野菜沢山のダルバート @ ダナチョガ Dana Choga (京都市北区)

お店のインスタグラム等で、ナンなどタンドール料理を供することが出来ないことをお知らせされている「ダナチョガ Dana Choga」さん、心配になり訪れました。ネパール人のシェフの復帰までの暫くの間は、店主のワンオペで、ダルバートや、カレーとライスの組み合わせなどで営業を続けられるとのことです。2種類のダルバートは、ダルバートAとダルバートBに呼び名が変わり、シェフの居ぬ間に、野菜沢山の内容に変化をとげています。ダルはマス、ムスロ、ムング、チャナ、ボリのミックス、マスはチキン、ジョルタイプのククラコマス、チキンのタルカリ、ヨーグルト、生野菜、アチャール、ズッキーニ、大根、蓮根、オクラ、茄子などが並びます。食後にチヤも頂きました。

北山通りと鞍馬街道の交差点近くにあるお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ダナチョガ Dana Choga (京都市北区)」

ネパールとインドのお料理
Dana Choga ダナチョガ

京都市北区紫竹下本町 22-2

https;//danachoga-kyoto-nepal.com
https://www.facebook.com/danachogakyoto/
https://twitter.com/DanaChoga_Kyoto
https://www.instagram.com/danachoga/

 

ジョアノコジョル Jwano ko Jhol @ ダナチョガ Dana Choga (京都市北区)

「ダナチョガ Dana Choga」さんへ伺い、2種類用意されているダルバートのうち「いつものダルバート」をお願いしました。この日はダルバートの注文ばかりあり、副菜のグンドゥルックを切らしてしまったとのことでした。メインをマトンで、尋ねてみるとジョアノのスープも出来るとのことでしたので追加でお願いしました。ダルはマス、ムスロ、ボリ、チャナの組み合わせの様です。マスのマトン、ジョアノのスープ、大根のアチャール、キノコ、サグ、トマトのアチャール、生野菜、ヨーグルトが並びます。食後にチヤも頂きました。

ジョアノのスープ、Jwano ko Jhol は、ネパールでは、授乳がよく出来るように、また産後の母体の回復を促すために、出産後に良く飲むスープの様です。Boss Nepal の「Jwano (thyme) in Nepali kitchen」の記事でも紹介されています。

Thyme seed, locally known as jwano, is considered to be one of the best sources of nutrients that a body requires. In Nepal, there is a tradition of giving Jwano ko jhol to a pregnant woman during her post-pregnancy period, children or people suffering from cold and people who are physically weak due to sickness as the soup is considered to be good for health.

また消化や胃痛を助けたり、月経痛(生理痛)などにも効用があると記されています。

It also has other benefits like helping in digestion and stomach ache. It is also said to ease the stomach pain during the menstruation period if eaten with hot water (first chew the jwano and then drink the lukewarm water or as hot as you can tolerate). 

北山通りと鞍馬街道の交差点近くにあるお店で頂ける美味しい料理の数々は →「ダナチョガ Dana Choga (京都市北区)」

ネパールとインドのお料理
Dana Choga ダナチョガ

京都市北区紫竹下本町 22-2

https;//danachoga-kyoto-nepal.com
https://www.facebook.com/danachogakyoto/
https://twitter.com/DanaChoga_Kyoto
https://www.instagram.com/danachoga/

 

マトンダルバート @ ネパールとインドのお料理 Dana Choga ダナチョガ (京都市北区)

最近お店の Facebook 、Twitter、Instagram に、ダルバートに関する事を次から次へとアップされている「ネパールとインドのお料理 Dana Choga ダナチョガ」さんへ、久しぶりに訪れました。ダルバートも、マス付きと無しが選べるようで、バスマティライスに変更は追加料金で可能の様です。マスをマトンで、バスマティライスでお願いしました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナ、ボリの5種類のミックスの様です。マスのマトンは、さらさら系のグレービータイプです。副菜には、ダルから反時計回りに、パパドゥ、トマトのアチャール、胡瓜と人参、よく発酵した大根のアチャール、グンドゥルック、蓮根、ほうれん草、ヨーグルトと並びます。ワンドリンク付きですのでチヤを頂きました。前回訪問時はネパール人2人体制でしたが、今回はネパール人のシェフと、フロアを担当される日本人の女性が居られました。壁に貼られたダルバートの説明書きも新しくなっており、ダルバートの内容も変わっていました。

ダルバートのダルスープは他のカレーに比べて豆の味を活かしたあっさりした仕上がりです。 適度に塩を効かせていますので、ごはんがすすみます。

と、お店の Facebook に記されていましたが、辛くないのでこんなの「カレー」ではないと言ったお客さんでもいたのでしょうか、心配になります。もっと辛さ、塩味を控えても豆の味が楽しめて良いかもと思う者もいることをお話したかったのですが、グループのお客さんが入ってこられ忙しそうにされていたので控えました。

北山通りと鞍馬街道の交差点近くにあるお店で頂ける美味しい料理の数々は →「ダナチョガ Dana Choga (京都市北区)」

ネパールとインドのお料理
Dana Choga ダナチョガ

京都市北区紫竹下本町 22-2

https;//danachoga-kyoto-nepal.com
https://www.facebook.com/danachogakyoto/
https://twitter.com/DanaChoga_Kyoto
https://www.instagram.com/danachoga/

ダルバート@ネパールとインドのお料理 Dana Choga ダナチョガ(京都市北区)

とあるインスタグラムから、京都にダルバートDal Bhatを供するお店「ネパールとインドのお料理 Dana Choga ダナチョガ」さんがある事を知り、京都市北区へ出かけました。堀川通と北山通の交差点の近くに在りますが、周辺のコインパーキングは両通りから細い道に入った方が見つけ易い様です。

ダルバートも「ネパールのおばんざい定食」と京都らしいネーミングです。バスマティライスに変更で、マスはマトンでお願いしました。トピを被ったお二人はチトワン出身との事でした。お伺いするとダルはミックスダルとの事ですが、自店でブレンドされているわけではなさそうです。サグの代わりにブロッコリーとオクラのタルカリでした。サラダ付きとのことで、食前にインネパ店でよくあるサラダも持って来て頂きましたが、代わりにメニュー通りのサグ(青菜炒め)が欲しい所です。お店のFacebookでアンダバジの記述が有りましたので、メニューも見ずにお願いし、ダルバートと一緒に美味しく頂きました。まだメニューに載っていなかった様で、値段は適当に決めて下さいとお願いしました。ワンドリンク付きですので、最後にチヤも頂きました。

北山通りと鞍馬街道の交差点近くにあるお店で頂ける美味しい料理の数々は →「ダナチョガ Dana Choga (京都市北区)」

ネパールとインドのお料理
Dana Choga ダナチョガ

京都市北区紫竹下本町 22-2

https;//danachoga-kyoto-nepal.com
https://www.facebook.com/danachogakyoto/
https://twitter.com/DanaChoga_Kyoto
https://www.instagram.com/danachoga/