トスターダ@ラ・コスタ(箕面市)

西海岸のとある大学で仕事をしていた頃、大学の食堂でよくトスターダを食べていました。メキシカンライスの上に、揚げたトルティーヤ、さらに野菜やサルサソースがのった一品で結構お気に入りでした。同僚のアメリカ人にはまたジャンクフードを食べていると笑われていました。

箕面駅にほど近いメキシコ料理店La Costaラ・コスタさんに伺った時に、まだ他にお客さんがおられなかったので、お店のメニューにはない、そのトスターダをお願いしてみましたところ、快諾していただきました。揚げたトルティーヤをパリパリと割りながら頂くと、ライスや野菜と美味しく混ざり、十二分に満喫した一皿となりました。飲み物は、ドスエキスのアンバービールからスタートです。
すぐにテキーラベースのカクテル、パローマも頂きます。
タコスは鶏肉のティンガタコスをお願いしました。ラム肉のメキシカンミートボール、アルボンディガスを2個入りで追加です。ついついアルコールもすすみます。モヒートもお願いしました。ケサディーヤパストーレ、豚肉入りも頂きました。前回、今回と、頂いたどの料理も美味しく、大阪市内まで出かけずとも十分メキシコ料理を堪能できることがよく分かりました。スタッフの御兄弟の接客も申し分なく、楽しく食事をいただけました。

「La Costa ラ・コスタ(箕面市)メキシコ料理」

Mexican Cafe&Bar La Costa
メキシカンカフェ&バル ラ・コスタ

箕面市箕面6-9-14 ロジュマン箕面104
https://pancho22dc.wixsite.com/minoh-lacosta
https://ja-jp.facebook.com/mexicancafeandbarLaCosta/

Indus Ray インダスレイ(神戸市)南インド料理

阪急電車神戸線花隈駅の近くにあるIndus Ray インダスレイさんに、夕食時にミールスを頂きに伺いました。取り敢えずのビールは、TAJ MAHALです。ベジタリアンセットをお願いしました。ソナマリスライスを使っておられるとのことです。定番のサンバルやラッサムは味がはっきりしていて南インド料理を食べている実感に浸れます。左10時の方向の一皿は根菜かと思ったら青バナナとのことでした。クラブジャム&アイスクリームも追加で頂いて帰りました。ミールスは美味しく、居心地の良い店内でした。阪急電鉄神戸線花隈駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「インダスレイ Indus Ray(神戸市中央区)」

Indus Ray インダスレイ

神戸市中央区元町通3丁目11-10
https://ja-jp.facebook.com/Indus-Ray-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4-162860867131465/

ネパールディナーセット@ダルバート食堂(大阪市中央区)

4月から夜営業を毎日始められたダルバート食堂さんで、6月17日、18日の両日に、予約制のディナーセットの試みをされると、お店のtwitterなどで告知されていました。予約の上、地下鉄谷町線の谷町4丁目駅に近いお店に伺いました。

こんにちは。
ダルバート食堂から、お知らせです。
少し、新しい試みですが今月、6月17日18日の土曜日と日曜日の2日間のみの夜営業に予約制のディナーセットをしようと思います。下記内容です。
1▪カジャ盛合せ
・スクティサデコ
・アルティンムル
・パニールチョエラ
・ボディ(黒目豆)
・グンドゥルックサデコ
・野菜のチリソース炒め
2▪モモ3種盛り
3▪マトンシェクワ100g(スパイスでマリネした肉の直火焼き)
4▪ネパール米とダル(豆のスープ)とムラコアチャール(大根の漬物)
以上で、2800円(+税)/1人となります。
上記で、4については順序に関係なくいつでもご提供可能です。
(中略)
 今回は、ネパール料理のダルバートとは違う料理も知って頂きたいという思いから企画に至りました。
現地のローカルっぽい感じから、ダルバート食堂のテイスト入れて楽しんで頂けるようなメニュー内容で考えてます。
よろしくお願いします!

