ルクシャ グマ@SNOW LION スノーライオン(大阪市西区)チベット料理

大阪市西区にあるチベット料理店SNOW LIONスノーライオンさんに、初めてディナータイムに訪れました。以前ランチタイムに伺い、ネパールセットなるダルバートを頂いたことがありました。ソナマリスのソーダ割を頂きながら、おつまみメニューの中からポパPopa砂肝をお願いしました。モモMomoは牛肉でお願いしましたが、好き嫌いの分かれる特徴的な味付けでした。マトンと野菜の炒め物ルクシャ グマ Luk sha ngomaはピリ辛さと甘さが同居した万人受けする味です。チョウメンはまさしく塩焼きそばと言った様相でした。Snow lionさんで頂いたダルバートは
→SNOW LION スノーライオン(大阪市西区)チベット料理

SNOW LION

大阪市西区新町1-14-2 新町中央ビル2F
http://snowlion.jacklist.jp/

ダルバート@ククリ kukuri(神戸市兵庫区)

ふと思い立って車を西に走らせ、神戸市のネパール料理ククリkukuriさんに昨年春以来、久しぶりに伺いました。山羊肉のダルバートをお願いしました。前回伺って頂いたものとは、様相も味も変わっていました。ダルもバートもアチャールもタルカリも。

前回訪問時は
→ククリ kukuri(神戸市)ネパール料理

ククリ kukuri

神戸市兵庫区下祗園町39-14
http://kukuri.biz/

ベトナムセット@クアンコム イチイチ (大阪市天王寺区)

大阪地下鉄谷町線谷町九丁目駅近くのベトナム料理店クアンコム イチイチ Quan com 11 さんへの最初の訪問はディナータイムでしたので、今度はランチタイムに伺ってみました。フォーからご飯ものまでメニューが豊富ですが、生春巻き、揚げ春巻き、ソムタム、フォー、チェーが頂けるベトナセットをお願いしました。デフォルトはフォーガー(鶏肉)ですが、50円追加で牛肉に変更できるとのことでした。半生牛肉のフォーボーダイでお願いしました。卓上に香草入れが置かれており、自身で追加トッピングできます。白玉とタピオカのチェーが付いていますが追加でベトナムプリンとコーヒーもお願いしました。

この日のお客さんは見事なまでに女性ばかりで、一人で訪れておられる方も複数おいででした。

お店で頂ける美味しい料理は
→クアンコム イチイチ Quan com 11 (大阪市天王寺区)

ベトナム料理
クアンコム イチイチ
Quan com 11 谷九本店

大阪市天王寺区生玉前町1-11 マックスビル1F
https://quancom11.owst.jp/

鹿肉のセクワ@ネパールのごちそうズーズーダゥ jujudhau(池田市)

阪急宝塚線池田駅前のネパール料理店「ネパールのごちそうズーズーダゥjujudhau」さんで毎週末供されるスペシャルダルバートですが、レパートリーが更に増えていきます。今回は知り合いの猟師さんから仕入れられた鹿肉が初登場です。スターアニスと共に圧力鍋で下拵えされ、とても柔らかく獣臭さを感じない鹿肉のカレー、ミリガ・コ・マス・カリーです。ダルは濃厚なマス・ラ・ムスロ・コ・ダルで、先週に引き続きネパール野菜のチャムスルとベテ・コ・サグも登場です。チャムスルはアル・ラ・チャムスル・ラ・マショウラ・コ・タルカリとして、じゃが芋とマショウラと共に供され、 ベテ・コ・サグも先週と調理方法を変えておられました。お店のfacebookではバトマス・ラ・ピャーツ・コ・サンデコ(大豆と玉ねぎの葉)と告知されていましたが、バトマス・ラ・ハリヨ・ラスン・コ・サンデコ(大豆と大蒜の茎)に変更となっていました。ゴルベラ・ラ・プディナ・コ・アチャール(トマトとミント)、ムラ・コ・アチャール(大根)、カガティ・コ・アチャール(池田産レモン)もほぼ定番となりつつありますが、カガティは手作りならではの面白さで、頂く度に、味、酸味が変わっています。レンズ豆のチップス、パシュパティパパドゥはポレコ炙って供されます。デザートは作るのにひと手間もふた手間もかかる、グッドパックがこれまた初登場です。お店を訪問時に、鹿肉のセクワsekuwaも少し時間がかかりますが用意出来ますと教えて頂き、是非にとお願いしました。焼き時間を試行錯誤された様で、焼きすぎても固くなり、火を十分通さねばE型肝炎などのリスクも生じます。ネパールでは鹿も神聖な動物の一つとされ、最近では政府による取り締まりもあり、鹿肉は市場に流通せず、レストランでも供されることは無いとのことです。日本だからこそ味わえる一品です。

