蛍烏賊のアチャール @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ネパールには無い食材、日本の旬のものも使われる「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんの週末スペシャルダルバートです。この日は蛍烏賊がアチャール仕立てで登場しました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、ラハル、チャナ、ガハットの 6種類のミックス、マスはチキン、タルカリはカリフラワーとじゃが芋のアルカウリ、アチャールはその蛍烏賊の他に、果物シリーズの苺のアチャール、カリフラワーのアチャール、青菜炒めや、マショウラとハリヨラスン(大蒜の茎葉)のスパイス炒めも添えられています。食後はラトチヤを頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

ダルバート @ ダンニャワード 福島店 (大阪市福島区)

2021年4月1日からダルバートを供されるとのことで「ダンニャワード 福島店」さんへ伺いました。大阪市福島区のJR環状線福島駅近くのなにわ筋沿い、以前にスリランカ料理店「アリヤ ALIYA」さんがあった場所です。店内の雰囲気も一新です。チキンとマトンの 2種がつくスペシャルダルバートをお願いしました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナのミックス、ククラコマス(チキン)も骨付き、カシコマス(山羊肉)も骨付きでした。ミックスアチャール、トマトのアチャール、青菜炒め、野菜のタルカリ等が並びます。チヤも頂きました。

ダンニャワード 福島店

大阪市福島区福島 2-7-24 NANEI 福島ビル 2F

https://www.instagram.com/dhanyawad.fukushima/

https://www.facebook.com/pages/category/Indian-Restaurant/ダンニャワード福島店

 

ダルバート @ 菩薩咖喱 (奈良市)

近鉄奈良駅近くの「菩薩咖喱」さんへ伺い、ダルバートを頂きました。ダルはムングのみ使われている様で、チキンカリーとえびカリーがこの日のカリーの様です。野菜沢山の副菜の一覧も貼り出されています。食後にチャイも追加で頂きました。

菩薩咖喱

奈良市北袋町 7

https://bosatsucurry.com/

https://twitter.com/bosatsucurry
https://www.facebook.com/bosatsucurry/
https://www.instagram.com/bosatsucurry/?hl=ja

Google My Map「ダルバート Dal bhat by フクロウの気の向くままに」
に追加しました。

 

土筆と花山葵のチョイラ @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ホーリー 祭り Holi に合わせた、色とりどりのスペシャルダルバートを用意された「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんです。ダルは小豆と金時豆、マスはチキンと大根、ダルカリはビーツ、赤キャベツ、じゃが芋、アチャールは 3種、果物シリーズは葡萄とドライフルーツのアチャール、トマトとミントのアチャール、紫じゃが芋のアチャール、青菜炒めとパパドゥ、ライスはイムリ(タマリンド)で赤く色付けされ、土筆と花山葵、大蒜の茎葉のチョイラも添えられました。ズーズーダゥとチヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

ネパールセット @ マヤキッチン Maya Kitchen (摂津市)

JR 京都線千里丘駅近くの「マヤキッチン Maya Kitchen」さんへ伺いました。ディナーメニューに載っているネパールセットが、ナンが無ければダル&バートですのでナン抜きでお願いしました。まずインネパ店お決まりのサラダが供され、セットの登場です。ダルはムスロとチャナのミックスですが、ナンに合うグレイビーベースの「豆カレー」で、メニューにはチキンサデコと書かれていますが、これまたグレイビーベースのチキンカレーです。じゃが芋と玉葱、人参のアチャールも添えられています。ソフトドリンク付きですのでチヤを頂きました。

マヤキッチン Maya Kitchen

摂津市千里丘 1-13-4

https://ja-jp.facebook.com/MayaKitchenSenrioka

Google My Map「ダルバート Dal bhat by フクロウの気の向くままに」に追加しました。

 

皮付きムスロダル Musuro (Masoor) Whole @ ザ マナスル THE MANASLU (大阪市淀川区)

開店直後の、まだ他にお客さんが来られる前に「ザ マナスル THE MANASLU」さんへ伺いました。本来、ランチタイムにはダルバートを供しておられませんが、手の空いている時はお願い出来るようです。後から入って来られたグループもダルバート目当てだった様で、店主が了承されていました。前回もダルに何の豆を使っておられるか尋ねムスロのみとのお答えだったのですが、今回も尋ねてしまいました。やはりムスロのみとのことでした。よくある皮無し Split のムスロと味わいが異なる、皮付きのムスロ Whole Musuro (Masoor) の様ですので、後日訪れた時にもう一度、お店のお二人に確認しました。やはり、使われているのは皮付き whole の ムスロでした。チキンカリー、タルカリなど前回と同じ内容です。今回もムラコアチャールがいい味をだしていました。食後にチヤを頂きました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ザ マナスル THE MANASLU (大阪市淀川区)」

