ショルシェマーチ Shorshe Mach @ ラベア RABEA Bangladeshi Restaurant (奈良市)


前の週末に「ラベア RABEA」さんに、ショルシェマーチ Shorshe Mach (Fish in Mustard-Chili Sauce) が登場していた様ですの、期待を抱いて週末に伺いました。運良く、この日も用意がありました。魚の種類はマナガツオに近い何かということですが、ウオゼではなさそうです。チキンブナと、キャベツ Bandhakopir の炒め物 bhaji も添えられています。ダルは何時もの Masoor ではなく、チャナ Chana でした。最後にチャイも頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1


魚と茄子のチョッチョリ @ ラベア RABEA バングラデシュレストラン (奈良市)


「ラベア RABEA」さんでは、どうやら毎週末には魚の用意が有るようです。久しぶりに伺ったこの日は、先客3人に出された魚はもうなくなっていた様で、下拵えから始められました。ラベアさんもよく知らないと言われる魚は、鱗も取って切り身になった状態で見ましたので定かではありませんが、グレ(メジナ)の様でした。生息域は北海道から台湾辺りまでの様ですので、バングラデシュの人が知らないのも無理はありません。しかしよく知らない魚を美味しく調理してしまうのには感心です。茄子と一緒にチョッチョリ Chorchori で登場です。もう一品は、大根と鶏肉のムラ ディエ ムルギーでした。キチュリと一緒にワンプレートに盛られ、ダルも添えられています。ダルはこの日もマスール Masoor の様で、ラベアさん曰く「マスールはお腹に良い。」とのことです。最後に濃厚なマンゴラッシーも頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1


泥鰌 @ ラベア RABEA (奈良市)


思ったより早く、奈良市の「バングラデシュレストラン ラベア RABEA」さんに泥鰌が登場しました。ラベアさんの筋肉痛になるほどの入念な下拵えのおかげで、臭みもない美味しい泥鰌を頂くことが出来ました。骨を噛む感じも、すぐに病みつきになります。この日の他の料理は、鰹とパパイヤ、辛めのチキンブナ、ツルムラサキ入りのダル、チリボッタでした。マンゴーラッシーも最後に頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1


鯛、疣鯛(ウオゼ) @ ラベア RABEA(奈良市)


奈良市の「ラベア RABEA」さんで供されるバングラデシュ料理には、その日の仕入れによって異なりますが、魚料理も一品は用意されている様です。

ある日の一皿には、鯛のブナがチキンブナやダルと一緒に登場しました。別の日には、疣鯛(関西ではウオゼ)が登場です。どうやら、同じスズキ目のマナガツオに近い魚として、使われた様です。この日のダルはモロヘイヤ入りでした。チリボッタとアチャールも添えて頂きました。何時もマンゴーラッシーも頂きます。お店には魚図鑑がおいてあり、ラベアさん、日本の魚を調べておられますが、泥鰌に興味津々との事です。似たような魚をバングラデシュでも料理に使い、美味しいのだそうで、泥鰌が登場する日も遠くないかもしれません。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1

 


ヴァナム vanam ごはんで感じる五感(奈良市矢田原町)


以前からとても気になっていた奈良市矢田原町の「ヴァナム vanam ごはんで感じる五感」さんへ伺いました。12時開店ですが、思ったより早く着いてしまい、付近を散策しました。道端の柿の木は実をつけており、ドクダミも沢山見つけました。12時になり、お店に招き入れられ、他にまだお客さんが来られていませんでしたので、2階のレンタルスペースなども覘かせて頂きました。まずはノンアルコールのシャキシャキモヒートをお願いし、Today’s THALIを頂きました。チキンとレッドキドニービーンズ、鰯のトック、とりたて野菜のカチュンバル、アラカルトメニューのパタバート(シラスを南瓜の葉で包んだもの)も追加です。ミールスのシートになるバナナリーフも、パタバートの南瓜の葉も注文が入ってから庭に摘みに出られていました。街から離れた里山にあるお店に、このミールス目当てで皆さんわざわざお越しになる理由がよく分かりました。この日はデザートの用意は無いとの事で、残しておいたデーツとブルーベリーで、セイロンティーを頂きました。茶葉も7つの異なる産地のものから選べ、ルフナ RUFUNA のものをお願いしました。猛暑の日に、扇風機の風の中で頂く熱い紅茶も良いものです。

vanam
ごはんで感じる五感

奈良市矢田原町743

http://vanammeal.wixsite.com/home
https://www.facebook.com/vanamspice/
https://www.instagram.com/vanam.aco/