一つ残念なお知らせがありました。厨房は若いお二人が頑張っておられたのですが、一月末をもって一人帰国されたとのことでした。暫くは、料理の提供に時間がかかるかもしれません。優しく待ってあげて下さい。

お店で頂ける料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/

ダルバート@ダルバート食堂(大阪市中央区)

お店のtwitter、blogに掲載された「新年のご挨拶と今後の抱負と社員募集」に胸騒ぎを覚え、1月初めに早速地下鉄谷町線谷町四丁目駅からほど近いダルバート食堂さんに伺いました。昨年の春からお店を任されていた彩さんが辞めてしまったとのことで、遼さんがお店に出ておられました。最近は、夜にお伺いすることが多く、サデコやチョイラなどをロキシーやククリラムと共に頂き、最後にダルバートで締めて、彩さんや他のお客さんとの楽しい会話で時間を過ごしていました。

今年初めてのダルバート食堂は、複雑な気持ちが入り混じりながら遼さんとお話しして、ダルバートを頂くことになりました。諸般の事情で2月一杯までは夜営業も不定期ですが、3月頃にはメニューも少し変えた新体制のダルバート食堂になる様です。せっせと食べに伺うことくらいしか応援できませんので、夜営業に再訪しました。新しいスタッフ候補のラビンさんもお店におられました。この日も単品をいくつか頂き、ダルバートで締めました。

暫く止めておられた日曜日の夜営業も基本的に再開するとのことで、駆け付け、この日もチョエラ、サデコ、モモ等の後にダルバートもお願いしました。

お店で頂ける美味しい料理の数々は→「ダルバート食堂(大阪市中央区)」

ダルバート食堂

大阪市中央区内久宝寺町3-3-16
http://dalbhat-shokudo.com/
https://twitter.com/dalbhat_nepal

ネパール野菜のチャムスルとベテコサグ

阪急宝塚線池田駅前のネパール料理店「ネパールのごちそうズーズーダゥjujudhau」さんで毎週末供される趣向を凝らしたスペシャルダルバートに、ネパールの野菜、チャムスルとベテコサグが登場しました。日本語で何と言うのかなど、この二つの野菜について少し調べてみました。

チャムスル Chamsoor ko Saag

チャムスルChamsoor ko Saag、Chamsurは英語名がGarden Cressとなり、それを日本語に訳すとコショウソウ(胡椒草、学名はLepidium sativum)だそうです。アブラナ科の1年草とのことです。Jyothi Pathakさんの「Taste of Nepal」と題するweb siteには

Chamsoor ko Saag – चम्सूर को साग – (Garden Cress, Pepper Grass) – Bot. name: Lepidium L., Family: Cruciferae – Low growing winter annual grown in Kathmandu valley and other hills as one of the most important green vegetable.

と紹介されています。また、ほうれん草など他の野菜と一緒に調理すると良いとも記されています。

Chamsoor-Paalungo (Spinach with Garden Cress) is a favorite combination in Nepal, where a mild-flavored spinach is cooked with the peppery pungent-flavored garden cress.  Garden cress (chamsoor) has long tender stems, pointed narrow leaves, and a spicy aroma.  The cress can be cooked by itself, like a common green, but tastes best when combined with other greens.

Jyothi Pathakさんの同名の著書「Taste of Nepal」にはChamsoor-Paalungo Tarkaari SPINACH WITH GARDEN CRESS のレシピも掲載されています。その前文にほぼ同じ内容の説明があります。

べテコサグ Bethe ko Saag

前述の「Taste of Nepal」にはBethe ko Saagについても記述があります。

Bethe ko Saag – बेथे को साग – Com name: Lamb’s Quarter, Bot: name Chenopodium album L., Family Chenopodiaceae – The young leaves and tender shoots are cooked and eaten as a leaf vegetable.

