ファヒータス@ラ・コスタ(箕面市)


専らハードロックカフェ大阪で頂いていたファヒータスですが、阪急箕面駅近くのメキシカンカフェ&バル、ラ・コスタ La Costaさんでも頂くようになりました。この日は、ワカモレ(アボガドのディップ)とファヒータス・デ・ポヨ(メキシコ風鶏肉と野菜炒め)を一緒にお願いしました。まず先に持ってきていただいたワカモレにもトルティーヤチップスが添えられています。チップスに載せて頂くのですが、少しアボガドを残しておきました。程無くしてファヒータも鉄板で登場です。包んで頂くためのトルティーヤも添えられています。トルティーヤに鶏肉、野菜と、残しておいたアボガドを載せ、巻いて頂きました。

Mexican Cafe&Bar La Costa
メキシカンカフェ&バル ラ・コスタ

箕面市箕面6-9-14 ロジュマン箕面104
https://pancho22dc.wixsite.com/minoh-lacosta
https://ja-jp.facebook.com/mexicancafeandbarLaCosta/


ファヒータス@ハードロックカフェ大阪(大阪市中央区)


Tex-Mex料理の代表の一つでもあるFajitasファヒータスを食べるのは、いつも本町にあるハードロックカフェ大阪でした。玉ねぎやピーマンなどと一緒に焼かれた肉をトルティーヤに載せて包むように頂くのですが、細切りのレタス、サワークリーム、チーズ、ワカモレ、サルサなども一緒に載せます。お店が2001年に本町に移転した後、数えきれないほど訪れ、必ずの様に頂いてきました。

帰りがけにふとお店の外のショーウインドウを覘くと、あるポスターが目につきました。Foreignerフォリナーがヒット曲を出し、アルバム「Foreigner 4」のプロモーションを行っていた1982年、その3月20日に行われたRock Super Bowl XIVのポスターです。メインはOzzy Osbourne with Randy Rhoadsで、スペシャルゲストがForeignerと記されています。直前の3月19日にRandy Rhoadsが飛行機事故で亡くなって、Ozzy Osbourne は出演を取り止めています。追悼の意味もあり、このポスターが有名になり、今も飾られているのでしょう。

ハードロックカフェ大阪

大阪市中央区南本町3-6-14
http://hardrockjapan.com/


ブン・チャー@ベトナムカフェ・チョムチョム(箕面市)


夏にあわせて、箕面市桜井市場内のベトナムカフェ・チョムチョムさんで、ブン・チャー(肉団子のブン)がメニューに登場しました。

ベトナムの混ぜ冷麺「ブン」。細い米粉麺にキュウリ、紅白なます、フレッシュハーブと肉団子をトッピングし、甘酸っぱいタレ「ヌック・チャム」をかけてよく混ぜてお召し上がりください。あっさりとした美味しさです。

ブン・チャーとハーフサイズのバイン・ミーのセットでも注文出来るとのことでお願いしました。ピーナツソースも添えていただき、両者を混ぜながら頂きました。冷麺というよりは、美味しいサラダという感覚で頂けました。お皿に残ったヌック・チャムとピーナツソースに、バイン・ミーを浸して頂くと、これまた乙な味となりました。食後にココナツ・チェーとコーヒーも頂きました。

ベトナムカフェ・チョムチョム
VIETNAM CAFE CHÔM CHÔM

箕面市桜井2丁目10-5「阪急桜井市場」商店街内
http://chomchomvietnam.com/
https://www.facebook.com/vietnamcafechomchom


空芯菜炒め@待兼タイカレー Artist プリック(豊中市待兼山)


久しぶりに国道176号線阪大下交差点の近くにあるタイ料理のお店、待兼タイカレーArtistプリックさんに伺いました。ディナータイムでも、学生のお客さんが多いせいか、サイドメニューの注文は少なそうです。この日は空芯菜炒めパックブーンファイデーンが出来る様でお願いし、メコンのソーダ割りを頂きながら、シンプルでも美味しい一皿を平らげました。黒板メニューから豚の串焼きムーピンも頼みました。さつま揚げトートマンプラーもお願いしましたが冷蔵庫に在庫が無かったようです。追加の飲み物はパクチーモヒートです。グリーンカレーとカオマンガイもシェアして頂きました。

