ダルバートセット その2 @ ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen ネパール伝統料理 (大阪市淀川区)

ディナータイムのみ営業を再開された「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen」さんへ伺いました。飲み物のおつまみに揚げたパパドゥが供され、スープモモ、チョウミン、ダルバートセットをお願いしました。ダルはマスコダル、アルタマボリ(じゃが芋、発酵筍、ささげ豆)も付いており、マスは以前のチキンからマトンがデフォルトになり、マトンチョイラ、大根、人参、胡瓜、えんどう豆のアチャール、トマトのアチャール、青菜炒め、パパドゥが並びます。食後にチヤを頂きました。客席の一部が、食材販売の棚に変わっていました。ラプシのアチャールや、グンドゥルックのアチャールの瓶詰めなどもありました。

大阪メトロ西中島南方駅、阪急京都線南方駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は、 →「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen(大阪市淀川区)」

Bhwe Chhen
ヴウェチェ(ボエチェ)
ネパール伝統料理

大阪市淀川区西中島 4-6-4

https://www.instagram.com/anirukumarusakiya/?hl=ja
https://www.instagram.com/spice_bhwechhen/?hl=ja

ダルバートセット @ ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen (大阪市淀川区)

「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen」さんのディナーメニューにダルバート Dal bhat やカジャ Khaja セットが無いと嘆くと、ダルバートセット、ネワリサマエバジ Newari Samay Baji セットが登場しました。まずはダルバートセットを頂いてみます。ダルはマスコダル、マスはチキン、ランチタイムに頂いた際にバターチキンカレーが出てきたと嘆くと、まだ突っ込みどころは有るのですが、ククラコマスに変わっていました。アルタマボリも添えられ、マトンチョイラ、サグ、大根、人参、胡瓜、えんどう豆のアチャール、トマトのアチャールと並びます。食後にチヤを頂き、メニューにはネパールのデザートと書かれていましたが、普通のバニラアイスクリームが出てきました。オーナーもお店に居られましたので、スタッフの方も交えお話をすることが出来ました。もうバターチキンカレーがダルバートに登場することはなさそうです。

大阪メトロ西中島南方駅、阪急京都線南方駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は、 →「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen(大阪市淀川区)」

Bhwe Chhen
ヴウェチェ(ボエチェ)
ネパール伝統料理

大阪市淀川区西中島 4-6-4

クワティモモ Kwati Momo @ ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen (大阪市淀川区)

グランドオープン後の「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen」さんを、ディナータイムに訪れました。 残念ながら、カジャセットやダルバートなどはメニューブックに載っていません。アラカルトでの注文になり、チキンチョイラとクワティモモ、ミックスチャタマリをお願いしました。チキンチョイラはすぐに供されましたので、作り置きの冷製で、クワティモモは、豆沢山のスープ Kwati ko Jhol にモモが入っており、ラジマ、ボリ、チャナ、マスなどが使われています。他の豆の詳細を店員さん尋ねてみましたが、オーナーが居られる時の方が教えて頂けそうです。 ミックスチャタマリまで頂くと2人でも満腹になりました。

大阪メトロ西中島南方駅、阪急京都線南方駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は、 →「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen(大阪市淀川区)」

Bhwe Chhen
ヴウェチェ(ボエチェ)
ネパール伝統料理

大阪市淀川区西中島 4-6-4

ダルバート @ ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen (大阪市淀川区)

11月1日にグランドオープンを迎えられた「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen」さんへ、ランチタイムの遅い時間に伺い、ダルバートをお願いしました。ダルはこの日もマスがメインの様で、他の豆も使われているのか尋ねましたが、店員さんもカロ Kalo と言われていたので、マスコダル Mas ko Dal の様です。マス Masu はチキンのみで選択はなく、しかもナン&カレーのランチメニューにあるバターチキンカレーと同じとのことです。青菜炒めのサグ、大根、人参、胡瓜、えんどう豆のアチャール、マトンチョイラ、トマトのアチャールと並びます。ワンドリンク付きですので、食後にチヤを頂きました。

ダルバートに合うククラコマス Kukhra ko Masu を想像していましたが、バターチキンカレーでした。混雑時の作業単純化や採算上の問題等で、圧倒的に注文の多いナン&カレーに用意したグレービータイプのチキンカレーをそのままダルバートに使わざるを得ないのも理解出来ます。他に5組ほどお客さんが居られましたが、皆さんナン&カレーのセットを食べておられました。別に用意したとしても、バターチキンカレーの方が喜ばれるかもしれません。しかし、立派なネワール様式の内装で、プレオープンの際に供されたカジャやダルバートから、「ネパールらしい、ネワール料理としてのダルバート」を供して頂き、ネパール料理とインド料理は違うこと、ネパール料理は決してナン&カレーでは無い事を広めて頂けるのを期待しています。プレオープンの際に、ダルやマス、またネワール料理全般についても熱く語っておられたオーナーに、もっとお話を伺いたかったのですが、残念ながらこの日は不在でした。

大阪メトロ西中島南方駅、阪急京都線南方駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は、 →「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen(大阪市淀川区)」

Bhwe Chhen
ヴウェチェ(ボエチェ)
ネパール伝統料理

大阪市淀川区西中島 4-6-4

ヴウェチェ ネパール伝統料理 Bhwe Chhen (大阪市淀川区)ネワール料理

大阪メトロ御堂筋線西中島南方駅にほど近い場所に、ネワール料理店「ヴウェチェ ネパール伝統料理 Bhwe Chhen」さんが、11月1日に開店されます。10月中はプレオープン期間として、夜のみ営業を開始されたとのことで、早速伺いました。正式のオープンまでは、カジャセットとダルバートの組み合わせで飲み放題付きのセットのみです。入口から装飾が目を引き、入ってすぐの場所にはマニ車、店内に足を入れると、仏様に迎えられます。壁にはネパールの職人さんの手による曼陀羅や、クジャクの窓などの工芸品が沢山飾られています。肝心の料理は、カジャセットは、チウラの上にバラ、その上にシドラマチャ(小魚)、下の写真 9時の位置のボリ(ささげ)から時計回りに、アル(じゃが芋)とケラウ(えんどう豆)のアチャール、マトンチョイラ、アンダ(卵)、バトマス(大豆)と並びます。ダルバートは、下の写真 12時の位置のダルから時計回りに、マトンカリー、サグ(青菜炒め)、大根、胡瓜、人参、えんどう豆のアチャール、アルタマボリ(じゃが芋、発酵筍、ささげ)が、ご飯を囲みます。ダルに使われている豆は、この日はマスのみだそうです。ご主人のシャカさん(覚えやすいのでお釈迦様と一緒の呼び方でよいと仰いました)が居られ、ネワール料理へのこだわりを聞かせて頂きました。チヤも頂きました。グランドメニューも準備が整っている様です。大阪メトロ西中島南方駅、阪急京都線南方駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は、 →「ヴウェチェ(ボエチェ)Bhwe Chhen(大阪市淀川区)」

Bhwe Chhen
ヴウェチェ(ボエチェ)
ネパール伝統料理

大阪市淀川区西中島 4-6-4 トムボーイビル1F