Lamb’s Quarterの日本語訳はシロザになります。栽培される野菜ではなく、いわゆる野草の部類の様です。アカザ科アカザ属とのことで、ペルー料理等に使われるキヌアも同属です。

onlinekhabar english editionのRavi Man Singhさんの記事「 Bethe ko sag: Love it or curse it, it’s a wild weedy wonder」にも詳しい説明があります。

I could hardly believe the green leafy vegetable curry I had for lunch was, in fact, a weed, bought from the local market though.

The taste was closely similar to the commercially grown spinach (palungo), but with an earthy, sharper, piquant savour—and more succulent, hands down. I fell for it.

Yes, it is regarded as a weed, grows wildly (except for a few countries where it is cultivated) virtually all around the world—but curiously eaten, too.

And what’s more, it goes by a slew of names, some utterly ludicrous such as, lamb’s quarters, fat hen, goosefoot, Missouri lambs quarters, Stevens’ lamb’s quarters, late flowering goosefoot, white goosefoot, melde, Antigua hay grass, bacon weed, blueweed, pigweed and more commonly wild spinach.

In Nepal, it is called bethe ko sag and in India bathua saag. The botanic name for this weed is Chenopodium Album, a perennial annual herbaceous plant. The binomial name in Greek interprets as, Cheno (goose) footed, podas (plant). Album stands for the white powdery bloom.

ズーズーダゥ店主、カドカさんのお話でも、畑の耕作物の間に勝手に生えてきたものを摘み取るのだそうで、野草、雑草の類なのでしょうが、カトマンズではしっかり売られているとのことです。

Native Americanも古くは食用にしており、彼らに慢性疾患が増加してきている事と食習慣の変化を関連性を探る根拠の一つとしての詳細な成分分析がLamb’s Quarterにも行われ、ほうれん草との比較が詳細に記述された論文もあります。Katherine M. Phillips et. al.  Nutrient composition of selected traditional United States Northern Plains Native American plant foods. Journal of Food Composition and Analysis 34 (2014) 136-152

チャムスルとベテコサグが入った美味しいスペシャルダルバートは
→「アルラチャムスルラパルンゴサグコタルカリ@ネパールのごちそうズーズーダゥjujudau(池田市)」

 

カナメラでマトン尽し@ターメリック Turmeric(西宮市甲子園口)

JR甲子園口駅前のほんわか商店街にあるネパール料理店ターメリックTurmericさんで、毎月第2、第4土曜日に催されるカナメラ、ターメリックだけのバル、今回はマトン料理を10種類も用意しますとのことで、出かけてきました。この日は一人で伺ったこともあり、多くの種類を頂きたいので、カザセットは諦め、単品で小盛りでお願いしました。まずはマトンサンデコマトンチョエラに

マトンレバー炒めとマトンホルモン炒めマトンタンと筍炒めマトンバラこの日のカザセットに付く、キネマグンドゥルックも単品でお願いしました。マトン好きには堪らないラインナップで、まだまだ頂きたい所でしたが、流石に満腹になり、マルプワとチヤで終わりにしました。

ターメリックさんで頂ける美味しいネパール料理の数々は
→「ターメリック Turmeric(西宮市甲子園口)

ターメリック Turmeric

西宮市甲子園口2-24-28
https://twitter.com/turmericrest1
http://www.turmeric-kiran.co.jp/

アルラチャムスルラパルンゴサグコタルカリ@ネパールのごちそうズーズーダゥjujudhau(池田市)

阪急宝塚線池田駅前のネパール料理店「ネパールのごちそうズーズーダゥjujudhau」さんで、毎週末登場するスペシャルダルバートは、店主のカドカさんがネパールへ帰国中も、厨房の若いお二人、ジットさんとブッタさんが腕を揮われ、美味しくかつ興味が尽きない品々が登場します。

<1月第3週のスペシャルダルバート>

ダルと肉料理はムスロ・コ・ダルとローカル・ククラ・コ・マス(チキン)です。

タルカリはファルシイ・カロチャナ・コ・タルカリ、南瓜と雛豆でした。南瓜は甘い味付けかと想像しましたが、ホールのダニアの香りに富んだ、日本では思いつかない味付けに仕上がっていました。