待兼タイカレーArtistプリック

http://artist-p.com/
https://twitter.com/machikane_
大阪府 豊中市待兼山町21-5 ハイツ石橋1F


スパイス料理ナッラマナム Nalla Manam(大阪市中央区)


以前から気になっていたナッラマナムNalla Manamさんに、ついに伺う機会がありました。仕事が一段落ついた午後1時過ぎに電話して、午後2時に伺ってよいか尋ねてみました。初めてということをお伝えすると、その日のメインの3種類の説明をして下さりました。すべて頂けるゴージャス盛りの「お取り置き」をお願いいたしました。2時少し前に到着すると、丁度お客さんが数名帰られ、空いたところでした。混ぜて食べるのは大丈夫ですか?、嫌いなスパイスはありますか?など、一通り尋ねて下さり、その日のメニューを改めて解説していただけました。夏野菜たっぷり彩りチキンマサラ、辛カラキーマ、季節のフルーツのココナツ煮込みがこの週のメインでした。ライスが残り少なくなってしまったとのことで、わざわざ炊いて下さるとのことで、10分ほど待ってくださいのことでした。お陰でご飯の炊き方も観察できました。テーブルにずらっと並べられると見た目も美しく、それだけで期待が広がります。デフォルトの旨辛オイル、さらに別バージョンの旨辛オイル、さらに辛い辛味ペーストと、途中でこれらを付け足して味の変化を楽しむことも逐一説明していただきました。店主のスパイスへの情熱を十分感じ取ることが出来ます。あっという間に平らげてしまい、わざわざ炊いていただいたライスの追加もお願いしました。折角ですので自家製シソジューズもその日の最後の1杯とのことでしたが、頂きました。食後にマサラチャイを頂きたかったのですが売り切れとのことでした。次回はチャイのお取り置きもお願いしましょう。

短い営業時間でお客さん側の満足度を高め、且つお店側の経営の効率化という意味でも「お取り置き」のシステムは良いと思います。直前の予約キャンセルやno showをする人が必ず現れるのは、どの業界でも頭の痛い問題ですが、facebookでお店の方針をはっきりと記されており気持ち良く感じます。

最近お取り置きのキャンセルを当日にされる方が多数おられます。(基本的には他のお客様にもご迷惑がかかるため、当日キャンセルは受け付けておりません)色んなご事情があるのは重々承知しておりますが、お取り置きの方の分を残すためにお断りしなければならないお客様も発生しております。
当たり前の事と思うのでこんな事は書きたくはありませんが、安易なお取り置きのご連絡はご遠慮頂きますようよろしくお願いいたします。当日確実にご来店いただけるお客様のみご連絡お待ちしております

ナッラマナムさんで頂ける美味しいお料理は
→「スパイス料理 ナッラマナム Nalla Manam(大阪市中央区)」

スパイス料理ナッラマナム Nalla Manam

大阪市中央区瓦町1-4-6
https://ja-jp.facebook.com/SpiceNallaManam/
https://twitter.com/spicenallamanam
http://spicenallamanam.hatenablog.com/

 


Sweet Basil スウィートバジル(大阪市北区)タイ料理


タイ料理を食べたい気分の、とある平日、JR大阪環状線福島駅から少し北に行った所にある、Sweet Basil スウィートバジルさんに夕食時に訪れました。直前に電話して、2人であれば席が空いているとのことでした。場所柄か、仕事帰りらしき女性のグループが多く、さすがにインド料理店やネパール料理店の夕食時とは雰囲気が違います。まずはシンハビールをお願いし、妻はノンアルコールビールで乾杯です。どこのタイ料理屋さんに行ってもよく注文するソム・タムをまずお願いし、生春巻きと迷ったあげく、揚げ春巻きを頂きました。調子が出てきましたので、タイ焼酎のモンシャム MON SIAMYもお願いしました。トム・ヤム・クンはレギュラーサイズではなくスモールサイズを頼みました。スモールサイズは取り分け用の器を出しませんと注文時に言われました。このサイズが我々には丁度良い量でした。本日のおすすめとして看板に書かれていた、魚とセロリの炒めものは辛さ控えめ、ついつい箸がすすむ味付けでした。魚はナイルパーチとのことです。締めはカレー類も捨てがたかったのですが、妻の希望でパッタイにしました。デザートはタピオカのココナツミルクとココナツのカスタードをシェアです。女性客も多く、テラス席の様なスペースもあるので、室内のスペースは禁煙にすれば良いのにと感じました。

