ネパールで初めての新型コロナウイルス感染による死亡者

外国からの帰国者が肺炎症状で死亡しても、新型コロナウイルス感染との関連を否定してきたネパール政府ですが、5月16日付けの Kathmandu Post の「Nepal reports its first Covid-19 death」と題する記事によると、初めての新型コロナウイルス感染による犠牲者を発表したとのことです。29歳の女性で、5月6日にTribhuvan University Teaching Hospital で通常の出産を終え、5月7日に退院、帰宅後まもなく発熱と呼吸困難の症状が生じ、5月14日にDhulikhel Hospital に向かう途中で亡くなったとのことです。病院に到着時に既に亡くなられていあったが PCR 検査を実施し結果が陽性で、the National Public Health Laboratory の再検査でも陽性を呈したとのことです。この時点で、ネパール国内の感染者は 281名とのことです。

5月12日付けの Kathmandu Post の「83 new Covid-19 cases confirmed, the highest in a single day; national tally reaches 217」の記事で、1日に 83名の陽性者が報告されていました。

ネパール政府は、ロックダウンの期間を既に3回延長し 5月7日までとしていましたが、4回目の延長により 5月18日までとなっています。しかしこの際に、制限を緩めてしまっていました。

5月17日付けの Kathmandu Post の「Asymptomatic patients to be quarantined or sent home as ministry expects 1,000 cases in a week」の記事で、

The government has anticipated an exponential rise in the Covid-19 cases throughout the country—1,000 within a week and around 2,000 in 10 days.

政府は、1週間以内に 1000人、10日以内に 2000人の、急激な新型コロナウイルス感染症例の増加を予想しています。ロックダウンの制限が緩やかになり、多くの人がインドから流入し、国内を移動しているのが原因と政府は考えている様です。ある推測によるとこの 1週間の間に 1日平均で約 5700人が Kathmandu Valley に流入しているとのことです。ネパール全土での感染者数が 1000人を超え 2000人にでもなれば、医療崩壊を来すと予想されています。

 

 

ダルバートから考えるネパールの風土 森本泉著 モンスーンアジアのフードと風土 横山智 荒木一視 松本淳 編集 明石書店

ダルバートから考えるネパールの風土
森本泉著

モンスーンアジアのフードと風土
横山智 / 荒木一視 / 松本淳 編集

明石書店 2012年9月10日 初版第1刷発行

休日は外出を控え、本を読みましょう。
ダルバートに関する日本語で書かれた総説です。

ネパールの町中の大衆食堂に入って「カナ khana (食事)」を頼むと、ダルバート dal bhat が出てくる。このような食堂にはメニューが無い。ダルバートとは文字通り訳せば豆汁(ダル)ご飯(バート)である。副食としてジャガイモや野菜を油で炒めて塩と香辛料で味付けしたタルカリ tarkari(おかず)や、酸味や辛味の効いたアチャール acar(チャツネ)が添えられ、これらが一つのプレートに盛りつけられる。ダルバートを頼むと「マス masu(肉)を食べるか」と尋ねられ、各店で提供可能な肉(山羊や鶏、水牛等)の種類が提示される。その中から好みの肉を選ぶと、肉のおかずがダルバートに加わる。多様な自然環境が広がるネパールで広く親しまれている食事が、このダルバートである。

という『1. はじめに』の文章から始まり、

「肉を食べるか」という問いは、2008年までヒンドゥー王国を謳ってきたネパールでは、個人の好みや健康への配慮というより、文化的規範を問うことを意味する。

と続きます。『2. ダルバート』ではダルバートの実際を紹介し、『3. ダルバートからみた地域差』では、ネパールは南部を除いては平野が少なく土地生産性が低く、かつ、都市部を除く地域での食生活は食材の流通環境に左右されると指摘しています。また購買力の問題もあり、人々は集落周辺の農耕地や、森林、川に、生活の糧を求め、自然環境に由来する季節性や地域性が維持されてきたと考察しています。『4. 食文化をめぐる社会的影響』では、「肉食に関する禁忌・制限」として、20世紀後半までヒンドゥー的ナショナリズムが進められていたことを紹介し

