ディロ Kodo ko Dhido @ シムラン SIMRAN (箕面市)

ディロ Dhido (Dhindo) は、スタッフもよく食べるので材料さえあれば作りますという話を、「シムラン SIMRAN」さんでお聞きしていましたので、お願いしてみました。すぐにお腹いっぱいになってしまうので、少な目でとお伝えしました。四石稗のディロ Kodo ko Dhido のセットの出来上がりです。ディロはいくらでも呑み込んでいける程よい粘り気です。ムスロとムングのダル、マトンと、発酵の進んだ大根のアチャール、じゃが芋、胡瓜、人参、玉葱のアチャールが添えられています。 最後にチヤを頂きました。

インド料理 シムラン SIMRAN

箕面市牧落 5-5-22

http://curry-simran.com/

ドライエイジング Tボーンステーキ @ BLT STEAK OSAKA (大阪市北区)

6月21日にハービスPLAZA にオープンした「BLT STEAK OSAKA」さんへ、予約開始早々に予約を入れ伺いました。アミューズメントと、シグネチャーとなるポップオーバーがまず供され、マグロのタルタル アボカド ライム醤油ドレッシング、シーザーサラダをお願いしました。その間にモヒートと響のソーダ割を頂きます。メインはドライエイジング T ボーンステーキ 750g に、サイドでアスパラガスを添えて頂きました。ピノノワールのグラスワインも追加です。デザートはアップルコブラ―のバニラアイスクリーム添え、チーズケーキのピーチソルベ添えを頂き、妻はカプチーノを、私はデザートワインを頂きました。開店2週間目くらいですので、まだまだオペレーションは OJT の様な点も見受けられますが、ソムリエさんの立ち居振る舞いを遠くから観察していると立派なものでした。ホールを統括されていた方と少しお話をすることが出来ました。ポーターハウスステーキは材料の確保が難しいので T ボーンステーキにしていますとの事でしたが、Strip-Loin / Sir-Loin も十分美味しいので、Tender-Loin が少ないのも気になりません。ステーキソースは何種類も用意されており、2種類を選べました。何もつけなくても美味しいのですが、ホースラディッシュがプライムリプだけでなく、ステーキにもよく合うことを再認識しました。

2013年のニューヨークでのステーキハウス巡りの記事は
→「ニューヨークのステーキハウス」

BLT STEAK OSAKA

大阪市北区梅田 2丁目5-25 ハービスPLAZA 1階

https://bltsteak.jp/osaka/

 

手作りハム ジョートゥー Gio Thu @ フォーベト Pho Viet (大阪市都島区)

ランチタイムにしか伺ったことの無かった「フォーベト Phở Việt」さんへ、初めてディナータイムに伺いました。平日のまだ早い時間でしたが、奥の席はベトナム人の若者で満席でした。メニューブックを見ていると、手作りハムのジョートゥー Giò Thủ が気になり、お願いしました。豚の耳や舌、きくらげ等が使われているそうです。最初から頼むことを決めていた、ブンダウマムトム Bún Đậu Mắm Tôm もお願いしました。内臓肉ではなくすね肉と、揚げ春巻きが、揚げ豆腐と並びます。サニーレタスではなく香草が欲しいところです。マムトムは残さず頂きました。デザートは緑豆入り白玉団子のチェー、チェーチョイネップ Chè Trôi Nước を、ベトナムコーヒーと頂きました。

大阪メトロ谷町線都島駅近くのお店で頂ける美味しい料理の数々は
→「フォーベト Pho Viet (大阪市都島区)」

ベトナム料理
Pho Viet フォー ベト

大阪市都島区都島本通3-28-13

https://phoviet.owst.jp/

ノーコール Knol Khol とハールメッソ @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)