Sweet Basil スウィートバジル

大阪市北区大淀南1-11
http://www.sweetbasil.jp/index.php


トスターダ@ラ・コスタ(箕面市)


西海岸のとある大学で仕事をしていた頃、大学の食堂でよくトスターダを食べていました。メキシカンライスの上に、揚げたトルティーヤ、さらに野菜やサルサソースがのった一品で結構お気に入りでした。同僚のアメリカ人にはまたジャンクフードを食べていると笑われていました。

箕面駅にほど近いメキシコ料理店La Costaラ・コスタさんに伺った時に、まだ他にお客さんがおられなかったので、お店のメニューにはない、そのトスターダをお願いしてみましたところ、快諾していただきました。揚げたトルティーヤをパリパリと割りながら頂くと、ライスや野菜と美味しく混ざり、十二分に満喫した一皿となりました。飲み物は、ドスエキスのアンバービールからスタートです。
すぐにテキーラベースのカクテル、パローマも頂きます。
タコスは鶏肉のティンガタコスをお願いしました。ラム肉のメキシカンミートボール、アルボンディガスを2個入りで追加です。ついついアルコールもすすみます。モヒートもお願いしました。ケサディーヤパストーレ、豚肉入りも頂きました。前回、今回と、頂いたどの料理も美味しく、大阪市内まで出かけずとも十分メキシコ料理を堪能できることがよく分かりました。スタッフの御兄弟の接客も申し分なく、楽しく食事をいただけました。

「La Costa ラ・コスタ(箕面市)メキシコ料理」

Mexican Cafe&Bar La Costa
メキシカンカフェ&バル ラ・コスタ

箕面市箕面6-9-14 ロジュマン箕面104
https://pancho22dc.wixsite.com/minoh-lacosta
https://ja-jp.facebook.com/mexicancafeandbarLaCosta/


ベジタブルセット@ヴィジェイジャムナ Vijayjamuna(豊中市蛍池)


最近追加になったランチメニューの数々が気になり、阪急宝塚線蛍池駅近くのヴィジェイジャムナVijayjamunaさんを訪れました。前回はTawa Parontaセットを頂きましたが、ラムチョップセットが気になります。お願いしようとするとラムの調理に20分はかかるとのことでした。この日は午後の用事もあり諦めて、Vegetable Set ベジタブルセットなるものを頼んでみました。サモサ、マッシュルームマタル、ベジタブルカレー、ベジタブルナン、ライス、サラダ、ドリンクがその内容でした。このお店のマッシュルームマタルを初めて頂いたのですが、結構いける味です。ナンとライスの組み合わせは、糖質制限ダイエットにとっては強敵です。ほどほど頂きました。

後日、マッシュルームマタルに惹かれて、ベジタブルセットを再度の注文です。この日は他のメニューでも共通の日替わりカレーが、ほうれん草とチーズのカレーとのことでした。他にお客さんがおられなかったこともあり、ベジタブルナンは要らないので、日替わりカレーを付けて下さいと店主にお願いしてみました。快諾して下さったどころか、出来上がりの見た目が良かったので、シェフのシブさんスマホを持ち出してこられました。自ら、薬味入れの蓋もとり、ラッシーを持ってきて一緒に撮っておられました。Vijayjamunaさんで頂ける美味しい料理の数々は
→ヴィジェイジャムナ Vijayjamuna(豊中市蛍池)

Vijayjamuna ヴィジェイジャムナ

豊中市蛍池東町1-6-2


KHAZANA カジャナ(大阪市淀川区)西インド料理


地下鉄御堂筋線西中島南方駅からほど近い、KHAZANAカジャナさんで何度かグジャラート・ターリー・ランチを頂いたことがあります。夜に訪問する機会があり、グジャラート・ターリー・ディナーをお願いしました。このお店は珍しく西インド料理を供されており、お店のweb siteでも以下の様に紹介されています。