「肉を食べるか」と問うことは、ヒンドゥ―であるのか、カースト的階位が上なのか、あるいは高位カーストでもヒンドゥー的な慣習にどの程度準拠しているのか、個人の文化的規範を問うことに繋がるのである。

と、記し、さらに

1996年からマオイスト(現ネパール共産党統一毛沢東主義派)が政府に対して武装闘争を展開する過程で、世俗国家の実現を目的の一つに掲げて宗教を否定し、ヒンドゥー教が神とする牛の肉を兵士が食べていたことが話題となった。

とつなげています。『5. おわりにかえて』では

ネパールのカナ(食事)として親しまれるようになったダルバートは、今度は外国のネパール人コミュニティを通してネパールのカナとしてグローバル化している。しかしながら、私たちに本をはじめ南アジア以外の地域で接するネパール料理は、多くの場合はインド料理の雰囲気をまとうエスニック・フードとしてのネパール料理である。

と2011年当時の、日本でのダルバート、ネパール料理の状況が記されています。それから約10年、新大久保や名古屋、福岡でのネパール人コミニュティが膨らみ、ダルバートが彼らの中で普遍化するとは、著者も予想していなかったのかもしれません。

参考までに

→「現代ネパールの政治と社会 民主化とマオイストの影響の拡大 南真木人、石井溥 編集 明石書店」

→「ネパールにおける豚肉事情」

→「大阪、兵庫、京都、奈良で食べるダルバート Dal bhat」

写真は Kathmandu 郊外の市場のじゃが芋です。

新型コロナウイルス感染症による死亡者が皆無のネパール COVID-19

3月23日ネパールで 2人目の新型コロナウイルス感染者が確認されると、ネパール政府は数時間後には 24日朝から 1週間の全国土の都市封鎖ロックダウンを決定し実行しました。3月23日付けの The Kathmandu Post 「Nepal goes under lockdown for a week starting 6am Tuesday」の記事によると、フランスからカタール経由で帰国した19歳のネパール人の学生がその 2人目の感染者でした。

3月29日付けの The Kathmandu Post 「Nationwide lockdown extended until April 8, ban on international flights until April 15」の記事によると、その全国土の都市封鎖ロックダウンは 4月8日まで延長、3月31日までとされていた国際線の飛行禁止も4月15日までになりました。3月28日政府の発表によると、別のベルギーから帰国した 19歳の女性が陽性であり、2例目とカタールから搭乗した飛行機が一緒でした。他に UAE のシャルジャ空港から帰国した Dhading 出身の 32歳男性と、同じく UAE のドバイ空港から帰国した Dhangadhi 出身の 34歳男性も陽性で、この時点で国内感染者は 1月の 1名を含め、5名となっています。

3月29日付けの The Himalayan Times 「Person under treatment in isolation at Butwal dies」の記事では、3月19日にドバイから帰国した 34歳男性が亡くなられ、病院関係者によると、検査のための検体をカトマンズに送ったが結果はまだ戻ってきておらず、前述のドバイから帰国した 34歳男性と同一人物かは不明です。

3月30日付けの The Kathmandu Post 「Authorities face a hard time when it comes to contact tracing those who travelled with four Covid-19 patients」の記事では、最近海外から帰国して陽性であった 4名と同じ飛行機に搭乗した 458名の乗客のうち、連絡がとれているのは 156名のみで、残り 302名とは連絡がとれてすらいません。更に帰国後の国内での移動の際の濃厚接触者の調査は全く不可能の様です。

4月2日付けの The Kathmandu Post 「Health Ministry confirms sixth Covid-19 case」の記事で、6例目の症例が、

4月4日付けの The Kathmandu Post 「Nepal confirms three more Covid-19 cases, including first case of local transmission」の記事で 7例目から 9例目の症例が、初めての国内での感染症例も含め報告されました。