ノーコール Knol Khol (コールラビ Kohlrabi、蕪甘藍、蕪玉菜)を畑で栽培しようと試みられたそうですが、まだ上手くいかないと仰るニシャンティさんですが、「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんのライス&カリーに、スリランカの干し小魚 ハールメッソ Halmesso (Halmasso)と和えて供されました。この日もメインはチキンでお願いしまし、ルヌデヒも添えて頂きました。副菜は、冬瓜 プフル Puhul がココナツベースのキラタで登場し、横にノーコールとハールメッソ、ビーツ、カトゥレット、パリップ、ピーマンとスリランカの塩漬け干し魚 カラワラ Karawala、ポルサンボーラと並びます。カラワラは塩漬け干し魚の総称で、ハールメッソや鰹のウンバラカダなどは個別の名称で呼ばれるようです。デザートはスリランカのパンケーキと、キリパニでした。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

腸詰め ロンゾイ Long doi @ ワンスーア Quan xua Vietnamese Restaurant (神戸市中央区)

三宮駅からほど近いビルの 1 階の入り口付近には立て看板もなく、エレベーターで 4 階に上がって初めて見つけることが出来、一見さんには扉を開けるには少し勇気がいるお店が「ワンスーア Quán xưa Vietnamese Restaurant」さんです。当然日本人は我々だけで、他はすべて若いベトナム人のお客さんです。しかも次から次へと来店し、数組は満席で諦めて帰っていきました。メニューブックの中から、青パパイヤサラダ Nộm đu đủ 、生春巻き Gỏi cuốn 、揚げ春巻き Chả Nem を頂き、腸詰め Lòng dồi (メニューには「ロンゾイ」と表記)に興味を惹かれお願いしましたが、どうやらマムトムと一緒に頂く様です。何が入っているか尋ねたのですが、言葉の問題か「色々」としか答えてもらえませんでした。メニューにあると頼みたくなる、ブンダウマムトム Bún đậu mắm tôm にもロンゾイが添えられていました。デザートは仙草ゼリー Chè sương sáo と、ベトナムもち米とヨーグルト Sữa chua nếp cẩm を頂き、ベトナムコーヒーで締めました。

ワンスーア
Quán xưa Vietnamese Restaurant

神戸市中央区下山手町通 2-4-13
泳都ビル神戸一番館 4F

マトンダルバート @ ネパールとインドのお料理 Dana Choga ダナチョガ (京都市北区)

最近お店の Facebook 、Twitter、Instagram に、ダルバートに関する事を次から次へとアップされている「ネパールとインドのお料理 Dana Choga ダナチョガ」さんへ、久しぶりに訪れました。ダルバートも、マス付きと無しが選べるようで、バスマティライスに変更は追加料金で可能の様です。マスをマトンで、バスマティライスでお願いしました。ダルは、マス、ムスロ、ムング、チャナ、ボリの5種類のミックスの様です。マスのマトンは、さらさら系のグレービータイプです。副菜には、ダルから反時計回りに、パパドゥ、トマトのアチャール、胡瓜と人参、よく発酵した大根のアチャール、グンドゥルック、蓮根、ほうれん草、ヨーグルトと並びます。ワンドリンク付きですのでチヤを頂きました。前回訪問時はネパール人2人体制でしたが、今回はネパール人のシェフと、フロアを担当される日本人の女性が居られました。壁に貼られたダルバートの説明書きも新しくなっており、ダルバートの内容も変わっていました。

ダルバートのダルスープは他のカレーに比べて豆の味を活かしたあっさりした仕上がりです。 適度に塩を効かせていますので、ごはんがすすみます。

と、お店の Facebook に記されていましたが、辛くないのでこんなの「カレー」ではないと言ったお客さんでもいたのでしょうか、心配になります。もっと辛さ、塩味を控えても豆の味が楽しめて良いかもと思う者もいることをお話したかったのですが、グループのお客さんが入ってこられ忙しそうにされていたので控えました。

インドとネパールのお料理
Dana Choga
ダナチョガ

京都市北区柴竹下本町 22-2

https://danachoga-kyoto-nepal.com/
https://www.facebook.com/danachogakyoto/
https://twitter.com/DanaChoga_Kyoto
https://www.instagram.com/danachoga/

ダルバート @ エベレストタンドリー EVEREST TANDOORI (大阪市北区)