コチュロティ Kachur Lati @ ラベア RABEA(奈良市)バングラデシュ料理


ラマダンも終わったある日に、奈良市の「バングラデシュレストラン ラベア」さんに伺いました。この日も美味しい料理をおまかせでお願いしました。最初に美味しいマンゴーが手に入ったとのことで、出して下さいました。ご飯はキチュリが少し残っていたようなので、炊きたてのライスと一緒に盛って頂き、チキンのローシュに、海老のローシュ、バングラデシュの野菜、コチュロティ、さらにダルが登場しました。今回も手食で頂きました。コチュロティKachur Lati を初めて頂きましたが、日本の芋茎(ずいき)に相当する、Taro 里芋の葉柄の様です。ラベアさんが仰るには、バングラデシュの代表的な魚のイリシュ Ilish やイリシュの頭、海老などと一緒に調理するとのことです。是非、イリシュと一緒に調理したものも頂いてみたいものです。辛めに味付けして頂いたようで、辛くないですかと尋ねて下さいましたが、丁度良い塩梅でした。

最近「ズーズーダゥ」さんのネパール料理で何度か芋茎のタルカリ、Karkalo ra Gaaba ko Tarkari を頂く機会が有りましたが、他の野菜と一緒に優しい味を引き出す料理でした。このバングラデシュ料理の芋茎は、それだけで存在感のある野菜の一品に仕上がっています。そこで、バングラデシュとネパールのTaroは一緒なのか、違うのか疑問が出てきました。Genetic Diversity in Taro, and the Preservation of Culinary Knowledge.  Peter J. Matthews.  Ethnobotany Research & Applications 2: 55-71 (2004) に、分布の図を見つけました。Colocasia esculenta (L.) Schottは全世界に広がり、野生種のC. fallax Schottが主に北インドに、同じく野生種のC. affinis Schottが主に北インドからタイにかけて、さらにベンガル地方には稀な野生種C. virosa Kunthが分布とのことです。実際にバングラデシュとネパールで栽培されているTaroの差異をよくご存じの方から話を聞いてみたいものです。同じ芋茎なのか、違う芋茎なのか興味津々です。後日、ネパール料理でも芋茎をスパイシーな味付けで調理するのかを「ズーズーダゥ」さんで尋ねたところ、勿論有るとの事でした。そちらも是非頂きたいものですが、ネパールでは一度乾燥したものを使うことが多い様です。今回頂いたのは冷凍で輸入されたもので、乾燥はしてなさそうでした。

因みにColocasia esculenta (L.) Schottは日本では「里芋」、日本から東南アジア、インドネシアまでに分布しているのが C. gigantea Hook. f. で「蓮芋」です。日本の「ずいき」は一般的には里芋の芋茎、「赤ずいき」は親芋子芋兼用品種の「唐芋」C. antiquorum と、親芋用の品種の「八つ頭」の芋茎、「青ずいき」は蓮芋の芋茎です。

最後に飲み物も頂きました。お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1


おまかせバングラデシュ料理 @ ラベア RABEA(奈良市)


今年のラマダンの期間に入ってすぐ位に、奈良の「バングラデシュレストラン ラベア RABEA」さんに伺いました。丁度日没の時間前後で、他のお客さんの料理を既に準備されていたラベアさんは、日没前は供する料理の味見もできないので「味は大丈夫ですか」と気にしておられました。日没を待って水分を摂られ、お祈りもされた様でした。自身が食べる分も一緒に少し作りますとのことで、料理はお任せでお願いしました。マンゴーラッシーを頂き料理を待ちます。まずはチャナ豆、豆と玉葱などのかき揚げピアジュPeaju、キュウリとトマトです。

次は魚料理、この日は鰯でした。2人で伺っていましたので、キチュリは大皿で出していただき、小皿に取り分けることにしました。さらにチキンブナも作っていただき一息入れてサラダが供されます。マサラを振りかけていただくとまた違う味が楽しめます。ダルスープはMasoor Dalを使ったもので、キチュリと一緒に頂くと絶妙です。マトンもどうですかと尋ねられ、是非にとお願いし、マトンブナも作っていただきました。お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「バングラデシュレストラン ラベア RABEA(奈良市)」

バングラデシュレストラン
ラベア
Bangladeshi Restaurant
RABEA

奈良市南魚屋町6-1-1