4月11日付けの The Himalayan Times 「Bir hospital starts COVID-19 tests」の記事で、ようやく Kathmandu の中心に位置する Bir hospital でようやく PCR 検査を開始するとのことです。1日に 60 検体を検査することが出来、400 検体分の試薬のストックが有る様です。この記事が書かれた時点で、ネパールでは 3525 検体が検査され、3516 検体が陰性と記されています。陽性の 9 検体は、検査に回った検体の 僅か 0.3 %です。陽性者は全員生存していますので、ネパールでは新型コロナウイルス COVID-19 感染による死者が皆無ということになります。

Government of Nepal, Ministry of Health and Population の web site では、4月11日現在の数字として、४४२६ परिक्षण गरिएको (4426 tested)、४४१७ संक्रमण नदेखिएको (4417 no infection seen)、८२ आइसोलेशन (82 isolation)、९ संक्रमण देखिएको (9 infection seen)、१ निको भएको (1 healed)、० मृत्यु भएको (0 died) と発表されています。この数字を用いると、検査での陽性率は更に低くなり 0.2 %です。

入国を禁止する前の中国との人の往来の多さなどを考えると、検査陽性率、感染者数、死亡者数とも周辺諸国とはかけ離れた数字となっています。最近では、上記 2紙とも疑わしい死亡症例について殆ど報じなくなってきました。政治的な意味合いを持っていないことを願います。

新型コロナウイルス関することを記したものを、綴っています。
→「新型コロナウイルス COVID-19」

 

 

COVID-19 に関する、ネパール、インド、タイの日本人への対応

3月に入り、日本からの入国に対する諸外国の対応が厳しくなってきました。

ネパールの Department of Immigration は 3月2日、Urgent Notice about the Suspension of Visa-on-arrivalを発表しました。アライバルビザの取得が3月10日から不可能になり、健康証明書を添えて前もってのビザ取得が必要になります。

The Government of Nepal is monitoring the spread of Corona Virus (COVID-19). Taking into account the global recommendations and measure of the WHO, the Government of Nepal has decided to temporarily suspend visa-on-arrival for the nationals of the following countries, effective from 10 March, 2020 to till the date of further notice:

  1. People’s Republic of China, including Special Administrative Regions
  2. Islamic Republic of Iran
  3. Italy
  4. Republic of Korea
  5. Japan

However, those willing to visit Nepal can obtain visa beforehand from the Nepali Missions abroad. Applicants in these countries are required to submit a recently issued health certificate with the visa application.

インドの Bureau of Immigration は、 Advisory: Travel and Visa restrictions related to COVID-19を発表し、2020年3月3日以前に発行され、まだ入国していない日本人へのビザを即座に無効にしました。

All regular (sticker) Visas/e-Visa (including VoA for Japan and South Korea) granted to nationals of Italy, Iran, South Korea, Japan and issued on or before 03.03.2020 and who have not yet entered India, stand suspended with immediate effect. Such foreign nationals may not enter India from any Air, Land or Seaport ICPs. Those requiring to travel to India due to compelling reasons, may seek fresh visa from nearest Indian Embassy/Consulate.

タイ保健省の疾病管理局 Department of Disease Control は 3月3日、Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) News Release Report on March 03, 2020を発表しました。

Unexposed groups including both Thai people and foreigners with travel history from affected areas, but who did not have exposure to patients and who are not exhibiting suspected symptoms are requested to reduce social activities, wear a mask when leaving their accommodations, wash hands frequently, not go to crowded areas, and observe your symptoms at home for 14 days. If you have a fever, cough, or sore throat, see a doctor immediately and report your travel history.

タイ人も外国人も、感染エリアへの旅行歴があるものは、人混みへ出かけず、家で14日間自身の症状を観察するように要請されています。

2月23日付けの発表は日本からの観光客は関係ないと解釈する向きもあり、タイ国政府観光庁の web site では「タイ保健省からのコロナウイルスに関する発表」と題して、

タイ保健省が出した発表は『タイへの帰国者』に向けたもので、2/24現在、日本人観光客に対して直接観光を制限する指示は出されておりません。
事実関係は下記のとおりであり、またあくまで協力を呼びかけているものです。また、出社や観光を一律に制限するものでもありません。