阪急梅田駅からすぐ近くにある「エベレスト タンドリー」さんで、ダルバートを頂く事が可能らしいことを知り、他にお客さんが居なさそうな時間帯に初めて訪れてみました。以前のお店の看板の写真にマトンタースが写っていましたので、頂く事が出来るか尋ねてみましたが、無理の様です。グランドメニューに、ダルバートは掲載されていませんが、こちらは提供可能とのことでしたのでお願いしました。ダルは、ムスロ、ムング、チャナが使われている様です。ネパールで普段食べるようなダルが出来れば頂きたいことを伝えてはみたのですが、豆「カレー」タイプの味付けで、マスはマトンでお願いしましたが、ナン&カレーのタイプのグレービーです。サグはほうれん草、アチャールは、即席で作って頂いたと思われる、発酵無しの大根、胡瓜、人参、玉葱でした。ヨーグルトとパパドゥが添えられていました。

エベレスト タンドリー
EVEREST TANDOORI
Nepali & Indian Restaurant

大阪市北区芝田町 2-2-8

牛肉のフォー @ ベトナムカフェ チョムチョム (箕面市)

久しぶりに「ベトナムカフェ チョムチョム」さんへ、ランチタイムの遅い時間に伺いました。この日は盛況だったようで、殆ど売り切れたらしく、辛うじて牛肉のフォーを頂くことが出来ました。チェーと、ベトナムコーヒーもお願いしました。阪急箕面線桜井駅近くの阪急桜井市場内にあるお店で頂ける美味しい料理の数々は→「ベトナムカフェ チョムチョム Vietnam Cafe Chom Chom (箕面市)」

ベトナムカフェ・チョムチョム
VIETNAM CAFE CHÔM CHÔM

箕面市桜井2丁目10-5「阪急桜井市場」商店街内
http://chomchomvietnam.com/
https://www.facebook.com/vietnamcafechomchom

じゃが芋のテルダーラ @ シャンティランカ Shanthi Lanka (宝塚市)

梅雨にようやく入り、畑に水やりに行かなくて済むと仰るニシャンティさん。その畑で採れたケールと小松菜が、「シャンティランカ Shanthi Lanka」さんのこの日のライス&カリーに登場するマッルンの材料です。少し添えて下さった、マンゴーチャツネの甘さは、辛めのじゃが芋のテルダーラとよく合います。この日もメインはチキンでお願いし、副菜はケールと小松菜、じゃが芋と玉葱、ビーツ、カトゥレット、パリップ、ポルサンボーラ、マンゴー、キャベツと並びました。デザートは、キリパニ、ワタラッパンでした。

阪急宝塚線山本駅近くのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka
シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka

どくだみと山羊肉のカリー @ ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ (池田市)

旬を迎えた「どくだみ」の料理を待ち焦がれていました。「ネパールのごちそう jujudhau ズーズーダゥ」さんの今週末のスペシャルダルバートのオプションとして、山羊肉との組み合わせでマス Gandhe ra Khasi ko Masu として頂ける形で登場です。予想していたアチャールとしてではありませんでした。別皿として追加でお願いすることも可能でしたが、本来のチキンの代わりにダルバートに添えて頂きました。ダルはマスとムスロの組み合わせですが、濃厚さを抑え、少し塩味の強いバージョンです。マスはそのどくだみと骨付き山羊肉で、個性の強い2つの食材が、妙に上手く溶け合っています。タルカリは蕪とじゃが芋と葱、アチャールは3種類、フルーツシリーズは、林檎、皮付きマンゴー、蜜柑が隠し味のラプシと共に仕立てられ、煮干しはキャベツとの意外な組み合わせ、トマトは口に入れた時の甘酸っぱさを追うように辛さが口に広がります。ミキサーにかけずに、手作業でシロウタ(石のすり鉢)を使って磨り潰す一手間が活きています。ご飯の傍らにはパパドゥとサグ(青菜炒め)が定位置に控え、獅子唐のスパイス炒めも添えられています。デザートにはズーズーダゥ、チヤも頂きました。

阪急宝塚線池田駅すぐのお店で頂ける、美味しい料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau
ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/