一人で伺いましたのでカウンターに座らせていただき、早速ロキシーをお願いし、料理を待ちました。まず一皿目にはグンドゥルックサデコ、ボディ、野菜のチリソース炒めが載っていました。二皿目でスクティサデコ、アルティンムル、パニールチョエラが供されました。どの料理も美味しく、スパイスの良く効いた品と優しい味の品のバランスも良く、お酒もすすみ、この時点でロキシーを既に2杯頂いておりました。ククリラムも追加です。おつまみも出して下さりました。次に登場したのは、モモ3種盛りです。見た目もカラフルです。黄色のモモの中身はマトンで、緑はホウレン草とセロリ、赤がビートを使っているとのことです。食感も味も楽しめました。メインのマトンシェクワは、前もって低温で調理したものをコンロで炙って供されていました。肉厚でナイフとフォークが用意されていました。想像を超えた逸品でした。下に敷かれているのはチウラではなくポン菓子の様なお米Puffed Rice(Bhujya)とのことです。最後に、チキンカレーの付いたネパール米のダルバートを頂きました。昼営業をしながらの、食材の準備、下拵えが大変だったと思います。店主の意図した「現地のローカルっぽい感じから、ダルバート食堂のテイスト入れて楽しんで頂けるようなメニュー内容」を十分堪能しました。この様な企画がまたあれば、是非駆けつけます。

お店で頂ける美味しい料理の数々は→「ダルバート食堂(大阪市中央区)」

ダルバート食堂

大阪市中央区内久宝寺町3-3-16
http://dalbhat-shokudo.com/
https://twitter.com/dalbhat_nepal

マグロカレー@スリランカダイニングアマヤ本町店(大阪市中央区)

木曜日のランチの日替わりカレーは魚ですと、お店のFacebookで告知されていましたので、いそいそと出かけました。

スリランカダイニングアマヤ本町店です(*^^*)
アマヤ本町店の6月木曜日メニューは魚カレー!!
今日はマグロです(*´ω`*)
今日は忘れず投稿(笑)
皆さまのご来店、お待ちしております!

マグロとチキンのあいがけ、ご飯は少なめでお願いしました。遅い時間に伺い、他にお客さんがおられなかったこともあり、店主ラッキーさんに魚の頭を食べますかと訊かれました。もちろん喜んで頂きますとお答えしました。運よくフィッシュヘッドカレー?を頂く機会に恵まれました。ココナツミルクライスは文字通りココナツミルクで炊いたものだそうです。現地でもお祝いなどの際に炊き、特別なお米を使うのだそうですが、日本米がよく似ているとのことで、日本米を使っておられるとのことです。

以前の記事「大阪で食べるスリランカカレー」

SRI LANKAN DINING A*MAYA
スリランカダイニングアマヤ本町店

大阪市中央区久太郎町3-1-22 OSKビル
https://www.facebook.com/SRI-LANKAN-DINING-AMAYA-486120204761821/

ベジタブルセット@ヴィジェイジャムナ Vijayjamuna(豊中市蛍池)

最近追加になったランチメニューの数々が気になり、阪急宝塚線蛍池駅近くのヴィジェイジャムナVijayjamunaさんを訪れました。前回はTawa Parontaセットを頂きましたが、ラムチョップセットが気になります。お願いしようとするとラムの調理に20分はかかるとのことでした。この日は午後の用事もあり諦めて、Vegetable Set ベジタブルセットなるものを頼んでみました。サモサ、マッシュルームマタル、ベジタブルカレー、ベジタブルナン、ライス、サラダ、ドリンクがその内容でした。このお店のマッシュルームマタルを初めて頂いたのですが、結構いける味です。ナンとライスの組み合わせは、糖質制限ダイエットにとっては強敵です。ほどほど頂きました。

後日、マッシュルームマタルに惹かれて、ベジタブルセットを再度の注文です。この日は他のメニューでも共通の日替わりカレーが、ほうれん草とチーズのカレーとのことでした。他にお客さんがおられなかったこともあり、ベジタブルナンは要らないので、日替わりカレーを付けて下さいと店主にお願いしてみました。快諾して下さったどころか、出来上がりの見た目が良かったので、シェフのシブさんスマホを持ち出してこられました。自ら、薬味入れの蓋もとり、ラッシーを持ってきて一緒に撮っておられました。Vijayjamunaさんで頂ける美味しい料理の数々は
→ヴィジェイジャムナ Vijayjamuna(豊中市蛍池)

Vijayjamuna ヴィジェイジャムナ

豊中市蛍池東町1-6-2

KHAZANA カジャナ(大阪市淀川区)西インド料理

地下鉄御堂筋線西中島南方駅からほど近い、KHAZANAカジャナさんで何度かグジャラート・ターリー・ランチを頂いたことがあります。夜に訪問する機会があり、グジャラート・ターリー・ディナーをお願いしました。このお店は珍しく西インド料理を供されており、お店のweb siteでも以下の様に紹介されています。