と声明を出されていますが、『事実関係は下記のとおりであり』として記された文章には、実際に発表された Special Announcement of COVID-19 on 23 February 2020

Therefore, people traveling from areas with reports of ongoing outbreaks or local transmission including the People’s Republic of China (including Hong Kong Special Administrative Region, the Macau Special Administrative Region of the People’s Republic of China,
Republic of China (Taiwan), Japan, Singapore, the Republic of Korea (South Korea), (a list of countries with report of outbreaks will be announced periodically for people to monitor the situation through the DDC website), are asked to take social responsibility by self-monitoring at least 14 days upon return, avoiding crowded places, avoiding using public transportation, and avoiding sharing personal household items.

日本等の感染エリアからの旅行者は、 14日間は自己観察を行い、人混みを避け、公共交通機関の利用を避けることにより社会的責任を負うことを求められる」と記された内容について、意図的にか、一切触れられていません。

今回の文章の ”both Thai people and foreigners with travel history from affected areas” の対象者に、日本からの観光客が含まれているのか否か、前者であると通常は解釈されますが、タイ国政府観光庁は 3月5日午前0時の段階で web site ではまだ声明を出されていません。

2020年3月8日追記

その後 TAT (Tourism Authority of Thailand) が3月5日付けで「TAT Statement: Thailand elevates COVID-19 control measures to prevent transmission through travellers arriving from disease infected zones」という声明を出しました。

On 5 March, 2020, Thailand announced a list of four COVID-19-affected countries or areas in the Royal Thai Government Gazette; namely, the People’s Republic of China (including Hong Kong and Macao Special Administrative Regions), Republic of Korea, Republic of Italy, and Islamic Republic of Iran.

Special Announcement of COVID-19 on 23 February 2020areas with reports of ongoing outbreaks or local transmission として記された国から、台湾、日本、シンガポールが外れ、イタリアとイランが加わっています。現時点では、4ヶ国(中国、韓国、イタリア、イラン)からの入国者に対する要請となっているようです。

新型コロナウイルス関することを記したものを、綴っています。
→「新型コロナウイルス COVID-19」

 

 

 

ネパールの新型コロナウイルス (2019-nCoV) 対策

新型コロナウイルス(COVID-19、2019-nCoV)感染症の対策は、マスコミが躍起になって報道する『チャーター便で帰国した人々や、クルーズ船に乗っていた人々の隔離による水際での防疫』は、春節休暇で多くの中国人が来日してしまった現況ではもはや大きな意味は無く、すでに市中感染として蔓延しているとの前提での対策の方が重要なはずです。

2009年春から流行が始まった 新型インフルエンザ A/H1N1(当初、豚インフルエンザと呼ばれた)も、結局国内全体に感染が巡り渡るまで、その年の冬および翌年のシーズンまで収束しなかったという教訓が既に忘れ去られ、ピントの外れた報道も多くなされています。

その様な中で、東洋経済オンライン 2月6日『新型肺炎「日本の対応」は不備だらけの大問題 流行が始まっている前提で動かねばならない』で非常に的を射る指摘を上昌広氏がされています。すでに市中に蔓延しているのは容易に想像がつきますので、何が必要で、何が意味がない事か、私たちが思っていることを、しっかりと代弁されています。

日本感染症学会も、web site で『一般市民向け新型コロナウイルス感染症に対する注意事項(2020 年 2 月 3 日現在)』を示していますが、その中で、

本邦にウイルスが入り込みすでに市中において散発的な流行が起きていてもおかしくない状況です。

と、既に市中に蔓延し始めている可能性を指摘しています。

今や日本以上に中国と密接な関係にあり、カトマンドゥのタメル地区のチャイナタウン化が進むネパールでは、この先どうなるのでしょうか。

THE KATHMADU POST 2月8日 「Nepalis rush to buy face masks amidst coronavirus outbreak but there are none available」の記事では、マスク狂騒が起きており、既に手に入らないことが紹介されています。そもそもネパールのマスクの輸入元は中国からが56%、インドが22%とのことですので、両国から止められたらマスクは出回らなくなります。ネパールにも2社のマスク製造会社があるとのことですが、その原材料を中国とインドからの輸入に頼っているので、これまた供給できる状況ではない様です。