THE MANASLU
ザ マナスル

大阪市淀川区西宮原 1丁目6-36-1F

https://www.facebook.com/The-Manaslu

https://www.instagram.com/the_manaslu/?hl=ja

豚肉と澱粉麺のスパイシー炒め @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

カトマンドゥ盆地に暮らす主な民族のヒンドゥー教徒の食習慣(「ネパールにおける豚肉事情」を参照ください)に従い、豚肉料理を殆ど供することの無い「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんです。カトマンドゥの人口の約7割を、特に年配者は豚肉を食べない Newar、Brahman、Chhetri が占めます。Bhim Prasad Subedi (2010) Ethnic/caste diversification in Kathmandu metropolitan: Changing social landscape of a capital city Journal of Geography and Regional Planning Vol. 3(8), pp. 185-199

この週のスペシャルダルバートには、東ネパールでは食べられることの多い豚肉と、チベット族の料理ギャコックなどにも使われる澱粉麺のピン(フィン) Phing を組み合わせたスパイシー炒め Bangur ra Phing Bhuteko が初登場です。使われているのはさつま芋の澱粉から作ったネパール製の Phing とのことでした。ダルは、マス、ムスロ、ラハル、ガハットのミックス、マスはチキンとほうれん草、茄子とじゃが芋のタルカリに、果物シリーズは文旦のスバイス和え Bhogate Sadeko、干し大根のアチャールと、新玉葱のアチャール、青菜炒めとパパドゥが並びました。食後はズーズーダゥとチヤを頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

ダルバート @ ガンジス川 八幡水泊店 (八幡市)

京阪間のインネパ店のダルバート探しに「ガンジス川 八幡水泊店」さんへ伺いました。シダラタさんと同じ系列店の様で、メニューは同じ構成です。ダルバートもメニューブックに載っています。ダルはムスロ、ムング、チャナ、カブリチャナのミックスですが、グレイビーベースのナンに合う「豆カレー」です。タルカリはミックスベジタブルが使われているありがちなタイプで、じゃが芋、野菜スライス、トマトのアチャールが添えられています。シダラタさんのダルバートとは大きく異なります。

ソフトドリンク付きですのでチヤを頂きました。

インド・ネパール料理 ガンジス川 八幡水珀店

京都府八幡市八幡水珀 18-8

シダラタさん、ガンジス川さんの web site http://nepal-curry.com/ には八幡水珀店の記載がありません。

Google My Map「ダルバート Dal bhat by フクロウの気の向くままに」に追加しました。

 

菜の花ずくめのスペシャルダルバート 2021 @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

2020年は諸事情で頂くことが出来なかった「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さん春恒例の「菜の花ずくめ」のスペシャルダルバート、今年はしっかり頂きました。ダルはマス、ムング、ラハル、チャナのミックス、マスはチキン、タルカリは菜の花とじゃが芋、アチャールは 3種類、果物シリーズはバナナ、キウイ、リンゴ等のミックス、菜の花のグンドゥルック Tori ko Gundruk は、大豆 、大蒜の茎葉 Hariyo Lasun と一緒にアチャールに仕立てられ、鶏肉ときのこのアチャールの鶏肉はべサン粉で一旦揚げる下拵えをされています。青菜炒めにも菜の花が使われ、菜の花は小魚と一緒にサンデコとしても登場です。岩塩とサッカル(黒砂糖)入りのチヤも頂きましたが、ズーズーダゥもしっかり添えられています。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

ダルバート @ カストリーレストラン KASTURI restaurant (茨木市)

大阪でダルバートを頂くことの出来る、これまでに訪れたお店を My Map に落とし込んでみると、摂津市~茨木市~高槻市と淀川を挟んで対岸の守口市~寝屋川市~枚方市に空白地帯が生じます。新たに開拓すべく、阪急京都線茨木市駅近くの「ネパール料理 カストリーレストラン KASTURI restaurant」さんへ伺いました。残念ながらランチメニューにダルバートはありませんが、ディナーメニューには載っています。お店の方に尋ねると、作って頂けることになりました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、ラジマのミックス、季節のカレーは日替わりのチキンとオクラのカレーで、ナンにあうグレービータイプです。メニューブックにはムラコアチャールの単品も記されていますが、供されたのよくあるタイプの既成のアチャールでした。青菜炒め、サラダ、パパドゥも添えられています。前もって予約の上、ディロセットやダルバートをお願いするのが良いのかもしれません。ソフトドリンク付きでいたのでチヤを頂きました。

ネパール料理
カストリーレストラン
KASTURI restaurant

茨木市大手町 2-1