金時豆のタルカリ ラジマ コ タルカリ @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ある日の「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんのダルバートは「山羊スペシャルダルバート」でした。ダルは、マス、ムスロ、ラハルのミックスでギーとジンブー入りです。マスは骨付き皮付き山羊肉、カシ コ マス、山羊の内臓のスパイス炒めブトンも添えられています。アチャールは赤瓜のアチャールが今回で一旦終了だそうですので、ダサインの時の様な山羊肉との組み合わせを実現されたのかもしれません。タルカリは金時豆、ラジマ コ タルカリです。じゃが芋とえんどう豆のアチャール、パパドゥ、青菜炒めが並び、ズーズーダゥとチヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

ネパール定食 @ SHERPA シェルパ ネパール料理レストラン (神戸市中央区)

阪急神戸線春日野道駅前の春日野道商店街で、2020年9月にオープンされた「SHERPA シェルパ ネパール料理レストラン」さんでダルバートが頂ける様ですので伺いました。ディナータイムのセットメニューからネパール定食をお願いしました。器はメニューの写真とは異なります。ダルはチャナとムングのミックスですが、チャナがメインです。マスのチキン、マトンがそれぞれ小鉢に入っています。アラカルトメニューから、追加でチキンチョイラと、食後にシェルパティーを頂きました。塩とギー入りのチヤです。家族は Cセットを頂きました。ホールにおられるお二人がシェルパ族で、シェフはインドの方です。しばらくしたらシェルパ族の料理も出したいとのことです。

SHERPA Restaurant Kobe
シェルパ ネパール料理レストラン

神戸市中央区東雲通 1-5-7-2 ルーブル1 1F

https://www.facebook.com/Sherpa-Restaurants-kobe-110600480771454

 

ネパーリセット @ インド・ネパール料理 ファミリーキッチン Family Kitchen (西宮市)

インネパ店でのダルバート探しの先達が、武庫川団地の「メルカードむこがわ」内にある「インド・ネパール料理 ファミリーキッチン Family Kitchen」さんでダルバートが頂けると SNS にアップされていましたので、後追いで早速伺いました。メニューブックとは別に、ネパーリセット Nepali Set のメニューパウチが用意されていました。飲み物のあてに、パパドゥが供された後、ダルバートの登場です。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナが使われていそうですが、接客担当のネパール人のお兄さんに尋ねても、ムスロは使っていない?など詳細は不明でした。酸味の効いた、今までに頂いたことのないタイプの味付けでした。マスは、チキンかマトンが選べ、マトンでお願いしました。ミックス野菜、隠元、人参、グリーンピース、カリフラワー、じゃが芋のタルカリ、アチャールの様な生野菜、モモに添えられるチャトニ、青菜炒め、パパドゥが並びます。食後にチヤも頂きました。

インド・ネパール料理 ファミリーキッチン
Family Kitchen

西宮市高須町 1-1-2 メルカードむこがわ 1F

南瓜とじゃが芋のタルカリ @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ある日の「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダウ」さんのダルバートです。ダルはマス、ムング、チャナのミックス、マスはチキン、タルカリは南瓜とじゃが芋です。赤瓜のアチャール、大根のアチャール、青菜炒めにパパドゥ、卵のスパイス炒めと並びます。ズーズーダウとチヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

 

チウラセット @ ザ マナスル THE MANASLU (大阪市淀川区)

店内にマナスルやアンナプルナの写真が飾られた「ザ マナスル THE MANASLU」さんへダルバートを頂こうと伺いましたが、メニューをよく見ると、チウラセットやチキンチョイラセットも載っています。チウラセットをお願いしてみました。炒めたチウラの周りに、卵、人参と胡瓜のスライス、大根のチャール、チキンカリー、バトマスサデコ、じゃが芋が並びます。ミックスアチャールも追加しましたが、食べきれないくらいの量でした。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「ザ マナスル THE MANASLU (大阪市淀川区)」

THE MANASLU
ザ マナスル

大阪市淀川区西宮原 1丁目6-36-1F

https://www.facebook.com/The-Manaslu-290251081382171/

ゼンマイとじゃが芋のタルカリ @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ある日の「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんのダルバートです。

互いにマスクを着用した上での、この日のカドカさんとの話題の一つが、本来は5月に行われる雨の神様 ラトマチェンドラナートの山車巡行を巡って、9月3日に起きた、パタンでの市民と警察、軍隊との衝突でした。Kathmandu Post 9月3日付け記事「Locals and police clash in Pulchowk over pulling of Rato Machhindranath chariot」には、

Police and public clashed on Thursday afternoon in Pulchowk of Lalitpur after locals attempted the chariot procession of Rato Machhindranath.

According to Senior Superintendent Tek Prasad Rai, chief of Lalitpur Metropolitan Police Range, around 800 people had gathered in Pulchowk to pull the chariot. A clash ensued when police tried to stop them from pulling the chariot in view of the coronavirus restrictions.

“Since people had arrived in huge numbers, police alone were unable to control the crowd,” said Rai. “So we sought the help of the Nepal Army.”

と記され、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の制限の観点から、山車の巡行を止めようとして衝突が生じたようです。その後、Nepali Times 9月6日付け記事「The red god rises again in Patan  The Machindranath chariot festival resumed after Thursday’s violence, but with restrictions」によると、

The rain god Machindranath’s chariot procession that was stopped following a clash between locals and police on Thursday resumed on Sunday, but with restriciton on gatherings of people and enforcement of separataion of pullers and devotees.