NEW SPOTLIGHT 2月7日 「CORONAVIRUS Nepal Under Stress – Nepal’s health system faces stress to contain Novel Coronavirus」の記事では、

As Nepal does not have adequate technology and tools to contain the virus, it can create epidemic if it enters Nepal. Nepal does not have adequate digital thermometer except in TIA. Similarly, Nepal does not have adequate guards for doctors, medical staffs and others who get involved in treating coronavirus. The hospitals are not prepared to treat the patients contracting coronavirus.

大流行の可能性の有るこのウイルス感染症に対応するネパールの医療体制について、あれも無い、これも無い、体温計も十分でなければ、使い捨ての防御着もネパールで 150 しかなく、運転手への感染防御を想定した救急車もないと記されています。

在ネパールの Hou Yanqi 中国大使が、Bhattarai 首相との会談で、

During her meeting with Minister Bhattarai, ambassador Hou informed that the Chinese tourists to Nepal would decline due to the epidemic. She assured that after the epidemic is under control, we will continue to encourage more Chinese tourists to visit Nepal and contribute to the 2020 Visit Nepal Year.

と語ったとのことです。自国のマスクが不足しているにもかかわらず、10万セットのマスクを中国に送るセレモニーも執り行われました。「Coronavirus crisis: Nepal donates 100,000 masks to China」

『2020 Visit Nepal Year』は、中国からの観光客なくして成し遂げることができない現状、国会議員の約3分の2が親中国のネパール共産党で占められているネパール政府の今後の方針が容易に予想できます。『2020 Visit Nepal Year』とこの新型コロナウイルス感染症については、The Himalayan Times 2月6日 「America politicised coronavirus, says Dahal」の記事で、ネパール共産党の Pushpa Kamal Dahal 党首が中国を擁護し、アメリカを非難した上で、

He expressed confidence that the outbreak of coronavirus would not have any impact on Visit Nepal 2020. “The situation will normalise after the virus comes under control,” he said.

と見通しを述べたとのことです。

THE HINDU 2月2日 「Govt. alert for coronavirus spread from Nepal」によると、インドの政府当局は

The Indian health authorities are especially concerned about the possible spread of the respiratory disease from Nepal, where an outbreak has been reported. 

と、既に発生が確認されたネパールから、陸路での隣接した自国の州への感染拡大を危惧しています。

陸路中国からネパールに帰国し、検査を求めた病院を訪れた 60人 に対し、病院に経過観察のため 2週間留まるよう求めたにもかかわらず、大半は帰宅してしまい、その住所なども分からないという事案も報告されています。online khabar 2月6日「Over 60 Nepalis returned from China amid coronavirus outbreak, but govt didn’t quarantine them」 その時点での新型コロナウイルス陽性者は、ネパール国内で 2名のみとのことですが、実際の感染状況から乖離している可能性も推察できます。

水際だけでなく、市中感染が既に起こっていると想定した対策で重要な事の一つは、上記の上昌広氏の記事でもわかる通り、市中の病院での検査体制です。The Himalayan Times 1月27日 「Testing for coronavirus starts in Nepal」の記事で、ネパールではようやく 1月28日頃から Civil Hospital、Bhaktapur Hospital、Birendra Military Hospital、Norvic International Hospital、Grande International Hospital、Tribhuvan University Teaching Hospital、Bir Hospital で 訓練を開始(PCR 検査の習熟でしょうか)すると発表されましたが、その後続報を見ません。National Public Health Laboratory (NPHL) の web site では、検体を NPHL の National Influenza Center に所定の梱包で 48時間以内に送付する旨の通知が掲げられているので、上記 7病院では検体の採取だけなのか PCR 検査まで実施する体制がとられているのかよくわかりません。

ネパールの大きな問題の一つは、一部の地方を除いて、公的な健康保険制度が確立していない事です。私的な健康保険制度は存在しますが、あまり信頼されていません。重篤な咳症状等の排煙を疑う症状があったとしても、診察を受けレントゲンを撮る、その費用さえも負担できない人は数知れず、潜在的な感染者を爆発的に増やしてしまうかもしれません。

