ブンダウマムトム Bun Dau Mam Tom @ Pho Ko Ha フォーコーハー(神戸市長田区)

「Pho Ko Ha フォーコーハー」さんで頂いた蒸し春巻き バイン クォン Bánh cuốn に勝るものに出会う事がないので、再び頂きたくお店を訪ねました。お店の外の看板や、ショップカードには「Restaurant KOHA 料理館」とも書かれています。メニューブックも新しくなっていました。店内の「めにゅー」と書かれたボードには、密かに期待していた ブンダウマムトム Bún Đậu Mắm Tôm が記されています。まずは蒸し春巻きを頂き、ブンダウマムトムもお願いします。店主にマムトムはベトナム人でも嫌いな人がいるが大丈夫ですかと確認されました。ブン Bún 米粉の麺は塊になっているタイプで、香草もしっかり添えられ、揚げた豆腐 Đậu、ソーセージ Lòng dồi nướng、揚げ春巻き Chả giò、揚げた豚の小腸 Lòng Heo Chiên、茹でた豚肉 Thịt Luộc が盛られています。マムトムも残さず頂きました。追加で頂いた焼アヒルのブン Bún Vịt Quay は、予想とは異なり汁麺タイプでした。ローストされた骨付きのアヒルがしっかり載っています。デザートにチェータイ Chè Thái をお願いしました。神戸市営地下鉄海岸線駒ヶ林駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は →「フォー コーハー PHO KOHA (神戸市長田区)」

Phở Ko Ha
フォー コーハー

神戸市長田区庄田町 3-5-16

ブン ダウ マム トム Bun Dau Mam Tom @ 39 SAI GON ベトナム料理 (神戸市長田区)

神戸市長田区のベトナム料理店の訪問、2軒目は「39 SÀI GÒN」さんです。開店してまだ日も浅い様で、綺麗な内装です。訪問時は、日本人よりもベトナム人の若者のお客さんの方が多く、アウェー感も楽しめました。メニューの中から、生春巻き Gỏi Cuốn ゴイ クン、蓮の茎サラダ Gỏi Ngó Sen ゴイ ゴーセン、鶏豚牛の串焼きセット Gà Heo Bò Xiên Que Nướng ガー ヘウ ボー シエン クエア ヌオン、発酵海老味噌だれで食べる米麺と揚げ豆腐 Bún Đậu Mắm Tôm ブン ダウ マム トムは、日本人向けにアレンジされてはなさそうなマム トムの虜になってしまいます。添えられた茹でた内臓も、腸、胃、舌と現地色を楽しめます。鶏肉のフォー Phở Gà フォー ガー、デザートもチェーを2種類、Chè Bà Ba チェー バー バーと、Chè Thập Cẩm チェー タップ カムも頂きました。

39 SÀI GÒN

神戸市長田区二葉町 3-11-9

 http://39saigon.com/ja/

 https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Restaurant/39saigon-2109823739255691/

バイン クォン 蒸し春巻き @ Pho Ko Ha フォー コーハー(神戸市長田区)

神戸市長田区にもベトナム料理店がいくつかあります。検索して、通し営業をされていそうと目星をつけたお店を訪れても、ランチタイム後はやはり閉まっていたりします。3軒目の「Pho Ko Ha フォー コーハー」さんで、ようやく遅い昼食を頂くことが出来ました。お店の外装には、「フォー ヴィエット」の文字も、まだ掲げられています。

店主らしき女性 Ha さんの説明によると、フォーと蒸し春巻きの専門店で、店名は自身の名前に由来するとのことです。それをお聞きして頂いたのは、牛肉のフォー Phở bò と、蒸し春巻き バイン クォン Bánh cuốn です。添えられたたっぷりの香草と一緒に頬張ります。豚肉ソーセージ Chả lụa は、国産の豚肉で作られたものだそうです。日替わりのデザートもあるとのことで、お願いしました。Chè が出てきました。神戸市営地下鉄海岸線駒ヶ林駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は →「フォー コーハー PHO KOHA (神戸市長田区)」

Pho Ko Ha
フォー コーハー

神戸市長田区庄田町 3-5-16