under their Raj, it (Bombil) started going in wagonloads to the interior from Bombay. The crates stank of dried fish…They were marked ‘Bombay Dak’, literally ‘Bombay Mail’. At the time, the railway was run by whites. The English may call a spade a spade, but they don’t call ‘stinking fish’ by that name. They referred to it euphemistically as ‘Bombay Dak’, the Bombay Mail.”

この Bombay Duck の干物はヨーロッパへも輸出されていましたが、1996年に製造過程の衛生面、サルモネラ菌が検出されたことが問題となり、EUは認証工場からの輸入しか認めなくなったと、BBC NEWS の「Bombay Duck bounces back」の記事に書かれています。

The problem first arose in 1996 when a batch of seafood imported from India was found to be infected with salmonella.  The EU subsequently ruled fish imports from India had to be prepared in approved freezing and canning factories.

気候変動や乱獲によって、この Bombay Duck も近年漁獲高が減ってきていることも問題となっています。The Guardian の「Bombay duck: iconic fish fast disappearing from city’s coastal waters」の記事では、

Now the fish is rapidly disappearing from the city’s coastal waters, driven away by a lethal combination of overfishing and climate change, says a study by the Central Marine Fisheries Research Institute (CMFRI). Bombay duck and pomfret – another local fish – have declined by 25% each, sharks and rays by 28%, and prawns by 35% in the past decade.

この10年間で25%減ったと書かれています。

ボンビリが海辺で干されている風景を想像しながら、セイロンティーをジャガリを齧りながら頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

フィッシュ コットゥ Fish Kottu @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ライス&カリーのラサランカを頂く事が多い「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんでの食事ですが、この日はコットウ ロティ Kottu Roti を頂く事にしました。魚はマグロとの事でしたので、フィッシュ コットゥでお願いしました。結構辛めの味付けでしたので、追加でお願いしたシンハラアチャール、アンブルティヤルと一緒に頂くと、舌が痺れる位の刺激でした。食後は、壁にサマハンの説明が貼られていましたので、頂いてみました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

Sri Lanka attacks スリランカでの爆破テロ

21日の爆破テロ、日が経つにつれ、色々なことが報道される様になってきました。今までのスリランカ内戦とは明らかにターゲットが異なっていることに関し、日本時間の24日朝に更新されたBBCの記事、「Sri Lanka sttacks: IS’may be linked’, goverment says」の中の、’Targets in line with IS ideology’ で解説されていました。

The Sri Lankan government has said locals from two known groups carried out the attack. But from the start – because of the scale and sophistication of it – they have also said they thought there was an external role.

In the past, IS has sometimes claimed attacks that it was not involved in or which it simply inspired. But the details from IS would seem to back up the government’s assessment.

The choice of targets is much more in line with IS ideology than with the traditional types of communal violence seen in Sri Lanka.

There are still questions – did the local men affiliate themselves to IS or receive direct support? Did they travel to Syria or to other countries? The Sri Lankan government has said it believes some of them had spent time abroad, but how significant was that to the plot?

Answering questions like these will be important not just for Sri Lanka but other countries as they try and understand whether other relatively small, locally focused groups could be capable of transforming a threat into violence on such a massive scale.

Sri Lanka explosions スリランカでの爆破テロ Apr. 21, 2019

是非スリランカを訪れて見たいと思い、ガイドブック等を購入して読み始めたところでした。4月21日、悲しいニュースが報道されています。日本時間午後8時過ぎに更新されたBBCの「Sri Lanka explosions: 137 killed as churches and hotels targeted」では、爆発は少なくとも8回、3つの教会、4つのホテルが標的とされ、夜間外出禁止令が布かれ、social media の一時的な利用停止もあると報道されています。

At least eight blasts were reported. Three churches in Negombo, Batticaloa and Colombo’s Kochchikade district were targeted during Easter services.
The Shangri-La, Kingsbury, Cinnamon Grand and a fourth hotel, all in Colombo, were also hit.
A curfew has been imposed from 18:00 to 06:00 local time (12:30-00:30 GMT).
The government also said there would a temporary block on the use of major social media networks.

2009年に内戦に終止符が打たれた後も、シンハラの仏教徒によるモスクやイスラム教徒所有財産への散発的な攻撃は見られ、2018年3月には緊急事態宣言も出されていました。タミル・イーラム解放のトラとの26年もの内戦の間に7万から8万人が殺害されたとされます。

In the years since the end of Sri Lanka’s civil war in 2009, there has been some sporadic violence, with members of the majority Buddhist Sinhala community attacking mosques and Muslim-owned properties. That led to a state of emergency being declared in March 2018.
The civil war ended with the defeat of the Tamil Tigers, who had fought for 26 years for an independent homeland for the minority ethnic Tamils. The war is thought to have killed between 70,000 and 80,000 people.