インド料理にはたくさんの地方料理のスタイルがありますが、当店では特製の備長炭を入れた石釜で焼き上げる、こだわりのタンドール料理やナン、チャイといった北インド料理の人気メニューに加え、女性やインド料理通のお客様にご好評頂いておりますのが、新鮮な野菜たっぷりでヘルシーな『グジャラート・ターリー』という西インドの家庭料理を再現したお料理です。グジャラートとは、インド北西部にあるグジャラート州のことで、ベジタリアンの聖地としてや、あのガンジーの故郷としても知られておりますが、じつは当店支配人である私自身の出身地(故郷)でもありますため、西インド料理にも非常に強いこだわりを持ってご提供させて頂いております。

まずはスープから、そして豆のサラダが供されます。その後メインのターリーの登場ですが、見た目が、微妙にバランスの取れていない配置となっています。メニューの上では、パクリー(粗挽き全粒粉で素朴な味わいのパン)、ドクラ(米と豆を蒸し焼きにしたもの)、本日の豆カレー、本日のサブシ、カディ(ヨーグルトと豆の粉で作る西インドならではの甘いスープ)、ビーンズサラダ、ムティア、カマン、トマトクリームソース、カジャハルワ、アイス他、チャイとなっていますが、どこか何か違う様な気がします。他にお客さんがいなかったので、店の人に一品ずつ尋ねてみたのですが、言葉の問題で十分な意思疎通ができませんでした。提供される料理が日によって違うのかもしれませんが、折角の西インド料理です、何を使っているのか、どの様に調理されているのか知りたいものです。それぞれの料理は美味しいので、説明の一文でも添えられていたらと思いました。デザートのアイスクリームとチャイを頂きました。追加でクルフィーもお願いしてみました。

KHAZANA カジャナ

大阪市淀川区西中島4-6-30
http://www.khazana-osaka.jp/

 

 

タカリバンチャ(JR大森駅)ネパール料理

Nanglo Gharさんでダルバートを頂き、満足しました。新大久保駅から羽田空港に向かうべくまず品川駅を目指しました。飛行機までの時間があったため、品川駅から京急線に乗り換えず、予定を変更しJR大森駅へ向かいました。駅近くにタカリバンチャさんがあることは承知しておりました。駅前の通りに面する建物の地下にお店はありました。新大久保とは様相が異なり、日本人のお客さんがナンとカレーを食べておられました。ランチメニューからタカリダルバートセットをマトンでお願いしました。グランドメニューでもっと本格的なダルバート(スペシャル タカリ ターリー)なども有るようですが、さすがにお腹に入りそうもなく頼むことは諦めました。夜の居酒屋使いに最適なカジャセットもメニューに見つけました。次回はしっかりお腹を空かせて訪れ、ククリラムなどと共にゆっくり楽しみたいところです。大人しくチャイをいただいて帰りました。

タカリバンチャ

東京都大田区山王2-2-7 B1F

Nanglo Ghar ナングロガル(新大久保)ネパール料理

いつも東京に出かけた時は、とある鮨屋でのランチを楽しみにしていたのですが、前夜のAanganアーガンさんに引き続き、昼食もダルバートを頂くことにしました。再度新大久保駅に向かい、Nanglo Gharナングロガルさんに開店時刻の11時を少し回った位に訪れました。ビルの3階と4階が店舗の様ですが、3階の席に案内されました。他にはお客さんは2組、いずれもネパールの方達でした。帰阪後車の運転がありますので、アルコールは我慢して、Thakali special khana ネパールローカル料理セットをお願いしました。メインがマトンかチキンの選択となり、マトンで頼みました。メニュー表ではsalad、rice、dal、mutton curry、alu gobi、gundruk achar、tomato achar、ghee、papad、desertがその内容です。サービスでラッシーをどうぞとのことで持ってきていただきました。ここでもネパール人のお客さんはダルとバートのお替りを次から次へと頼んでいました。ダルが豆の密度が濃いにもかかわらずあっさり目でご飯がよくすすみます。豆の種類や味付けを訊きたかったのですが、店員さんには日本語も英語も十分伝わりませんでした。取り敢えず、ダルのお替りをいただき満喫しました。こちらのお店も、夜にゆっくり伺って、一品やセットをつまみながら楽しく飲みたいところです。

Nanglo Ghar ナングロガル

東京都新宿区百人町1-17-10 常陽第2ビル3F、4F

 

