BISTECK A LO POBRE ペルー風ビーフステーキ @ HUANCAYO ワンカヨ (豊中市)

2月のある日、ペルー料理店「HUANCAYO ワンカヨ」さんへ伺い、まず CUSQUEÑA とチチャモラーダ Chicha morada を頂きました。BISTECK A LO POBRE ペルー風ビーフステーキをお願いすると、ビーフとポークのミックスで登場です。目玉焼きとフライドポテトは必須の様です。ARROS CON POLLO 鶏肉と野菜の香味ピラフも頂き、食後にコーヒーをお願いしました。

お店で頂ける美味しいペルー料理の数々は
→「ワンカヨ HUANCAYO (豊中市)ペルー料理」

HUANCAYO ワンカヨ

豊中市中桜塚2-25-12

 

タヤリン サルタド Tallarin Saltado @ ワンカヨ HUANCAYO (豊中市)

「ワンカヨ HUANCAYO」さんへ久しぶりに伺いました。この日は小腹がすいた程度でしたので、インカコーラと、麺入り野菜炒めの タヤリン サルタド Tallarin Saltado をさっと頂きました。添えて頂いた瓶入りのアヒ ロコト Aji Rocoto と一緒に頂くと美味しさが増します。牛肉も入っていますが、ロモ サルタド Lomo Saltado と違ってポテトが入っていませんでした。

お店で頂ける美味しいペルー料理の数々は
→「ワンカヨ HUANCAYO (豊中市)ペルー料理」

HUANCAYO ワンカヨ

豊中市中桜塚2-25-12

パタスカ Patasca @ ワンカヨ HUANCAYO (豊中市)

前もって連絡の上、ペルー料理店「ワンカヨ HUANCAYO」さんへ伺うと、寒い日のための料理がありますとのことで、是非にとお願いしました。まずは、クスケーニャ Cusquena のキヌア Quinua を使ったビールを、トウモロコシのおつまみで頂きながら料理を待ちます。まずはセビッチェ Ceviche です。 次いで、体が温まる寒い日のための料理、パタスカ Patasca が登場です。大きな実のトウモロコシを皮を取ってから柔らかく煮込み、そこに肉などを加えた具沢山のスープです。牛肉と鶏肉が入っていますが、モツなどもよく使われている様です。店主の故郷、店名にもなっているワンカヨでは、モンドンゴ Mondongo とも呼ばれるそうです。見た目よりジャイアントコーンは柔らかくホクホクとした食感に仕上がっており、スープの塩味も絶妙です。メニューには載っていませんが、数日前に前もって連絡すれば作って頂けることもあるとの事です。手間が大変かかるので、ある程度の人数分でお願いした方が良さそうです。店内には、そのトウモロコシが飾られています。クスケーニャのドライなタイプも頂きます。黄金のシチューと言われる アヒデカジーナ Aji de Gallina は、鶏肉入りです。アヒアマリージョ Aji Amarillo、セロリ、生姜などが効いています。魚のフライ、ペスカドフリート Pescado Frito も頂き、ピスコサワーも追加です。ご飯もの、アロスコンポイヨ Arroz con Pollo もお願いします。小瓶に入った アヒロコト Aji Rocoto を添えると、味の変化を楽しめます。食後は、店主夫妻にペルーの唐辛子について教えて頂きました。写真左がアヒアマリージョ Aji Amarillo、右がアヒロコト Aji Rocoto、アヒコロラド Aji Corolado なるものも使われている様です。

お店で頂ける美味しいペルー料理の数々は
→「ワンカヨ HUANCAYO (豊中市)ペルー料理」

HUANCAYO ワンカヨ

豊中市中桜塚2-25-12