写真はカトマンドゥの中心に位置する Bir Hospital です。

ネパールで最も古い病院の Bir Hospital ですが、その通常の診療体制においての窮状は THE KATHMANDU POST 「How Nepal’s oldest hospital, and the government that runs it, continue to fail the country’s poor」の記事でも明らかです。カトマンドゥを代表するこの基幹病院、普段でも院内は大混雑で、新型コロナウイルスの感染者が新たに加わればどのような状況になりうるかは容易に想像できます。

 

 

Mata Tirtha Temple マタ ティルタ寺院

ネパールの母の日、2019年は5月4日です。そのネパールの母の日の伝説を知り、是非その舞台となる マタティルタ寺院 Mata Tirtha Mandir (Temple)  を訪れてみたいと思っていました。2018年夏のネパール旅行の際に、母の日以外は閑散とした寺院を訪れる事が出来ました。その伝説とは、『孤児となった羊飼いの少年が、Mata Tirtha の池の傍で食事を摂っていた際に、食べ物を池に落としてしまい取ろうとしたところ、亡き母の愛しい顔が水面に見え、嬉しくなり泣いてしまった。その日が丁度 Baisakh の新月の日で、母の面影は少年に泣くを止めるよう諭し、毎年同じ日同じ場所で会う事を約束した。』というものです。Boss Nepal の「Mata Tirtha Aunsi – Nepali Mother’s Day」の記事でも同様の伝説が紹介されています。

According to the legends, during the rule of cowherds in Nepal, one of the cowherds lost his mother and was so depressed that he went to make offerings at a water storage pond in the forest. Amazingly, he saw his mother’s face appear in the water and accept his offerings. From that day on, this day was known as Mata Tirtha Aunsi, the Nepali Mother’s day. People believe that coming to this place and paying homage on this day brings peace to the departed soul of their mother.

母の日 Mata Tirtha Aunsi に、人々は亡き母を想いこの寺院に参拝します。その様子を、Royal Mountain Travel- Nepal が 「Mata Tirtha Aunsi (Mothers’ Day) 」と題する動画を You Tube にアップされています。

寺院から少し離れた所に、祠や像が並び人々が参拝しています。周囲は108個のリンガが取り囲みます。寺院の入り口付近です。右下に水浴びが出来る場所があります。境内は閑散としています。池の周りを時計回りに回らねばならないようです。他の映像を見ると、母の日にはここにも水が満たされており、金網の隙間から人々が手を差し入れ水に触れています。母の像です。当日はお供えが浮かび、人々が沐浴する池も静かです。カトマンズ市街からは少し離れた場所にあり、交通の便も悪そうです。カトマンズからバクタプル方面に向かって東に延びる幹線道路も決して整備されているとは言えませんが、南に向かう幹線道路、Kalimati Rd. → Kalankisthan Rd. → Tribhuvan Highway は、穴だらけで更に整備がされていません。このため普段でも渋滞は激しく、母の日のさらなる大渋滞が容易に想像出来ます。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

Changu Narayan チャング ナラヤン

ネパール滞在4日目は、郊外の Changu Narayan チャング ナラヤンを訪ねました。少し山道を登り、見晴らしの良い場所ではカトマンズ市街が遠くに見えます。外国人は入場料を支払います。寺院は地震による倒壊は免れ、美しい姿を見ることが出来ます。2層の建物は、屋根の先端の黄金色の Gajura ガジュラ(ガジュール)、そこから垂れ下がるPataka パタカ(Dhvaju ドバジャ)、屋根を支える方丈 Struts(Tundal トゥンダール)の美しい彫刻と、Pagoda style パゴダ様式の建築物の代表の一つです。

建物の彫刻もいつまでも眺めていられます。Torana トーラナも金色です。この地域ではこんなに大きな米が収穫できるという、伝説の米粒も側面に見つけることが出来ます。鳩がとまっています。正面にはガルーダ Garuda が跪いています。ESC NEPAL の GARUDA の記事で、この像について説明されています。