Aangan アーガン(新大久保)ネパール料理

東京で夕刻からの会合の用事を済ませ、午後10時頃にJR新大久保の駅に降り立ちました。閉店時刻が24時となっているAangan アーガンさんなら、まだゆっくりとダルバートを食べることが出来るであろうと伺いました。入口にマニ車もあり、室内は落ち着いた感じの装飾です。早速ククリラムを頂きます。他にも魅力的なメニューが並びますが、Aangan special thakali set アーガンスペシャルタカリセットをお願いしました。Bhat、Kukhura ko masu、Khasi ko masu、Dal、Mix achar、Salad、Tarkari、Gundruk achar、Saag、Ghee、Papad、Golveda achar、Dessertの内容でメニューには記載されています。アチャール好きですので、単品でミックスアチャールも追加しましたが、想像より塩辛いものでした。現地仕様の味付けの様です。夜遅い時間でしたが、他に2組のお客さんがおられました。日本人は私一人で、心地よい完全アウェイ状態です。ダルバートを注文された5人組はダルと、バートを次から次へとおかわりを頼まれていました。最後にLalmonとNepali chyaも頂きました。メニューを眺めると、おつまみにしてロキシーやククリラムを飲みたくなる料理の数々が記されており、是非、再訪しゆっくりと腰を据えて飲みたくなるようなお店でした。

Aangan アーガン

東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F

カナメラ@ターメリック(西宮市甲子園口)

JR甲子園口駅前の商店街にあるネパール料理店ターメリックTurmericさんに伺いました。第2及び第4土曜日に行われるカナメラ(ターメリックだけのバル)を1ヶ月ぶりに楽しむためです。夜の開店直後にお邪魔し、早速カザをチウラではなくバスマティライスでお願いしました。この日は枝豆、黒ヒヨコ豆炒め、ホウレン草、じゃがいもブデコ、キュウリ、じゃがいものアチャール、大根アチャール、マトンタントリッパ炒め、チキンチョエラ、アンダピヤジとメニューに書かれていました。飲み物はロキシーでスタートです。追加は、もはや定番のアルタマと、お昼のダルがまだあるとのことでお願いしました。前回は竈の上にスクティが吊るされていましたが、唐辛子に替わっていました。乾燥させるのに丁度良いのだそうです。

カウンターの内側にはカザのおかずが用意されており、ネパールでもカザを供するときはこの様なスタイルでやっていますとのことでした。エスニック料理に詳しい某氏が来られ、店主を交えてネパール料理談義が始まりました。この日のランチタイムはダルバートを供される日だったのですが、ナンとカレーを頼まれたのは一人だけで、他は全員ダルバートの注文だったとのことです。しみじみと「ダルバートを始めて良かった。」と仰っていました。豪華になっていくダルバートは、ライスなどのお替りをされると赤字になってしまうのでは皆心配し追加料金の設定もやむなしと感じていますが、店主は「胸に石をおいて」というネパールの諺を例えに、何とか頑張っていきますとのことでした。ダル、バート、アチャール、サグだけの様なシンプルなダルバートを供する予定はどうですかと某氏が尋ねられました。シンプルが故に味で勝負のダルバート、是非頂いてみたいですが、SNS映えする美しい見た目も集客には重要であり、客単価の問題もあります。強く希望するわけにはいかないことも皆承知です。

<追記>その後8月から平日の昼夜頂けるダルバートの提供を開始されました。
→「マトンカナ(山羊カレーダルバート)@ターメリック(西宮市甲子園口)」

ククリラムも頂きましたが、話に夢中で写真を撮り忘れました。パクチーオムレツ、チウラと卵の炒めものも頂きました。後者がメニューにあったので、最初のカザはチウラではなく、バスマティライスでお願いしておきました。アルタマは食べるごとに凄みを増しており、店主夫妻も自賛されていました。今回のメニューを見たとき、カザのバスマティライスバージョンにアルタマ、チウラと卵の炒め物の組み合わせを皆さん思いついた様で、実際に注文されていました。最後にデザートのスジハルワとチヤを頂きました。前回の訪問時は、ククリラムとロキシーがカナメラのメニュー外でしたが、今回は500円(税別)で記載されていました。デザートも単品300円(税別)に載っていました。

ターメリックさんで頂ける美味しいネパール料理の数々は
→「ターメリック Turmeric (西宮市甲子園口)」

ターメリック Turmeric

西宮市甲子園口2-24-28
https://twitter.com/turmericrest1