とのことですので、感染予防対策をとった上で、9月6日に再開した様です。

ブンガマティにラトマチェンドラナートを訪ねた記事は
→「Rato Machhendranath Temple ラトマチェンドラナート寺院(Bungamati)」

ダルはマス、ムング、チャナのミックスで、ギーとジンブーが使われています。マスはチキン、ダルカリはゼンマイ、じゃが芋、エシャロット、アチャールは、じゃが芋とえんどう豆のアチャールと、赤瓜のアチャール、パパドゥと青菜炒め、山羊肉の内臓炒めブトンも添えられています。食後にズーズーダゥ、チヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

 

赤瓜のガラアチャール @ few インド&ネパール料理レストラン (川西市)

「ズーズーダゥ jujudhau」さんが仕入れられた赤瓜が「few」さんに届き、アチャールに仕上げられダルバートに登場しました。ディップさんによると、胡瓜の「ガラ」アチャール、よく漬かったという様な意味らしいのですが、該当するネパール語が分かりません。次回尋ねてみましょう。

赤瓜(赤毛瓜、モーイ、モーウィ)はどうやらネパールの胡瓜とそっくりらしく、そのアチャール Khalpi / Gadeko kankro ko Achar はダサインの食事には欠かせないものの様です。Taste of Nepal の「Pickled Cucumber – Khalpi (खल्पी) Achaar」には

A must for a traditional part of “Dashain Feast, दशैं को भोज” – during the festival of Bijaya Dashami, when a large amount of meat (in various preparations), along with other rich, fatty and spicy festive foods are consumed, the pickled cucumber is served to provide cooling effect.

と記されています。よく熟れた胡瓜のアチャールを意味するのが、Pakeko Kakro ko Achar で、「ズーズーダウ」のカドカさんは「うれキュウリ」の表現をよく使われます。

この日はベジダルバートでお願いしました。小魚のアチャールは抜きで、本当のベジバージョンです。ダル、空心菜と蔓紫、パニールカリー、ゴーヤ、大根、赤瓜と並びました。ヨーグルトも添えられ、賄いの、ゴーヤのわたのサデコも運良く添えて頂きました。

食後にチヤも追加で頂きました。

能勢電鉄平野駅前のお店で頂ける美味しいネパール料理は
→「”few” インド&ネパール料理レストラン(川西市平野)」

”few” インド&ネパール料理レストラン

兵庫県川西市平野 3-3-24 ルームス 1F

https://ja-jp.facebook.com/kawanishi.few/
https://www.instagram.com/fewkawanishi/

ダルバート @ インド・ネパール料理 カピタ HIMALAYAN KITCHEN KABITA (八尾市)

大阪のインネパ店(ネパール人の経営によるインド料理店、インド・ネパール料理店)でのダルバート探し、だんだんと候補も減ってきました。近鉄八尾駅近くの「インド・ネパール料理 カピタ HIMALAYAN KITCHEN KABITA」さんのメニューに、ダルバートが載っているようですので伺いました。シンプルにダルとバートだけの様ですので覚悟して伺いました。インネパ店お決まりのサラダとスープがまず供されます。ダルはムスロとムングが使われている様で、「ぐるぐる」付きで「豆カレー」としてナンに合いそうなタイプですが、何故かご飯にも合います。蓮根のアチャールが少し添えられています。チヤも頂きました。

インド・ネパール料理 カピタ
HIMALAYAN KITCHEN KABITA

八尾市本町 2-1-2

 

赤瓜のアチャール @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

ある日の「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんのダルバートです。密を避けるために告知はされませんが、コロナ騒動前に供されていたスペシャルダルバートに負けず劣らずの内容です。ダルは、マス、ムスロ、ラハル、チャナ、ガハット等が使われており、エシャロット、大蒜のスライス、山芋等の野菜の甘みと豆の甘みを楽しめる仕上がりです。ガハットが入ると風味が変わります。マスはチキン、タルカリは赤瓜とじゃが芋、赤瓜のアチャールは初登場で、今までの胡瓜のアチャールとは味付けが異なります。もう一つは大根と大蒜のアチャールでした。青菜炒め、パパドゥも並び、万願寺唐辛子のスパイス炒めも添えられています。ズーズーダゥも定期的に復活しそうな様子で、食後にチヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3

https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/
https://www.instagram.com/jujudhau/?hl=ja

 

 

 

ダルバート @ インドレストラン セビヤ SEBIYA (大阪市淀川区)

まだまだ大阪の何処かのインネパ店(ネパール人の経営によるインド料理店、インド・ネパール料理店)で、美味しいダルバートが頂けるのではないかと探索は続きます。大阪メトロ御堂筋線東三国駅近くの「インドレストラン セビヤ SEBIYA」さんのランチメニューにネパールランチなるものがあるのを web で見つけました。ディナータイムに伺う前に、電話でダルバートを頂くことが出来るかを尋ね、出来るとの返事を確認して訪れました。ネパールの国旗も掲げられています。お決まりのスープとサラダ、登場したダルバートは、確かにダルとバートと言われれば否定できません。マス、ムスロ、ムング、チャナが使われていそうなダルは、ナンに合う「豆カレー」タイプで、お店の方に豆の種類を尋ねると答えは「ミックスダル」でした。チキンティッカを使ったチキンチリ、フライドポテトなどが、、、添えられています。チヤも然りです。

インドレストラン セビヤ
SEBIYA

大阪市淀川区東三国 4-16-10