One of the most beautifully crafted images of the Garuda is the one kneeling in front of the Changu Narayan temple. A close look at the face has made many historians conclude that this is what 5th century ruler Mana Deva must have looked like. Around the neck of the Garuda one can also see a large Naga (divine serpent). Legend has it that Garuda is a solar deity. Garuda’s mother had been made a slave by the mother of the Nagas. The Nagas put up a demand that she will be freed only if Garuda is able to bring them the elixir which gives eternal life. As the story goes, Garuda was successful and on this way back met Vishnu who was very impressed with his honesty in not keeping the elixir for himself and thus granted Garuda eternal life as well, and made him his trusted mount or vehicle. Garuda would henceforth always have a high place in front of all Vishnu temples.

境内にも多くの彫刻が置かれています。10ルピー札にも印刷されている、Lord Changunarayan、ガルーダに跨った Vishnu ヴィシュヌ神の像や、10の頭と10本の手を持つヴィシュヌ像は、ムガール帝国の侵略の際に割られて一部欠けたとの話も聞きます。ネパールで最も古い石碑は464年頃の物との事ですが、刻まれた文字は現代の人には読めないそうです。UNESCOが、このチャングナラヤンの震災による破損状況の詳細な報告書を作成しています。震災前の写真と比べることが出来ますが、もともとは境内を取り囲むように2階からなる REST HOUSE (SATTAL) があったようですが、崩落しています。神輿の様なものは難を逃れていました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

【2018年夏】ネパールの観光ビザのオンライン申請と空港での入国審査手続き

昨年も少し苦労しながらもネパールの観光ビザをオンライン申請しました。今年も同じことをすれば良いので簡単と思っていました。この1年で、申請の入力方法についての詳細な解説をあちらこちらで見かけるようになりました。「地球の歩き方」にも掲載されています。昨年のオンライン申請についての記事は →「ネパールの観光ビザのオンライン申請と実際の入国手続き」

Department of Immigrationの申請ページを開こうとすると、白い画面しか出てきません。時間をおいて何度かのトライでようやく申請の画面が開きました。昨年と同じに入力しSubmitのボタンを押します。処理が進んだと思いきや、最後のところでフリーズして動きません。諦めてやり直しです。今度は処理が始まってすぐに、突然最初の画面に戻ります。何処がおかしいのか、入力間違いかのエラーメッセージも出ているのかさえ不明です。時間をあけながら何度も繰り返し、何とか処理が進み、次のページに移りました。Submission ID が記載された画面を印刷して持参します。2回目でもこの有様ですので、初めて申請される方にとっては根気と忍耐が必要かもしれません。

Passport and copies of Passport along with a copy of the latest visa pageを用意しておくように記載されていますが、コピーの方は実際は提示などの要求はありませんでした。

カトマンズで空港に着くと、まずVisa代の25ドルを払うカウンターに行き、支払った証明をもらってから入国審査の窓口です。15/30 days Visaの窓口がいくつかあいていますが、フォーク並びをしているのかと思い列の後ろに並びました。後から来た人は空いた窓口の前に直行です。遠慮は無用の様です。

荷物を受け取り、最小限の両替をして、プリペイドタクシーを頼みました。飛行機が着陸して1時間後にはホテルの部屋で荷を解いていました。

 

ネパールにおける豚肉事情

その後、どうしても気になるネパールの豚肉事情をwebで渉猟してみました。

Helen M. Macbeth 編 (1997)
「Food Preference and Taste: Continuity and Change」
の一章に、
Christian McDonaugh 著
「Breaking The Rules Change in Food Acceptability among the Tharu of Nepal」
があり、その中で、

In Nepal in the past and still to some extent now, the situation is complex in that foods eaten by some middle-ranking groups were very varied and included buffalo, pork, yak and beef.  All of these are in varying degrees low-status foods from the point of view of the high Brahman and Chetri hindu caste groups.
(中略)
Diet markers map on to this hierarchy in away fairly typical of the north India and of mainstream Hindu caste in Nepal.  Broadly speaking the Brahmans are vegetarian, though lower ranking Brahmans do eat some meats such as pigeon and maybe goat.  Chetri eat goat and chicken.  Tharu eat all of the above plus pork which in terms of Brahmanic values of purity is a low-ranking impure food.  The lowest castes eat buffalo as well as all the above, with only the Sarki eating beef.