小さなカトリのアチャールは左からガザル・カンクロ・ラ・ハリヨサノケラウ・コ・アチャール(人参と胡瓜、えんどう豆)、ピネコ・アドワ・ラ・ラスン・コ・アチャール(生姜・大蒜の磨り潰し)、ムラコチャナ・コ・アチャール(干し大根)でした。磨り潰した生姜と大蒜のアチャールは、潰さないものとは味わいが変わっていました。

バートの上にはカレジョ・ブテコ(肝のスパイシー炒め)が載り、左にはパシュパティパパドゥが揚げるのではなく、炙って供されます。右の定位置には青菜の炒め物サグもいつも通り控えます。

この日のデザートはサッカルダビマアナルラケコ(黒糖ヨーグルトと石榴)でした。

<1月第4週のスペシャルダルバート>

店主カドカさんがネパールで仕入れて来られた物が、早速登場した、この週のスペシャルダルバートです。ダルと肉料理は、マス・ラ・ムスロ・コ・ダルとククラ・コ・マス(チキン) でした。

タルカリが、アル・ラ・チャムスル・ラ・パルンゴサグ・コ・タルカリ(ジャガイモとチャムスル、ほうれん草)です。チャムスルを能勢の農家の方にお願いして栽培して貰おうと試みておられましたがなかなか上手く行かず、今回ネパールの物が登場です。

サグ青菜炒めはベテコサグ・サンデコで、これまたネパール野菜です。

下の写真、右のチャムスルはそのまま食べても香ばしく、様々な用途に使えそうです。左がベテコサグです。

バートの上のシッドラ・コ・サンデコ(小魚)、いつもは日本の煮干しですが、今回はネパール産です。お店のFacebookには、小魚売りの写真が載っています。

小さなカトリに並ぶアチャール3種は左からチャナカウリ・コ・アチャール(干しカリフラワー)、マショウラ・ラ・ゴルベラ・コ・アチャール(大豆ボールとトマト)、ポレコ・アル・アチャール(焼いたジャガイモ)です。ターリーの外のカトリは、おまけの大蒜の茎です。

干しカリフラワーはネパールのカドカ家特製とのことです。デザートのクワも、今回はネパールの水牛の乳で作った、本格的ネパール仕様で、クワ作りの写真もお店のFacebookにアップされています。

お店で頂ける料理の数々は
→「jujudhau ズーズーダゥ(池田市)ネパールのごちそう」

ネパールのごちそう
jujudhau ズーズーダゥ

池田市室町1-3
https://ja-jp.facebook.com/jujudhaunepal/

ランチタイムのラサハラ RASA HARA(大阪市淀川区)

地下鉄御堂筋線の東三国駅近くのスリランカ料理ラサハラRASA HARAさんを訪れるのはいつもランチタイムの遅い時間かディナータイムでした。これまで運が良かっただけと今回気が付きました。近くで用事があったので、ランチタイムに寄ってみると、店内は近所にお勤めであろう方々でほぼ満席でした。席に着いてすぐに後悔しました。煙草を吸っておられる方が数名おられ、店内はその煙と匂いが充満していたのでした。折角のスパイスに富んだプレートも台無しです。

RASA HARA ラサハラ

大阪市淀川区東三国4-17-6
https://www.facebook.com/RASAHALA

ランチCセット@シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市)

阪急宝塚線山本駅からすぐのスリランカ料理店シャンティランカShanthi Lankaさんに久しぶりに伺いました。ランチの1回転目が終わる頃を見計らって、1時30分位に伺いましたが、予想通り丁度席が空いたところでした。Cセットはまだ有りますかと確認し、お願いしました。ポークかチキンの選択になりますが、後者にしました。この日も美味しく頂きました。店内は4人掛けテーブルが2つと2人掛けテーブル3つで、ご近所の方のグループでの利用がメインとなっており、食後も話に花が咲いています。2回転目は今回のように遅い時間なら入れますが、その頃に来られるお客さんは、私の様な者以外は殆どおられないと思われます。Cセットには食前のジュースと、食後のデザート、飲み物まで付いており、長居し易く、客単価もセット価格そのものになってしまうので、ついつい心配してしまいます。

お店で頂ける美味しい料理の数々は
→「シャンティランカ Shanthi Lanka(宝塚市山本)」

Shanthi Lanka シャンティランカ

宝塚市平井2丁目7-11
https://twitter.com/shanthi_lanka