インド料理にはたくさんの地方料理のスタイルがありますが、当店では特製の備長炭を入れた石釜で焼き上げる、こだわりのタンドール料理やナン、チャイといった北インド料理の人気メニューに加え、女性やインド料理通のお客様にご好評頂いておりますのが、新鮮な野菜たっぷりでヘルシーな『グジャラート・ターリー』という西インドの家庭料理を再現したお料理です。グジャラートとは、インド北西部にあるグジャラート州のことで、ベジタリアンの聖地としてや、あのガンジーの故郷としても知られておりますが、じつは当店支配人である私自身の出身地(故郷)でもありますため、西インド料理にも非常に強いこだわりを持ってご提供させて頂いております。

まずはスープから、そして豆のサラダが供されます。その後メインのターリーの登場ですが、見た目が、微妙にバランスの取れていない配置となっています。メニューの上では、パクリー(粗挽き全粒粉で素朴な味わいのパン)、ドクラ(米と豆を蒸し焼きにしたもの)、本日の豆カレー、本日のサブシ、カディ(ヨーグルトと豆の粉で作る西インドならではの甘いスープ)、ビーンズサラダ、ムティア、カマン、トマトクリームソース、カジャハルワ、アイス他、チャイとなっていますが、どこか何か違う様な気がします。他にお客さんがいなかったので、店の人に一品ずつ尋ねてみたのですが、言葉の問題で十分な意思疎通ができませんでした。提供される料理が日によって違うのかもしれませんが、折角の西インド料理です、何を使っているのか、どの様に調理されているのか知りたいものです。それぞれの料理は美味しいので、説明の一文でも添えられていたらと思いました。デザートのアイスクリームとチャイを頂きました。追加でクルフィーもお願いしてみました。

KHAZANA カジャナ

大阪市淀川区西中島4-6-30
http://www.khazana-osaka.jp/

 

 


バインミー&フォー・ガー@ベトナムカフェ・チョムチョム(箕面市)


仕事でランチを食べ損ねた午後3時頃、箕面桜井市場の中にあるVietnam Cafe Chom Chomベトナムカフェ・チョムチョムさんへ2ヶ月ぶりに伺いました。前回はフォー・ボーと生春巻を頂いたので、今回はフォー・ガーとバインミー(ハーフサイズ)のセットでお願いしました。バインミーは、ベトナムハムとロースハムがメインのBanh Mi Dac Bietと焼き豚がメインのBanh Mi Thit Nuongが供されており、今回は前者を頂くことにしました。チェーとコーヒーも追加し食後に持ってきていただきました。この日のチェーはバナナ入りでした。食べ終わって、アジア系アメリカ人の店主とお喋りです。前回、ロサンゼルス郊外のベトナム料理店でのフォー事情や香草の仕入れについて語って帰ったので、私のことを同業者に思われていたようです。単に話好きな、食い意地のはった親爺に過ぎないことを説明しておきました。壁にノンラー(傘帽子)が飾られており、それにhochiminhcookingclass.comの文字があり尋ねてみました。ニューヨーク在住時、よくベトナム料理を食べていて、バインミーの専門店を開こうとベトナム料理を学びにベトナムに出かけたのだそうです。ホーチミン郊外にある料理教室は農場とレストランを併設しており、香草や料理について学ぶ為には、とても良い環境だったとのことです。Ho Chi Minh Cooking Classのweb siteを見てみると1ヶ月のProfesional Chefを目指すコースなどもあるようです。当初は一人で切り盛りするには、バインミーの専門店のほうが良いと考えたのだそうですが、せっかくなのでフォーも提供することにされた様です。開店当初は、近所の人やお知り合いの方が多かったのでしょう、香草が苦手なお客さんもおられたが、最近は香草好きなお客さんが少し遠くからも多く来て下さるようになったと仰られていました。

以前の記事「ベトナムカフェ・チョムチョム(箕面市)ベトナム料理」

ベトナムカフェ・チョムチョム
VIETNAM CAFE CHÔM CHÔM

箕面市桜井2丁目10-5「阪急桜井市場」商店街内
http://chomchomvietnam.com/
https://www.facebook.com/vietnamcafechomchom