Monika Mandal 著(2013)
「Social Inclusion of Ethnic Communities in Contemporary Nepal」
の中の記述には

The commoners linked to eat some kind of meat with the exception of cows anf female animals. Chickens were eaten by all castes except Brahmans and Chhetris. The Newars, the Tamangas, the Sherpas, the Sunwars and others took delight in taking buffalo meat, hens and pigs. Actually the Newars were great consumers of buffaloes, and also meat of goat, sheeps, ducks and fowls but they did not touch pigs.
(中略)
The Magars ate pork but not buffaloes’ flesh, while the Grungs ate the buffalo but not the pig. Most of the Brahmans were vegetarians.

Durga Datt Joshi 他著
「Improving meat inspection and control in resource-poor communities: the Nepal example」
Acta Tropica 87, 119-127 (2003)の中では

In Nepal, buffaloes contribute about 64% of the meat consumed, followed by goat meat (20%), pork (7%), poultry (6%) and mutton (2%). Goat and poultry meat is acceptable to all castes of people while buffalo meat is consumed mainly by the Newar ethnic group. Previously, pork was consumed only by people belonging to low castes, however, in recent years, the consumption of pork has increased in higher castes as the caste system has become more relaxed.

とあります。一番最近の文章ではPIG PROGRESS(Sep. 20, 2017)のPig farming in Nepal is growing step by stepの記事の中で、

At the moment, professional pig production in Nepal is still in its infancy. As the country is gradually becoming less traditional and more modern, different trends and eating habits are surfacing.

Nepal may not be top of mind when talking about pigs. Quite rightly so – the country doesn’t have an overly rich tradition when it comes to pork consumption. After all, Nepal may have a rich diversity of ethnic communities, castes and beliefs, traditionally however, only a limited number of them accepted pig farming. Pork is consumed by certain communities like e.g. the Rai, Sherpa and Tamang. So-called ‘upper caste’ communities, however, would never go anywhere near pork.

That picture, however, is slowly changing these days. Especially in urban communities and amongst the younger generations, the cultural food restrictions have lost their importance. Also, cities are growing fast due to ongoing migration, which altogether leads to a picture of a country that is gradually changing its eating habits.

と、書かれています。

日本人には窺い知れないカースト制度に伴う奥深い慣習がやはり有るようです。これらを念頭に、現役世代の方々に話を聞きました。彼らの親や祖父母の世代までは、ブラーマンBrahmanやチェトリChetriの人々にとっては、やはり豚は食べない、あるいは近寄ってもいけない動物だったようです。家庭によっては今もその慣習に従うそうです。一方で、上の記述の様に、彼らの世代や更に若い世代ではあまりそれに囚われない人もいるとの事です。

何方か、もっと詳しい事情をお知りの方、是非お教え下さい。

 

Toran トラン Dwarika’s Hotel ドゥワリカズホテル (Kathmandu)

午後にいったんホテルに戻ってゆっくりする毎日になりました。その頃には、夜中から降り続いた雨もいったん上がっています。Dwarika’s Hotel ドゥワリカズホテルAll day lounging & informal diningのToran トランの中庭に設えられた席で、ゆっくりとチヤを楽しみました。食事も頂けますが、残念ながら機会がありませんでした。最初にNepalese Teaかと尋ねられた後は、覚えてもらえた様です。以降はチヤと言えば、それだけでスパイスの効いたチヤが出てきました。

朝食にはbuffetも用意されていますが、コーヒーだけを飲みたいと2度伺いました。チェックをお願いするとcomlimentaryと言われ、ホテルのホスピタリティを垣間見ました。

Fusion Bar – Dwarika’s Hotel

http://www.dwarikas.com/

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換