紛争の原因の一番の宗教の違いについて、スリランカの現況も知ることが出来ます。約7割が仏教、ヒンドゥ教とイスラム教はそれぞれ1割程度です。キリスト教徒も150万人ほどとされます。

Theravada Buddhism is Sri Lanka’s biggest religion, making up about 70.2% of the population, according to the most recent census.
It is the religion of Sri Lanka’s Sinhalese majority. It is given primary place in the country’s laws and is singled out in the constitution.
Hindus and Muslims make up 12.6% and 9.7% of the population respectively.
Sri Lanka is also home to about 1.5 million Christians, according to the 2012 census, the vast majority of them Roman Catholic.

CNNの「Sri Lanka blasts: At least 140 dead and more than 560 injured in multiple church and hotel explosions」では、スリランカのキリスト教徒について、スリランカの人口2140万人の10%以下と記載があります。

Christianity is a minority religion in Sri Lanka, accounting for less than 10% of the total population of 21.4 million.
According to census data, 70.2% of Sri Lankans identify as Buddhist, 12% Hindu, 9.7% Muslim, and 7.4% Christian.
It is estimated that 82% of Sri Lankan Christians are Roman Catholic.
今までの内戦の構図とは異なる、キリスト教徒と外国人が標的となっているのは、、、

 

 

アンブル ティヤル Ambul Thiyal @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

新鮮な鰹が手に入り、アンブル ティヤル Ambul Thiyal(ゴラカ Goraka、ガルシニア Garcinia 煮)を作りましたとのことで、「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺いました。鰹カリーも用意が有りましたので、ライス&カリー「ラサランカ」のメインでお願いし、アンブル ティヤルを別皿で追加しました。この日の副菜は、ソヤミート、南瓜、ポルサンボーラ、サラダ水菜、パリップでした。パイナップルのチャトニも添えられています。鰹カリーと、アンブル ティヤル、ともに食べ始めると止まりません。アチャールと、ルヌデヒ(ライムの漬物)が追加で頼めるようになりました。アムミリス(青唐辛子)入りのルーヌサンボーラ、チリペースト、桜海老も、辛いのがお好きな方には添えて頂けます。ハールメッソも欠かせません。食後には、セイロンシナモンティーをお願いし、キトゥル ハクル(ジャガリー)を齧りながら頂くとさらにスリランカ気分です。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

ヌードルス Noodles @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ヌードルス Noodles の用意が有りますとお店のインスタグラムでお知らせされていましたので、頂きに「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺いました。

いくらでも頂くことが出来そうな味付けの麺に、卵とじゃが芋のカリー、ビッタラホディと、ポルサンボーラ、チキンカリーが添えられます。少しずつ混ぜながら味の変化が楽しめます。

この日は2人で訪れましたので、とり軟骨のフライと、ライス&カリーのラサランカもお願いしました。この日の副菜は、水菜のマッルン、ハールメッソと葱とじゃが芋、オクラ、パリップ、ポルサンボーラ、カリフラワーと並び、メインのチキンも盛られています。スリランカの鰹節ウンバラカダ Umbarakada を、ランペ Rampe、カラピンチャ Karapincha とさっと炒めたもの バドウマ Baduma を添えて頂きました。酒のおつまみにも良さそうですし、ライスにもよくあいます。

最後にキリティも頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

サゴシのミリスマール @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

ライス&カリーの「ラサランカ」を、「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんで頂きました。この日は魚が2種類、ハマチとサゴシの用意があるとのことで、後者でお願いしました。大きな切り身のサゴシのミリスマール、2階で宴があったようで、おこぼれでビッタラホディも添えて下さりました。副菜は水菜のマッルン、ソイミート、パリップ、ポルサンボーラ、ビーツと並びます。セイロンシナモンティーも頂きました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry

海老カリー @ スリランカ restaurant SRI LANKA (大阪市中央区)

美味しそうな海老カリーを仕込みましたとお店の Instagram でお知らせされていましたので「スリランカ restaurant SRI LANKA」さんへ伺いました。インディアーッパ Idiyappam との組み合わせで頂きました。海老カリーはココナツベースで、予想通りインディアーッパによく合います。ポルサンボーラと、キリホディの代わりのパリップが添えられています。これだけでは物足らないと思って下さったのか、グレービー、チリペースト、ルヌミリスも添えて頂きました。最後にセイロンティーもお願いしました。

大阪メトロ谷町線谷町六丁目駅すぐの、空堀商店街にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は、
→「スリランカ restaurant SRI LANKA(大阪市中央区)」

スリランカ
restaurant SRI LANKA

大阪市中央区谷町7-1-48
https://www.instagram.com/srilanka_restaurant/
https://twitter.com/SRILANKA_curry